PENKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
PENKI
内田真礼スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
チャート最高順位
内田真礼 年表
PENKI
(2015年)
Drive-in Theater
(2017年)
『PENKI』収録のシングル
  1. 創傷イノセンス
    リリース: 2014年4月23日
  2. ギミー!レボリューション
    リリース: 2014年10月22日
  3. からっぽカプセル
    リリース: 2015年4月1日
テンプレートを表示

PENKI』(ペンキ)は、内田真礼の1枚目のオリジナルアルバム2015年12月2日ポニーキャニオンから発売された。

タイトルは、内田の顔と背景が塗られている様子から[3]EDMハウスミュージックなどの「色とりどりの曲を詰め込んだアルバムにしたい」と考え命名された[4]。なお自身の顔や体がペンキで塗られる願望は以前からあったという[3][4]。なおアルバムの制作は半年かけて行われたこともあってか完成時は卒業アルバムを見ている時の様な心境であったという[5]

音楽性[編集]

1曲目「Hello, 1st contact!」は、「ギミー!レボリューション」の流れを汲むワクワク感の詰まった曲。冒頭のフレーズはレコーディング時に作詞・作曲者の田淵智也から言われたアドバイスを内田なりに解釈して歌ったという[6]

2曲目「ギミー!レボリューション」は、2ndシングル曲であり、テレビアニメ『俺、ツインテールになります。』のオープニングテーマ

3曲目「からっぽカプセル」は、3rdシングル曲であり、Webアニメ『アニメで分かる心療内科』のエンディングテーマ

4曲目「クラフト スイート ハート」は、当初内田はかわいく歌うことをイメージしたが、制作時に彼女が内向的で曲のイメージが頭に入らなかったことから、制作時には内田のそうした境遇を反映させたという[7]

5曲目「Distorted World」は、[8]内田がロックにハマっていた時期に制作された曲で、レコーディングは全曲の中で最初に行われた[7]

7曲目「創傷イノセンス」は、1stシングル曲であり、テレビアニメ『悪魔のリドル』のオープニングテーマ

8曲目「Winter has come」は、「女の子の距離感」[7]と雪をイメージしている[9]

9曲目「わたしのステージ」は、今の自分[4]とファンへの想いをテーマとしている[6]。曲のヒントは内田のポエム癖を知っていたスタッフの提案であるという[4]

10曲目「高鳴りのソルフェージュ」は、1stシングルカップリング曲。

11曲目「世界が形失くしても」は、声優っぽさを表したパワフルでかっこいい疾走感のある曲。レコーディング当初は歌い方が早口で違和感を感じていたが、曲を聴くうちに「歌を歌う」内容であることに気付いたという[7]

12曲目「金色の勇気」は、内田自身涙がでるほど感動した[5]ハッピーな曲[4]

13曲目「Hello, future contact!」は、内田曰く「ハッピーでパーティー感のある[9]キャッチーな曲」。サビ冒頭部は高難度で、歌詞の一部もテンポが速いことを明かしている[6]

リリース[編集]

2015年12月2日にポニーキャニオンから発売された。

販売形態は、BD付限定盤(PCCG-01492)・CD+DVD盤(PCCG-01493)・通常盤(PCCG-01494)の3種リリースで、BD付限定盤とDVD付限定盤には「Hello, 1st contact!」、「Hello, future contact!」、「ギミー!レボリューション」、「からっぽカプセル」、「創傷イノセンス」、「世界が形失くしても」のミュージック・ビデオなどを収録したBD・DVDとフォトブックが同梱されている。「Hello, 1st contact!」と「Hello, future contact!」のPVは、沢山の花を髪にあしらった[10][11]アート的な[12]内田が暗闇の中に照らされる電球の中で歌う内容になっている[11]。衣装は3パターン用意され、メイクも2時間の長丁場だったという[12]

9曲目と10曲目にはデビュー当時の心境を歌詞に込めた「わたしのステージ」と「高鳴りのソルフェージュ」が収録されているため、あたかもその頃の状況に戻れる様な曲順になっている[4]

収録内容[編集]

CD[1]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Hello, 1st contact!」田淵智也田淵智也やしきん
2.ギミー!レボリューションこだまさおり田淵智也やしきん
3.からっぽカプセル渡辺翔渡辺翔黒須克彦
4.「クラフト スイート ハート」渡辺翔渡辺翔黒須克彦
5.「Distorted World」y0c1ey0c1ey0c1e
6.「North Child」重永亮介重永亮介重永亮介
7.創傷イノセンス石川智晶R・O・NR・O・N
8.「Winter has come」こだまさおりR・O・NR・O・N
9.「わたしのステージ」内田真礼、しほり齋藤真也齋藤真也
10.高鳴りのソルフェージュこだまさおりy0c1eR・O・N
11.「世界が形失くしても」samfree、Yousuke Sawasamfree高橋諒
12.「金色の勇気」渡辺なつみfu_moufu_mou
13.「Hello, future contact!」田淵智也田淵智也やしきん
合計時間:
BD(CD+BD盤)・DVD(CD+DVD盤)
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Hello, 1st contact!」(MUSIC VIDEO)  
2.「ギミー!レボリューション」(MUSIC VIDEO)  
3.「からっぽカプセル」(MUSIC VIDEO)  
4.「創傷イノセンス」(MUSIC VIDEO)  
5.「世界が形失くしても」(MUSIC VIDEO)  
6.「Hello, future contact!」(MUSIC VIDEO)  
7.「世界が形失くしても」(MAKING)   
8.「Hello, future/1st contact!」(MAKING)   
9.「世界が形失くしても」(OFF SHOT)   
10.「Hello, future contact!」(OFF SHOT)   

チャート[編集]

チャート(2015年) 最高位
オリコン[2] 6
Billboard Japan Top Albums[13] 3

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 仲上佳克「ぜんぜん作っていない、素のままの私が出ているアルバムです。」、『声優グランプリ』2015年12月号、主婦の友社2015年11月10日、 80 - 82頁。
  • 仲上佳克「アルバムを作ったことで、改めて初心に帰る感じがしています。」、『声優グランプリ』2016年1月号、主婦の友社、2015年12月10日、 51 - 52頁。
  • 小山智久「ロックにハウスミュージック、そして初の作詞制作…等身大のまあやが詰まった渾身のフルアルバム」、『声優アニメディア』2015年12月号、学研プラス2015年11月10日、 104頁。
  • 小山智久「初ワンマン決定! 内田真礼がライブでやりたいことは?」、『声優アニメディア』2016年1月号、学研プラス、2015年12月10日、 63頁。
  • 須永兼次「待望の1stアルバムリリース PENKIみたいにカラフルな私を楽しんでもらいたい。」、『リスアニ!』Vol.23、エムオン・エンタテインメント2015年11月9日、 151 - 152頁、 ISBN 978-4-78-977243-3

外部リンク[編集]