ONCF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カサ・ヴォワイヤジュール駅

ONCFOffice National des Chemins de Fer)は、モロッコの鉄道事業者である。日本語では、モロッコ国鉄、もしくは、モロッコ国営鉄道とも呼ばれる。

モロッコ国内に幅広いネットワークを持ち、国内主要都市間の長距離旅客輸送、および、モロッコの主要産業であるリン鉱石の物資輸送などを大きな柱としている。

モロッコ国内の全1,907Kmのネットワークのうち、1,537Kmが単線、370Kmが複線で、軌間標準軌(1,435mm)が使われている。また、1,003Kmが電化、904Kmが非電化である。線路自体は隣国のアルジェリアとも接続しているが、現在は国境が閉鎖されているため、直通列車は走っていない。

マラケシュカサブランカタンジェ間、カサブランカフェズウジュダ間には、寝台列車も走っている。また、カサブランカからムハンマド5世国際空港への空港アクセス列車もある。

2013年以降、フランスからの技術支援によりアフリカ大陸諸国では初となる高速鉄道TGVの導入や新型機関車の導入など近代化も予定されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]