Noppo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Noppo
谷口純也
(Junya Taniguchi)
基本情報
生誕 (1987-12-31) 1987年12月31日(35歳)
日本の旗 日本 東京都
愛称 noppo
選手情報
現況 引退
ゲーム
役割 選手
優勝
  • Asia E-sports Cup 2012
  • ESWC 2008 Japan
  • WCG 2006: CS1.6 Japan
  • CSCTL Season1
  • CSCTL Season2
  • CSCTL Season3
  • Survival of the Fittest #11
  • Survival of the Fittest #13
  • Survival of the Fittest #14
  • Various Challenge #7
  • Various Challenge #8
チーム
2005 AggressiveGene (AXG)
2006 4DimensioN(4dN.PSYMIN)
2006 PARANOID
2007 afterlife.se
2008-2012 Speeder
2012 MyRevenge.jp
  • WCG 2006 日本代表 (CS1.6)
  • ESWC 2008 日本代表 (CS1.6)
  • IEF 2008 日本代表 (CS1.6)
  • IEF 2009 日本代表 (CS1.6)
  • TWC 2015 日本代表 (CS1.6)
テンプレートを表示
たにぐち じゅんや
谷口 純也
生誕 (1987-12-31) 1987年12月31日(35歳)
東京都
国籍日本の旗 日本
別名Noppo
職業元プロゲーマー、コーチ、Twitch社員
活動期間2008年 - 2009年
2012年 - 2017年
身長183 cm (6 ft 0 in)

Noppo(ノッポ、1987年12月31日 - )は、日本の元プロゲーマーである。東京都出身、本名は谷口純也(たにぐち じゅんや)。

人物[編集]

経歴[編集]

1987年、東京都にて生誕。

2002年頃、高校入学が決まったと同時に親にPCを買ってもらう。PC ゲーム雑誌『LOGIN』に載っていたMMORPG『Lineage』をプレイするようになる[1]

2003年、ゲームセンター『LEDZONE』に通い、『Counter-Strike』のアーケード版『Counter-Strike NEO (CSNEO)』を始める。クラン「t.o.L.」に誘われ、始めてクランに加入。『CSNEO』の大会で優勝を重ねる。

2004年、『LEDZONE』の店員からの紹介で『Couter-Strike1.6』を始める。クラン「J」に加入。

2005年、大阪所在のゲーミングチーム「AggressiveGene (AXG)」に加入。初めてのLAN大会「ACON5」に出場。大阪に部屋を借り、プロ選手になるべくチームメイト達と7 ヶ月ほど共同生活をする。「World Cyber Games 2005」の国内予選に挑むが、当時国内無敗だったトップクラン「4DimensioN(4dN.PSYMIN)」を前に敗退。メンバー間の方向性の違いから「AXG」は解散し、東京に戻る[2]

2006年、「4DimensioN(4dN.PSYMIN)」に加入するも同年5月にチームが解散[3]。Couter-Strikeが盛んなスウェーデンでの選手活動を目指す[1]。スウェーデンに3ヶ月ホームステイ。世界最大のLANパーティー「DreamHack」に参加。10月、「4dN」の元メンバーを中心に新たに結成したチーム「PARANOID」で出場した国内予選で優勝し、10月18日~22日にイタリアモンツァで行われた世界大会「World Cyber Games 2006」に日本代表として出場[4]

2007年、スウェーデンへ留学し、現地のチーム「afterlife.se」に加入する[5]

2008年、帰国後、世界を目指すための日本チームとして「Speeder」を結成。「ESWC: Electronic Sports World Cup 2008」の国内予選で優勝し、8月26日に米国カリフォルニア州サンノゼで行われた本戦に日本代表として出場。ギリシャチームに勝つも敗退。同年12月5日~8日、中国武漢市で行われた世界大会「IEF: International e-Sports Festival 2008」に日本代表として出場[2]

2009年、韓国・水原市で行われた世界大会「IEF: International e-Sports Festival 2009」に日本代表として出場。台湾に語学留学。5月3日~5日、国際大会「ESWC Asia Masters of Cheonan」に日本代表として出場[注 1]

2010年、台湾の大学に入学。「Speeder」を再結成。2010年~2011年、国際大会への日本チームの出場枠がなく活動が停滞するが、有志によって定例開催されていた国内のコミュニティ大会「Survival of the Fittest (SOF)」に参加し、第11回・第13回・第14回大会 で優勝する[6][7][8]。2012年3月、「日本においてCS1.6の大会がない、また強いチームや世界大会予選もない」という理由からモチベーション等の理由で「Speeder」が活動休止となる[9]

2012年、ドイツの「MyRevenge」に加入。9月23日、「東京ゲームショウ 2012」内で行われた国際大会「Asia E-sports Cup 2012」にて、Counter-Strikeにおいて日本初となる国際大会優勝。決勝戦最終試合で発生した、「壁抜き」による4連続キルでのラウンドエースと、解説のQoofooRiN氏による「とんでもないプレイが出てますよ今」というコメントが有名[10]。このクリップは、HLTVで拡散されて話題となり、世界のフラグムービー年間2位を獲得する[11]

2013年11月、『Counter-Strike: Global Offensive (CS:GO)』の大会「Various Challenge #7」で優勝。12月、「Various Challenge #8」で優勝。

2015年9月19日、「東京ゲームショウ2015」で行われた「現役プロゲーマーDeToNator 対 CS1.6レジェンドチーム CSGOエキシビションマッチ」に4dimensioNのメンバーで構成された"CS1.6レジェンドチーム"として参加。イベントの最後に、プロゲーミングチーム「DeToNator(DTN)」の『CS:GO』部門コーチに就任することを発表[12]。2016年9月30日、コーチ退任。

2017年7月30日、元DTNの選手たちと組んだチーム「GTX Gaming」で「GeForce CUP: CS:GO Japan 2017」に出場し3~4位入賞[13]

2021年11月8日、株式会社Anvilが2021年9月に設立した『VALORANT』のプロチーム「Jadeite(JDT)」にヘッドコーチとして加入することを発表[14]

大会戦績[編集]

Counter-Strike1.6[編集]

国際大会

  • 2006-10-22 イタリアの旗 World Cyber Games 2006: Counter-Strike1.6 - 出場(PARANOID, 日本代表)
  • 2008-08-26 アメリカ合衆国の旗 ESWC: Electronic Sports World Cup 2008 - 17~21位 (Speeder)[15]
  • 2008-12-08 中華人民共和国の旗 IEF: International e-Sports Festival 2008 - 出場 (Speeder)
  • 2009-11-01 大韓民国の旗 IEF: International e-Sports Festival 2009 - 出場 (Speeder)
  • 2009-05-05 大韓民国の旗 ESWC: Electronic Sports World Cup Asia Masters of Cheonan - 13~16位 (Speeder, 日本代表)[15]
  • 2012-09-23 日本の旗 Asia E-sports Cup 2012 - 優勝 (MyRevenge.jp)[15]
  • 2015-08-30 セルビアの旗 TWC: The World Championships 2015 - Asian Qualifier - 9~12位 (Team Japan, 日本代表)[16][15]

国内大会

  • 2006-09-03 日本の旗 World Cyber Games 2006: Counter-Strike1.6 日本予選 - 優勝 (Paranoid)[4]
  • 2006-12-10 日本の旗 CSCTL Season1 1stトーナメント - 優勝 (Deadline)[17]
  • 2007-03-19 日本の旗 CSCTL Season2 1stトーナメント - 優勝 (Speeder)[18][19]
  • 2007-07-02 日本の旗 BIGLAN ONLINE CSCTL Season3 - 優勝 (Speeder)[20]
  • 2008-07-26 日本の旗 ESWC: Electronic Sports World Cup 2008 日本予選 - 優勝 (Speeder)[21]
  • 2010-12-04 日本の旗 Survival of the Fittest (SOF) 第11回大会 Expert - 優勝 (Vae Victis)[6]
  • 2011-06-19 日本の旗 Survival of the Fittest (SOF) 第13回大会 Expert - 優勝 (Speeder)[7]
  • 2011-08-28 日本の旗 Survival of the Fittest (SOF) 第14回大会 Expert - 優勝 (Speeder)[8]

Counter-Strike: Global Offensive[編集]

国内大会

  • 2013-11-24 日本の旗 Various Challenge #7 - 優勝 (ANTiQUE)[22]
  • 2013-12-14 日本の旗 Various Challenge #8 - 優勝 (ANTiQUE)[23]
  • 2017-07-30 日本の旗 GeForce Cup: Japan 2017 - 3~4位 (GTX Gaming)[13]

出演[編集]

大会解説[編集]

  • GALLERIA GAMEMASTER CUP 2017 CS:GO(解説者、2017年9月16日~17日)
  • GALLERIA GAMEMASTER CUP 2018 CS:GO(解説者、2018年9月29日~30日)
  • GALLERIA GLOBAL CHALLENGE 2019 CS:GO(解説者、2019年9月22日~23日)
  • UTAGE CS:GO Japan League Season 1(解説者、2019年3月15日)
  • UTAGE CS:GO Japan League Season 2(解説者、2019年7月20日)
  • UTAGE VALORANT Season1(主催・運営、Twtich、2020年8月21日~30日)
  • UTAGE VALORANT Season2(主催・運営、Twtich、2020年12月8日~10日)
  • UTAGE VALORANT Season3(主催・運営、Twtich、2021年10月19日~21日)

テレビ番組[編集]

  • プロゲーマーをめざす若者たち(フジテレビNONFIX」、2006年5月4日)
  • スカパー!× e スポーツ「Road to ESWC」(スカパー!・Ch.182 スカチャン182、2008年10月18日)

新聞記事[編集]

  • スウェーデンに「ゲーム留学」世界見た先駆者の葛藤 eスポーツ 熱狂の正体(4)(日本経済新聞、2019年11月24日)[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 現在,ZETA DIVISIONのVALORANT部門でコーチを務めているJUNiORは,Speeder時代のチームメイト.

出典[編集]

  1. ^ a b GEAIM:第04回 Noppo - プロゲーマーを目指し過去にスウェーデンヘ留学、Counter-Strike との出会いが人生を変えた(2011年3月8日 )”. Negitaku.org. 2021年9月21日閲覧。
  2. ^ a b 日本 Counter-Strike: noppo 列伝”. 中村鮎葉Blog. 2021年9月21日閲覧。
  3. ^ プロゲームチーム『4dN.PSYMIN』が無期限活動停止に”. Negitaku.org. 2021年9月21日閲覧。
  4. ^ a b 「World Cyber Games 2006」日本予選開催。「パンヤ」「Counter-Strike 1.6」の日本代表選手が決定”. 4Gamer.net. Aetas, Inc. (2006年9月4日). 2021年11月8日閲覧。
  5. ^ a b スウェーデンに「ゲーム留学」 世界見た先駆者の葛藤 eスポーツ 熱狂の正体(4)”. 日本経済新聞. NIKKEI (2019年11月24日). 2021年11月16日閲覧。
  6. ^ a b 第 11 回『Survival of the fittest』でVae Victis(Expert)、Knight$ of the Eternity(Main)、autour de trente(Open)が優勝”. negitaku.org (2010年12月5日). 2021年11月8日閲覧。
  7. ^ a b 第 13 回『Survival of the fittest』Expert 部門で Team Speeder が優勝”. negitaku.org (2011年6月20日). 2021年11月8日閲覧。
  8. ^ a b Counter-Strike 1.6 大会 第 14 回『Survival of the fittest』の参加チームが決定”. negitaku.org (2011年8月22日). 2021年11月8日閲覧。
  9. ^ 日本のトップ Counter-Strike1.6 チーム、Team Speeder が活動の一時休止を発表”. Negitaku.org. 2021年9月21日閲覧。
  10. ^ Asia e-Sports Cup 2012 - Noppo vs Asking Questions (2012/09/24)”. YouTube. 2021年9月21日閲覧。
  11. ^ Top 10 Highlights of The Year 2012 [CS1.6 (2013/01/02)]”. YouTube - HLTVorg. 2021年9月21日閲覧。
  12. ^ 日本Counter-StrikeのレジェンドNoppo氏がプロチームDeToNatorのCS:GO部門コーチに就任”. Negitaku.org. 2021年9月21日閲覧。
  13. ^ a b 7/30(日) NVIDIA Japan主催大会、GeForce CUP: CS:GO 開催決定!賞金付きの1 Dayトーナメントです。”. JCG (2017年7月5日). 2021年11月8日閲覧。
  14. ^ 【VALORANT部門】「Noppo」加入のお知らせ”. Team Jadeite. Anvil Co.Ltd. (2021年11月8日). 2021年11月8日閲覧。
  15. ^ a b c d noppo - Liquipedia Counter-Strike”. liquipedia.net. 2022年2月18日閲覧。
  16. ^ World Championships 2015 - Asian Qualifier”. HLTV.org. 2021年11月8日閲覧。
  17. ^ CSCTL 2006年大会決勝 DEADLINE vs Rampage”. YouTube. Kyodog8 (2015年9月20日). 2021年11月8日閲覧。
  18. ^ 『CSCTL Season2』Speeder, Anomaly, 冨樫家が優勝”. negitaku.org (2007年3月19日). 2021年11月8日閲覧。
  19. ^ 『CSCTL Season2』29クラン 296名が参加”. negitaku.org (2007年3月9日). 2021年11月8日閲覧。
  20. ^ 『BIGLAN ONLINE CSCTL』Season3優勝はSpeeder”. negitaku.org (2007年7月2日). 2021年11月8日閲覧。
  21. ^ “[https://game.watch.impress.co.jp/docs/20080728/eswc.htm eスポーツのワールドカップ「ESWC2008」日本予選決勝大会が開催 有力タレントが揃うチーム「Speeder」が本戦出場権を獲得]”. Game Watch. 2021年9月26日閲覧。
  22. ^ Counter-Strike: Global Offensive大会『Various Challenge #7』でANTiQUEが優勝”. negitaku.org (2013年11月24日). 2021年11月8日閲覧。
  23. ^ Counter-Strike:GlobalOffensive大会『Various Challenge #8』でANTiQUEが優勝”. negitaku.org (2013年12月16日). 2021年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

  • keNNy - 元プロゲーマー、「4dimensioN」のチームリーダー

外部リンク[編集]