p38分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

p38分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(p38ぶんれつそくしんいんしかっせいかタンパクしつキナーゼ)は、サイトカイン紫外線照射、熱ショック、浸透圧ショックといったストレス刺激に応答する分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(MAPキナーゼ)の一分類であり、細胞の分化、アポトーシスオートファジーに関与している。

p38 MAPキナーゼ(MAPK)は、RKあるいはCSBP(サイトカイニン特異的結合タンパク質)とも呼ばれ、酵母においてサイトカインやストレスに対する細胞応答を制御するシグナル伝達に関与しているHog1pMAPキナーゼのほ乳類オーソログである[1]

p38-α (MAPK14)、-β (MAPK11)、-γ (MAPK12 / ERK6)、-δ (MAPK13 / SAPK4) の4種のp38 MAPキナーゼが同定されている。SAPK/JNK経路と同様に、p38 MAPキナーゼは浸透圧ショック、炎症性サイトカイン、リポ多糖 (LPS)、紫外線成長因子を含む様々な細胞ストレスによって活性化される。

分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ11
識別子
略号 MAPK11
遺伝子コード PRKM11
Entrez 5600
HUGO 6873
OMIM 602898
RefSeq NM_002751
UniProt Q15759
他のデータ
EC番号
(KEGG)
2.7.11.24
遺伝子座 Chr. 22 q13.33
分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ12
識別子
略号 MAPK12
遺伝子コード SAPK3
Entrez 6300
HUGO 6874
OMIM 602399
RefSeq NM_002969
UniProt P53778
他のデータ
EC番号
(KEGG)
2.7.11.24
遺伝子座 Chr. 22 q13.3
分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ13
識別子
略号 MAPK13
遺伝子コード PRKM13
Entrez 5603
HUGO 6875
OMIM 602899
RefSeq NM_002754
UniProt O15264
他のデータ
EC番号
(KEGG)
2.7.11.24
遺伝子座 Chr. 6 p21
分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ14
識別子
略号 MAPK14
遺伝子コード CSPB1, CSBP1, CSBP2
Entrez 1432
HUGO 6876
OMIM 600289
RefSeq NM_001315
UniProt Q16539
他のデータ
EC番号
(KEGG)
2.7.11.24
遺伝子座 Chr. 6 p21.3-21.2

MKK3およびSEKThr-180およびTyr-182のリン酸化によってp38 MAPキナーゼを活性化する。活性化されたp38 MAPキナーゼはMAPKAPキナーゼ2をリン酸化し活性化すること、転写因子ATF2MacMEF2をリン酸化することが示されている。p38はまた、TTPのような転写後制御因子をリン酸化することも示されている[2]

p38阻害剤[編集]

p38阻害剤(例えばpamapimod[3])は、自己免疫疾患や炎症プロセス[4]に対する治療薬となる可能性が探られている。慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対するPH-797804のように、阻害剤の中には臨床試験が始まったものもある[5]。その他のp38阻害剤としては、BIRB 796、VX-702、SB 239063、SB202190、SCIO 469、BMS 582949などがある。

脚注[編集]

  1. ^ Han J, Lee JD, Bibbs L, Ulevitch RJ (August 1994). “A MAP kinase targeted by endotoxin and hyperosmolarity in mammalian cells”. Science 265 (5173): 808–11. doi:10.1126/science.7914033. PMID 7914033. 
  2. ^ Tudor C, Marchese FP, Hitti E, Aubareda A, Rawlinson L, Gaestel M, Blackshear PJ, Clark AR, Saklatvala J, Dean JL (June 2009). “The p38 MAPK pathway inhibits tristetraprolin-directed decay of interleukin-10 and pro-inflammatory mediator mRNAs in murine macrophages”. FEBS Lett. 583 (12): 1933–8. doi:10.1016/j.febslet.2009.04.039. PMID 19416727. 
  3. ^ Hill RJ, Dabbagh K, Phippard D, Li C, Suttmann RT, Welch M, Papp E, Song KW, Chang KC, Leaffer D, Kim YN, Roberts RT, Zabka TS, Aud D, Dal Porto J, Manning AM, Peng SL, Goldstein DM, Wong BR (December 2008). “Pamapimod, a novel p38 mitogen-activated protein kinase inhibitor: preclinical analysis of efficacy and selectivity”. J. Pharmacol. Exp. Ther. 327 (3): 610–9. doi:10.1124/jpet.108.139006. PMID 18776065. 
  4. ^ Goldstein DM, Gabriel T (2005). “Pathway to the clinic: inhibition of P38 MAP kinase. A review of ten chemotypes selected for development”. Current topics in medicinal chemistry 5 (10): 1017–29. doi:10.2174/1568026054985939. PMID 16178744. 
  5. ^ Novel p38 Inhibitor Shows Promise as Anti-Inflammatory Treatment for Patients With COPD”. DockGuide.com (2010年). 2015年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]