コンテンツにスキップ

Open Publication License

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Open Publication License
作者 エリック・レイモンド, David A. Wiley, ティム・オライリー[1]
バージョン 1.0
公開元 Open Content Project
リリース日 現行(最新)のバージョン:
1999年6月8日[2]
DFSGとの適合性 いいえ[3]
自由ソフトウェア はい。ただし条件付き (下記参照)[4]
OSIの承認 いいえ[5]
GPLとの適合性 いいえ[4]
テンプレートを表示

Open Publication License(OPL)は、文書向けの著作権公開利用許諾として、1999年に Open Content Project によって公表された[2]。この新しい利用許諾によって、1998年に Open Content Project が公表した Open Content License は破棄された[1]。2002年ないし2003年頃からは、今度はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスによって、これまでの利用許諾の破棄が開始されることになった[1]

歴史

[編集]

1998年、Open Content Project は Open Content License と呼ばれるライセンス公表した。これは、ソフトウェアではなくコンテンツ(つまり文書)を対象とした最初の(おそらく最初の)著作権公開利用許諾の1つであった[1][6]。翌年、Open Publication License の改善を目的として Open Publication License を公表した[1]

2つのライセンスは根本的に違っている。つまり、Open Publication License が継承[要曖昧さ回避](share-alike)ライセンスではないのに対して、他方の Open Content License は継承ライセンスであるという点である。また、Open Publication License には、二次的著作物の配布を制限したり、作品のコピーまたは二次的著作物の配布を認める任意条項が存在するが、Open Content License では、営利目的の複製を完全に禁止している。

2003年6月、Open Content Project の創設者であるデビッド・A・ワイリーは、法律家と共同で考案されたクリエイティブ・コモンズ・ライセンスは、Open Content Project が策定したライセンスよりもずっと「法廷での争いにより有効だと考えられる」と表明した[1]。また、彼はこれを理由として、クリエイティブ・コモンズに参加することとし、もう一方の Open Content Project を閉鎖すると発表した。そして、Open Content Project ライセンスの利用を考えているユーザーにとっては、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを利用する方がずっと良いのだということを発表した[1]


命名について

[編集]

紛らわしいことがある。それは、Open Content License の略称名は「OCL」ではなく「OPL」であるためであり[6]、以前のライセンスは時々頭文字の省略形で引用されることがある[4]。(1998年に Open Content Project で使用されていた「OPL」は、OpenContent Principles and License を意味していた。)[7]それにもかかわらず、このライセンスの作成者はそれ以降、本ライセンスを「OCL」と呼び、Open Publication Licenseを 「OPL」と呼んできた経緯がある。[2]「OPL」という省略形の名称については、こうしたあいまいさが混乱を招く危険性があり、もしある文書の中で使用された場合、2つのライセンスのうちのどちらに言及しているかを知る唯一で確実な方法は、省略形でなく完全な名称を確認するしかない。

評価・反響

[編集]

フリーソフトウェア財団によると、Open Publication License は「フリーな文書の利用許諾として使うことができる」としており、「著作権者がライセンスの第六節に記載されている『利用許諾の任意条項』のいずれも行使しないとする、コピーレフトの制約を受けないフリーな文書ライセンスである」としている[4]。しかしながら、自由文書利用許諾(GFDL)との互換性はない。

2004年3月、OPL 1.0版 は Debian プロジェクトの法務部門チームによって Debian フリーソフトウェア・ガイドラインとの互換性がないと結論付けられた[3]

2004年10月、『Understanding Open Source and Free Software Licensing』という本を著した Andrew M. St. Laurent は、Open Public License に関しての詳細な分析を公表した[8]

採用

[編集]

エリック・レイモンドの著書『伽藍とバザール』(1999年)は、Open Publication License に従って出版された[8]ブルース・ペレンズは本人自身の執筆によるオープンソース・シリーズの書籍にこのライセンスを使用した[9]。 Linux Gazette も Open Publication License を使用した[10]。 さらに、Fedoraプロジェクトにおいては、2009ないし2010年頃までこのライセンスを文書に利用していたが、その後 Fedoraプロジェクトは CC BY-SAライセンスへと切り替えた[11]

関連項目

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ a b c d e f g Wiley, David (2007年5月6日). “About the Open Publication License”. iterating toward openness. 2018年10月19日閲覧。 “[The] Open Content License (July 14, 1998), which was replaced by the Open Publication License (June 8, 1999), were the first licenses to bring the ideals of open source software to the world of content. The OCL predates the GFDL (Nov 2002) and Creative Commons (Dec 2002) by over four years, while the improved OPL predates both by over three years. The OCL was developed primarily by me... The improved OPL was written primarily by Eric Raymond after discussions with me, Tim O’Reilly, and others... The OPL was truly innovative in that, in addition to requiring citation of the original author as source, it contained two license options which authors could choose to invoke: one restricts users’ abilities to creative derivative works, while the second restricts users’ abilities to make certain commercial uses of the material. The student of open content licensing will recognize that these are exactly the options that Creative Commons now employs. What may be forgotten is that in version 1.0 of the Creative Commons licenses, Attribution was actually included in the licenses only as an option. In version 2.0 of the CC licenses (May 24, 2004) attribution was standard on every license, and there were two licenses options: one regarding derivative works, and one regarding commercial use. So in terms of high level structure, the OPL was here about five years before CC. ... Actually, the [OCL and OPL] licenses weren’t that great, seeing as I am not a lawyer, and neither was anyone else involved in the creation of the license. The concept was right, and the execution was “good enough,” but Creative Commons (with its excellent lawyers and law school students) created a better legal instrument. As I said on the opencontent.org homepage on Monday June 30, 2003: 'My main goal in beginning OpenContent back in the Spring of 1998 was to evangelize a way of thinking about sharing materials, especially those that are useful for supporting education. ... I’m closing OpenContent because I think Creative Commons is doing a better job of providing licensing options which will stand up in court [and I'm joining] Creative Commons as Director of Educational Licenses. Now I can focus in on facilitating the kind of sharing most interesting to me ... with the pro bono support of really good IP lawyers... The OpenContent License and Open Publication License will remain online for archival purposes in their current locations. However, no future development will occur on the licenses themselves.' ... Anyone interested in a license like this is far better off using a Creative Commons license.”
  2. ^ a b c Open Publication License”. opencontent.org. Open Content Project (1999年6月8日). 2018年10月18日閲覧。
  3. ^ a b c d Various Licenses and Comments about Them - Open Publication License, Version 1.0”. fsf.org. The Free Software Foundation (2018年10月17日). 2018年10月18日閲覧。 “This license can be used as a free documentation license. It is a copyleft free documentation license provided the copyright holder does not exercise any of the “LICENSE OPTIONS” listed in Section VI of the license. But if either of the options is invoked, the license becomes nonfree. In any case, it is incompatible with the GNU FDL... Please note that this license is not the same as the Open Content License. These two licenses are frequently confused, as the Open Content License is often referred to as the “OPL”. For clarity, it is better not to use the abbreviation “OPL” for either license. It is worth spelling their names in full to make sure people understand what you say.”
  4. ^ Licenses by Name”. Open Source Initiative. 2018年10月19日閲覧。
  5. ^ a b OpenContent License (OPL)”. opencontent.org. Open Content Project (1998年7月14日). 1998年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月18日閲覧。
  6. ^ Wiley, David (1999年1月17日). “Updating the OpenContent License and Clarifying a Few Things”. Open Content Project. 2000年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月19日閲覧。
  7. ^ a b Cathedral and Bazaar on catb.org
  8. ^ Barr, Joe (2003年1月13日). “Meet the Perens”. LinuxWorld Magazine. 2023年5月17日閲覧。
  9. ^ Linux Gazette : FAQ : General FAQ”. linuxgazette.net. 2023年5月17日閲覧。
  10. ^ Archive:Relicensing OPL to CC BY SA, Fedoraproject.org

外部リンク

[編集]