PASGT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
PASGTヘルメットを被ったアメリカ将校。

PASGT(Personnel Armor System for Ground Troops、パスゲット)は、アメリカ軍で採用されていたボディアーマー戦闘用ヘルメットの名称である。

PASGTヘルメット (Personnel Armor System for Ground Troops Helmet、個人防護システム向け地上兵ヘルメット) とPASGTベスト (Personnel Armor System for Ground Troops Vest、個人防護システム向け地上兵ヴェスト) から構成されている。

PASGTヘルメット[編集]

PASGTヘルメットを着用した兵士。前部にナイトビジョン用のアタッチメントが装着されている。

PASGTヘルメットは、M1ヘルメットの後継として採用された戦闘用ヘルメットK-ポットフリッツドイツ国防軍シュタールヘルムに似ているため。ドイツ兵を意味するアメリカ軍内部のスラング)という俗称が存在する。

M1ヘルメットは金属製だったが、PASGTはケブラー製になっており、重量はエキストラスモールで3.1ポンド、エキストララージで4.2ポンド。NIJ規格レベルIIの防護性能を有しており、9x19mmパラベラム弾.357マグナム弾などの拳銃弾や砲弾の破片などを阻止することが出来るが、小銃弾を防ぐことは出来ない。ヘルメット前部にはAN/PVS-7やAN/PVS-14などのナイトビジョンを装着することが可能となっている。

使い勝手に優れたそのデザインはNATO加盟国や日本など西側諸国の軍隊や警察特殊部隊で広く採用され、冷戦終結後はロシア中国などでもデザインが採用されている。北朝鮮では、2013年7月27日朝鮮戦争休戦60周年記念の軍事パレードで、行進する歩兵部隊や軍用車両に搭乗している兵士のヘルメットが今までの旧ソ連風の鉄製ヘルメットと異なり、中国人民解放軍と同タイプのPASGTヘルメットに置き換わっていることが映像で確認できる。なお戦闘用ではないが東京消防庁でも材質のみ強化プラスチックとしたほぼ同型の救急ヘルメットが用いられている。

PASGTヘルメットは旧式化が進んだため、アメリカ陸軍アメリカ空軍ではACH(Advanced Combat Helmet)に、アメリカ海兵隊アメリカ海軍ではLWH(Lightweight Helmet)にそれぞれ更新された。

PASGTベスト[編集]

PASGTベストを着用した航空自衛隊の隊員。空自では戦闘防弾チョッキとPASGTベストが併用されている。

PASGTベストは、アメリカ軍でM-1969の後継として採用されたボディアーマー。M-1969で使用されていたナイロンではなく、ケブラーを採用している。重量は約9ポンド。

NIJ規格レベルIIIAの防護性能を有しており、.44マグナム弾や砲弾の破片などを阻止することができるが、小銃弾を阻止することは出来ない。

旧式化が進んだため2000年代前半にインターセプターボディアーマーに更新された。

関連項目[編集]