OASIS (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OASIS
TUBEスタジオ・アルバム
リリース
録音 2003年
ジャンル J-POP
レーベル Sony Music Associated Records
プロデュース TUBE & KANONJI
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • デイリー2位(オリコン)
  • 2003年度年間110位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • TUBE 年表
    good day sunshine
    2002年) 
    OASIS
    2003年
    夏景色
    2004年
    『OASIS』収録のシングル
    テンプレートを表示

    OASIS』(オアシス)は、2003年7月16日Sony Music Associated Records から発売されたTUBEの通算23作目のオリジナル・アルバムである。

    概要[編集]

    • TUBEのアルバムには毎年豪華な初回特典が付くが、このアルバムには初回限定盤仕様がない。
    • 共同プロデューサーのKANONJIは長戸大幸の変名クレジットであり、長戸がTUBEのプロデュースを手掛けるのは10年振りとなった。
    • ジャケットの撮影等はハワイ島コナなどで撮影された。
    • アルバムのキャッチフレーズは「痛みにも似た夏。」
    • 本作を引っ提げて恒例の野外ライブツアー「TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2003 OASIS」が全国4か所で行われた。また、このライブの模様は2004年3月23日に発売された映像作品、『春夏秋冬2003-04〜いつも恋には色がある〜』で観ることができる。

    収録曲[編集]

    全作曲: 春畑道哉、全編曲: TUBE(特記以外)。
    #タイトル作詞作曲・編曲編曲
    1.恋のMagma前田亘輝(特記以外)春畑道哉 
    2.青いメロディー前田亘輝(特記以外)春畑道哉徳永暁人, TUBE
    3.Let's go to the sea 〜OASIS〜前田亘輝(特記以外)春畑道哉大島こうすけ, TUBE
    4.太陽は知っている前田亘輝(特記以外)春畑道哉池田大介, TUBE
    5.Summer Breeze前田亘輝(特記以外)春畑道哉 
    6.We are free前田亘輝(特記以外)春畑道哉 
    7.夕焼けの前に角野秀行春畑道哉 
    8.青空のピエロ前田亘輝(特記以外)春畑道哉 
    9.Fujisawa Sunlight松本玲二春畑道哉 
    10.誰のせいでもない前田亘輝(特記以外)春畑道哉佐藤晶, TUBE
    11.愛の詩前田亘輝(特記以外)春畑道哉池田大介, TUBE


    タイアップ[編集]

    青いメロディー
    Let's go to the sea 〜OASIS〜
    • 40thシングル。フジテレビ系『めざましテレビ』テーマソング。
    Summer Breeze

    ゲストミュージシャン[編集]

    • 勝田一樹(DIMENSION) - サックス(#1,4,9,10)ホーンアレンジ(#9)
    • 佐々木史郎 - トランペット(#1,9)
    • 澤野博敬 - トランペット(#9)
    • 佐久間勲 - トランペット(#1)
    • 河合わかば - トロンボーン(#1)
    • 野村裕幸 - トロンボーン(#9)
    • 玉木正昭 - パーカッション(#1,3,4)
    • 小野塚晃 - Pf(#11)
    • Lime Ladies Orchestra - ストリングス(#11)
    • 池田大介 - ストリングスアレンジ(#11)
    • 宇徳敬子 - コーラス(#7)
    • 高島信二 - コーラス(#1,2,3,4,5,6,7,9,11)

    クレジット[編集]

    • TUBE & KANONJI - プロデューサー
    • 高島信二 - プロダクション・マネジャー
    • 菅原潤一 - エグゼクティブ・プロデューサー
    • ZAIN PRODUCTS - エグゼクティブ・プロデューサー
    • 北川直樹 - エグゼクティブ・プロデューサー