OnePixcel

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
OnePixcel
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2015年 -
レーベル TOHO ENTERTAINMENT RECORDS(インディーズ時代)
日本コロムビア (メジャーデビュー後)
事務所 東宝芸能
公式サイト OnePixcelオフィシャルサイト
メンバー 傳彩夏
鹿沼亜美
田辺奈菜美
旧メンバー 狐塚来愛

OnePixcel(ワンピクセル)は、日本の女性3人組のボーカル&ダンスユニット[1]。所属事務所は東宝芸能[1]

メンバー[編集]

名前 読み 生年月日と年齢 出身地 血液型 身長
(cm)
備考
傳彩夏 でん あやか 2000/07/07_ (2000-07-07) 2000年7月7日(18歳) 神奈川県 A 153
鹿沼亜美 かぬま あみ 1999/12/12_ (1999-12-12) 1999年12月12日(18歳) 埼玉県 O 148
田辺奈菜美 たなべ ななみ 1999/11/10_ (1999-11-10) 1999年11月10日(18歳) 神奈川県 A 163

2015年7月頃には傳・狐塚・鹿沼・田辺以外にも候補生が2名存在した[2][注釈 1]

候補生[編集]

2017年1月のワンマンライブにてOnePixcel候補生の初お披露目が行われた[4]。 2017年3月に新グループで活動することが発表され[5]PiXMiXとして活動を始めている。[6]

名前 読み 学年・年齢 (発表当時)
小川恋姫 おがわ こひめ 中学2年生・13歳
鈴木十和子 すずき とわこ 中学1年生・13歳
武内愛莉 たけうち あいり 小学6年生・12歳
田中芳怜 たかな かれん 中学1年生・12歳
牧浦乙葵 まきうら いつき 中学1年生・13歳

旧メンバー[編集]

名前 読み 生年月日と年齢 出身地 血液型 身長
(cm)
備考
狐塚来愛 こづか らいあ 2000/02/14_ (2000-02-14) 2000年2月14日(18歳) 東京都 O 154 2016年8月4日から活動休止。
9月23日、体調不良のため脱退。
東宝芸能には引き続き所属し、芸能活動復帰を目指す方針。

略歴[編集]

東宝芸能は、2014年に東宝シンデレラオーディション以外では初となる新人オーディション「東宝芸能創立50周年!!新人男女募集オーディション」を行った[7]傳彩夏と狐塚来愛は2015年2月に同オーディションに応募し[2][8]書類選考で落選した[2]。しかし、同社内で音楽ユニットを結成するという話が出ていたことから、傳と狐塚は同社スタッフに歌手として見出され[2]、2月27日に新ユニットメンバー候補となったことが明らかになった[9]。その後7月上旬に鹿沼亜美が同社の音楽オーディションを受け合格[2]。さらに7月中旬には田辺奈菜美が同社の女優オーディションを受け、音楽ユニットのメンバー候補生として選出された[2]。その後、傳・狐塚・鹿沼・田辺の4名は正式にメンバーとなり、音楽ユニットには「OnePixcel」という名前が付いた[2]。 画像の単位であるピクセルのスペルは“Pixel”であるが、グループ名“OnePixcel”にはあえて“c”を追加している[1]

2015年9月20日、活動を開始したことが明らかになった[1][10]。当ユニットは東宝芸能史上初の女性ユニットとなる[11]。10月18日には対バンライブに出演し[11]、当ユニットは初ステージを踏んだ[10]。11月29日にはお台場シネマメディアージュ スクリーン2にて初の単独イベントを行い[12]、翌2016年1月3日には原宿アストロホールにて初のワンマンライブ「The First Pixcel」を行った[13]

2016年3月19日、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで行われた3度目のワンマンライブ「The Third Pixcel」において、OnePixcel初の全国流通CDであるミニアルバム『ZERO』を6月22日に発売することを発表[14]。それに先駆け4月3日に原宿アストロホールで、予約イベントである「拍手会」を行った[15]

2016年夏にはAKIBAカルチャーズ劇場で開催される「デビュー直前アイドル5組新人公演~真夏のシンデレラたち~2016」に毎週木曜日担当で出演した[16]。10月クールのレギュラー公演を目指し、他の新人グループ4組と来場者の投票&観客動員数を競い合い、最終順位は3位。[17]

2016年9月23日に狐塚来愛が体調不良のため脱退。10月4日から新メンバー及び新ユニットメンバーの募集を開始した。

2017年1月8日、新宿ReNYでのワンマンライブを開催。候補生5名がお披露目されたほか、新曲初披露およびタイアップの発表が行われた[18]。 3月には 世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」への参加を発表。[19] 8月開催のワンマンライブ「NATSUMATSURI」にて、フルアルバム発売と2周年記念ワンマンライブ開催を発表。[20]</ br> 2018年3月7日、メジャーデビューシングル、LAGRIMAを発売。LAGRIMAはフジテレビ系列テレビアニメ、ドラゴンボール超 のクールエンディング曲になった。

出演[編集]

ライブ[編集]

イベント[編集]

  • 拍手会(2016年4月3日、原宿アストロホール) - ミニアルバム予約イベント[15] ※ミニLive+サイン入りグッズ抽選クイズ企画
  • 「ZERO」発売記念インストアイベント(2016年6月26日、SpaceHACHIKAI) - 初インストアイベント ※ミニLive+CDジャケットサイン会
  • ZERO EVE(2016年8月) - インストアイベント・初の都内以外でのイベント
    6日 イオンモール名古屋茶屋 1F ガーデンコート(愛知県) ※初の2部構成
    13日 仙台駅前EBeans 1F HMV店内イベントスペース(宮城県)
    21日 イオンレイクタウンKAZE 1F 光の広場(埼玉県)
    27日 あべのHoop 1F オープンエアプラザ
  • DJ Tomoaki's Radio Show!(2016年9月22日、下北沢SFMホール) - 公開生放送
  • 『TONDEKE / Analoganize』発売記念インストアイベント (2016年11月)
    23日 TOWER RECORDS横浜ビブレ店(神奈川県)
    27日 イオンモール福岡イベントスペース (福岡県)
  • ONEPIXCEL『Time』発売記念 ミニライブ&特典会 (2017年4月)
    18日 dues新宿 (東京都)
    23日 タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース(大阪府)[46]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

タイトル 発売日 規格品番 収録曲 クレジット 備考
1 LAGRIMA 2018年3月8日 COCR-17429 1. LAGRIMA
2. Howling
3. TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix
4 .LAGRIMA(Instrumental)
5.Howling

(Instrumental)

(作詞) 田中秀典(作・編曲) 川口圭太
ドラゴンボール超ED曲
2 Sparkle 2018年8月8日 COCA-17485

1. Sparkle
2. We Go Now
3. monochrome DÉ DÉ MOUSE Remix
4. LAGRIMA Carpainter Remix
5. Sparkle (Instrumental)
6. We Go Now (Instrumental)

(作詞) 田中秀典(作・編曲) 川口圭太

シングル(インディーズ)[編集]

タイトル 発売日 規格品番 収録曲 クレジット 備考
1 TONDEKE / Analoganize 2016年11月23日 THER-1002 1. TONDEKE
2. Analoganize
(作曲) AxSxE
(作曲) 渡辺未来
11月16日からiTunesで先行配信
2 Time 2017年4月29日 THER-1003 1. Time
2. sora
(作曲) 加藤素朗[47]
(作曲) 本田光史郎[48]

ミニアルバム[編集]

タイトル 発売日 レーベル 規格品番 収録曲 クレジット 週間最高位
(オリコン)
備考
1 ZERO 2016年6月22日 TOHO ENTERTAINMENT RECORDS THER-1001 1. SAKURA SAKU
2. YEAAAHHH!!!!
3.RUN
4.FREEDOM
5.umbrella
6.Cinderella Girl
(作詞) 水野佐彩 (作曲) 北野正人 (編曲) 清水哲平
(作詞) 石川絵理 (作・編曲) 渡辺未来
(作詞) imatetsu (作曲) 本多友紀 (編曲) 倉内達矢
(作詞/作・編曲) 島崎貴光
(作詞) imatetsu (作・編曲) 立川智也

(作詞) 春和文 (作・編曲) 中野雄太

 179位 インディーズチャートでは13位を記録[49]

フルアルバム[編集]

タイトル 発売日 レーベル 規格品番 収録曲
1 monochrome 2017年10月18日 TOHO ENTERTAINMENT RECORDS THER-1004 1. Time
2. monochrome
3. TONDEKE
4. Analoganize
5. seven colors
6. Beautiful Lady
7. Blue Ocean
8. be with you
9. sora
10. hello, wonder star
11. KICK START
12. S

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オーディションサイト「Audition & Debut(オーディションデビュー)」では、傳・狐塚以外に青島心を候補生としている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 東宝芸能の新ガールズユニット『OnePixcel (ワンピクセル)』始動!”. 東宝芸能オフィシャルサイト (2015年9月20日). 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g TopYell 2016年1月号 80頁
  3. ^ 東宝芸能ガールズユニットメンバー/ソロアーティストオーディション”. Audition & Debut(オーディションデビュー). ダブルハピネスインターナショナル (2015年7月15日). 2015年12月7日閲覧。
  4. ^ ダンス&ボーカルユニット OnePixcel(ワンピクセル)がワンマンライブで新曲披露&候補生5人が初お披露目!”. 日刊エンタメクリップ (2017年1月9日). 2017年1月9日閲覧。
  5. ^ OnePixcel ワンマンライブを開催!”. 東宝芸能公式Website (2017年3月27日). 2017年9月13日閲覧。
  6. ^ 東宝芸能発・新ガールズグループPiXMiX!”. MIKAN Official Website (2017年7月30日). 2017年9月13日閲覧。
  7. ^ 東宝芸能創立50周年!!新人男女募集オーディション”. Deview-デビュー. oricon ME (2014年10月1日). 2015年12月7日閲覧。
  8. ^ 東宝初のガールズユニット・OnePixcelが初イベント 「カッコかわいいエンターテイナー」目指す”. ORICON STYLE. オリコン (2015年11月29日). 2015年12月7日閲覧。
  9. ^ 傳彩夏 狐塚来愛 新ユニットメンバー候補がアーティストとして東宝芸能所属となりました!”. 東宝芸能オフィシャルサイト (2015年2月27日). 2015年12月7日閲覧。
  10. ^ a b 東宝芸能から10代ガールズユニット「OnePixcel」誕生”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年9月20日). 2015年12月6日閲覧。
  11. ^ a b 東宝芸能初のガールズユニット・OnePixcel、イベントで4曲歌唱 観客200人に“クリスマスプレゼント”も”. モデルプレス. ネットネイティブ (2015年11月29日). 2015年12月6日閲覧。
  12. ^ a b “「One Pixcel」初の単独イベント 来年1月には初ライブ”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/30/kiji/K20151130011601070.html 2015年12月6日閲覧。 
  13. ^ a b 東宝芸能OnePixcelが初ワンマン「もっと長い花道を走り回りたい」”. 音楽ナタリー (2016年1月3日). 2016年2月17日閲覧。
  14. ^ a b OnePixcel 3rd ワンマンライブ『The Third Pixcel』が行なわれました!”. 東宝芸能オフィシャルサイト (2016年3月19日). 2016年4月3日閲覧。
  15. ^ a b ミニ・アルバム『ZERO』予約特典 『拍手会』について”. One Pixcelオフィシャルサイト (2016年3月21日). 2016年4月3日閲覧。
  16. ^ デビュー直前アイドル5組新人公演~真夏のシンデレラたち~2016”. AKIBAカルチャーズ劇場公式サイト (2016年6月28日). 2017年6月11日閲覧。
  17. ^ メンバー(田辺)によるツイート(2016年9月10日).2016年10月13日閲覧。
  18. ^ OnePixcel、'17年初ワンマンでいじける!?”. ザテレビジョン公式サイト (2017年1月10日). 2017年1月9日閲覧。
  19. ^ 夏のアイドル祭「TIF2017」出演者第1弾発表”. 音楽ナタリー公式サイト (2017年3月29日). 2017年6月11日閲覧。
  20. ^ ONEPIXCEL ワンマンライブ『NATSUMATSURI』を開催!”. 東宝芸能公式サイト (2017年8月21日). 2017年9月13日閲覧。
  21. ^ 東宝芸能ガールズユニットOnePixcelがライブ披露、1月初ワンマン”. 音楽ナタリー (2015年11月30日). 2015年12月6日閲覧。
  22. ^ OnePixcel 初の無料イベントを開催!200名のお客様に一足早いクリスマスプレゼント!?”. 東宝芸能オフィシャルサイト (2015年12月1日). 2015年12月6日閲覧。
  23. ^ OnePixcel 2ndワンマンライブ『The Second Pixcel』が行われました。”. 東宝芸能オフィシャルサイト (2016年2月11日). 2016年4月3日閲覧。
  24. ^ LIVEを通して…”. OnePixcel公式ブログ (2017年6月11日). 2016年5月15日閲覧。
  25. ^ 新人公演の情報をリツイートで公開ゲネプロに無料ご招待!!”.AKIBAカルチャーズ劇場(2016年6月28日).2016年7月5日閲覧。
  26. ^ メンバー(田辺)によるツイート(2016年9月10日).2016年10月13日閲覧。
  27. ^ AKIBAカルチャーズ劇場公式サイト(2016年8月20日).2017年6月11日閲覧。
  28. ^ ミュージックパーク 〜Girls & Music Theater Vol.3”. ミュージックパーク公式サイト (2016年10月17日). 2017年1月15日閲覧。
  29. ^ 新星堂presents iPop Monthly Fes vol.55”. サンシャインシティ公式サイト (2016年11月17日). 2017年1月15日閲覧。
  30. ^ ONEPIXCEL LiVE 2017『Free&Easy』開催!”. OnePixcel Official Website (2016年12月15日). 2017年1月15日閲覧。
  31. ^ OnePixcel ワンマンライブを開催!”. 東宝芸能公式サイト (2017年1月8日). 2017年1月15日閲覧。
  32. ^ がーるずジェネレーション!! vol.5”. TiGET Website (2017年1月8日). 2017年1月15日閲覧。
  33. ^ SeaSide Fes Next '17 〜WINTER〜”. SeaSide Fes Next 事務局公式サイト (2017年1月8日). 2017年1月15日閲覧。
  34. ^ @JAM PARTY vol.11”. @JAM OFFICIAL Website (2017年1月8日). 2017年1月15日閲覧。
  35. ^ ニッポン放送presents ミュージックパーク 〜Girls & Music Theater Vol.5〜”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年2月3日). 2017年6月11日閲覧。
  36. ^ TOKYO IDOL LIVE Vol.33「フジさんのヨコSP」2部”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年2月10日). 2017年6月11日閲覧。
  37. ^ 池袋サンシャインシティ噴水広場 『新星堂presents iPop Monthly Fes vol.59』”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年3月8日). 2017年6月10日閲覧。
  38. ^ ONEPIXCEL LiVE 2017 『FREE&EASY vol.2』開催!”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年2月17日). 2017年6月11日閲覧。
  39. ^ アイドルLive Starring『RESET』@渋谷WWW 出演”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年3月11日). 2017年6月11日閲覧。
  40. ^ ONEPIXCEL LIVE 2017『Free&Easy vol.3』”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年4月18日). 2017年6月11日閲覧。
  41. ^ TIF2017 メインステージ争奪LIVE 前哨戦 1部”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年5月19日). 2017年6月11日閲覧。
  42. ^ 私たち、正統派。Vol.4”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年6月7日). 2017年6月11日閲覧。
  43. ^ TOKYO IDOL FESTIVAL2017に出演が決定しました”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年3月29日). 2017年6月11日閲覧。
  44. ^ @JAM EXPO 2017出演が決定しました”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年5月12日). 2017年6月11日閲覧。
  45. ^ Vocal & Dance Collection”. Vocal & Dance Collection OFFICIAL Website (2017年9月3日). 2017年9月13日閲覧。
  46. ^ ONEPIXCEL『Time』発売記念 ミニライブ&特典会”. ONEPIXCEL OFFICIAL Website (2017年6月8日). 2017年3月11日閲覧。
  47. ^ Onepixcel 2nd Single Time にて作曲、アレンジ、ギター、プログラミングを担当させて頂きました”. 加藤素朗公式Twitter (2017年4月19日). 2017年4月19日閲覧。
  48. ^ 「sora」の作曲/編曲を担当しました。”. 本田光史郎公式Twitter (2017年4月19日). 2017年4月19日閲覧。
  49. ^ oricon_indiesによるツイート(750526786522394625).2016年7月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小野田衛「SPECIAL FEATURE ARTICLE 07 OnePixcel ここに集ったそれぞれの理由」、『Top Yell』2016年1月号、竹書房2015年12月7日、 79-82頁。

外部リンク[編集]