Nitrome

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Nitrome Games Limited
企業形態 非上場会社
業種 コンピュータゲーム産業英語版
創業者
  • Matthew Annal
  • Heather Stancliffe
主要人物
  • Jonathan Roy Annal
  • Matthew Annal
ウェブサイト nitrome.com
テンプレートを表示

Nitrome Games Limited[注釈 1]は、ロンドンを拠点としたイギリスの独立系ゲーム開発会社である。NitromeはUnity[1] の(かつてはFlash製の)インターネットブラウザ向けのゲームを製作しているほか、モバイル端末向けのゲームもリリースしている。 Nitromeのゲームはピクセルアートによるデサインと漫画調の外観に加え、チップチューンや全てのゲームの開始時にジングルを使用することによって特徴づけられている。Nitromeは2004年にMatthew AnnalとHeather Stancliffeの2人のグラフィックデザイナーが携帯電話向けのゲームを制作しようとして発足した。代わりに、インターネットでのFlashゲームの手数料を取るようになった。Nitromeのゲームのキャラクターの中には、他のビデオゲームテレビ番組などのキャラクターに触発されているものがある。Nitromeのゲームはウェブサイトに公開されており、またMiniclip英語版、MTV Arcade、Frivなどの他のウェブサイトでの利用が許可されている。

歴史[編集]

Nitromeのアイデアは、Matthew AnnalとHeather Stancliffeの会話から生まれた。Annalは彼らに携帯電話向けのゲームを制作することを示唆した。Stancliffeは当初は躊躇していたが、良い考えだと説得された。[2] 彼らのその後のプロジェクトのための一時的なWebサイトは2005年4月3日に最初に立ち上げられ、[3] そこには彼らが企画した最初のゲームである「Chick Flick」のプレビュービデオが掲載された。 [4] それ以来、Nitromeは146のFlashゲームを制作してきた。2014年10月7日にリリースされた135番目のゲームである「Turn-Undead」から、モバイル端末とPCゲームに参入している。

2011年9月、Annalの兄弟であるJonathan Roy Annalが加わった。2011年11月、Nitromeは100番目のゲーム「Nitrome Must Die」をリリースした。Nitrome Must Dieは、それ以前の99個のゲームに登場した敵を撃つゲームであった。彼らの136番目のゲームは「Endless Doves」である。[5] 2015年、140番目のゲームである「Fluffball」と、2007年からリリースされていなかった141番目のゲームであり2011年の「Silly Sausage」の続編である「Silly Sausage in Meat Land」をリリースして歴史に名を残した。 また2015年には、142番目のゲームである「Cooped Up」がリリースされ、[6]続いて「Green Ninja」、「Vault」、「Beneath the Lighthouse」をリリース、最終的には2016年に彼らが最初に公表したゲームである「Ultimate Briefcase」をリリースした。2017年にはゲーム「Bomb Chicken」のティーザーがリリースされた。[7] 2018年には、同ゲームがNintendo Switchでも発売されることが明らかになり、最終的にNitromeにとって大きなマイルストーンとなった。[8][9]

ゲーム[編集]

同社が作ったゲームは4つの主要なカテゴリーに分かれている。「Hearted」[10] は、ゲームごとに存在するハートボタンから最も多くの高評価を受けたゲームであり、したがって最も人気があると考えられている。「All Games」[11] はNitromeによって作成されたすべてのゲームのリストであり、「Multiplayer games」[12] は複数人が一度にプレイできるように設計されている。 最後に、2012年にリリースされた「Touchy」は、Nitromeのモバイル端末向けアプリであり、Nitrome Touchyでプレイ可能なゲームを特集している。ゲームは複数のカテゴリに分類できる。 2015年7月8日、Nitromeは、Nitrome Touchyが正式に中止されたことを発表し、Touchyに関連するすべてのリンクとサービスが削除された。[13] 「Turn-Undead」は2014年10月にリリースされた最終的なTouchyのゲームだった。 

Nitromeは、MTV ArcadeCandystand英語版Miniclip英語版向けのゲームを開発してきた。

ゲームのほとんどはレベル(通常10〜100)に分かれており、負けた場合でも達成したレベルをリプレイすることができる。 いくつかのゲームには、ボス戦の概念もある。

2009年7月、Nitrome Limited は、プレイヤーがブラウザゲームの追加コンテンツ購入することを可能にするシステムであるMochiCoins英語版を使用する最初のゲームである「Twin Shot 2」をリリースした。[14] Matthew AnnalはNitromeは「実験的に」それを導入しただけで、「全てのゲームに導入するつもりはない」と述べた。[15] Nitromeは2回のアップデートを行った「B.C. Bow Contest」で再びMochiCoinsを導入した。しかし、MochiCoinsはMochiMedia英語版によって廃止され、Nitromeはそれ以上MochiCoinsを使用できなくなった。[16]

2014年以降、Nitromeのゲーム開発はモバイル端末向けのものに注力している。2010年から2013年までパックマンに似たゲームである「Bad Ice-Cream」が3バージョン存在した。

バージョン[編集]

Nitrome1.0[編集]

Nitrome.com 1.0はNitrome.comの最初のバージョン。2005年4月5日に開始され、当時は小規模であった。2006年11月8日から16日にバージョン1.5に更新されたため、このバージョンは長くは続かなかった。[17]

Nitrome1.2[編集]

Nitrome1.2は、Nitrome Limitedのウェブサイトの以前のバージョンであり、最新のバージョンとはカテゴリ分けが多少異なり、ハートシステムが無く、アイコンの代わりに副題のついた画像が使用されていた。

Nitrome1.5[編集]

Nitrome 1.5は、Nitrome 1.2の更新されたバージョン。より細いアイコン、ブログとショップが追加された。

Nitrome2.0[編集]

新しい機能には、フロントページのコンテンツが多くなり、RSSフィード、ハートシステム、Sharing、Tweetingなどが導入された。

Nitrome2.5[編集]

現在のバージョン(2013年7月19日現在)。Nitromeアカウントが追加された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 公式Youtubeチャンネル(外部リンク参照)では「Nitrome」を「ナイトルーム」と発音していることを確認できるが、日本語での正式な読みが公表されているわけではない。

参考文献[編集]

  1. ^ Nitrome | Made with Unity”. Made with Unity. 2016年10月8日閲覧。
  2. ^ about us”. Nitrome Limited (2006年6月19日). 2005年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月4日閲覧。 “One day Mat[thew] said to Heather: "Y'know all this web stuff's ok, but wouldn't it be great if we could just make whatever we wanted?" [...] "I don't think anyone's gonna give us free reign〔ママ〕 to do just do whatever we want!" [...] "Well, why don't we make a mobile phone game?"”
  3. ^ Web Page Launched”. Nitrome Limited (2005年4月3日). 2005年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月4日閲覧。 “We've launched our temporary web page today.”
  4. ^ Chick Flick Video”. Nitrome Limited (2005年4月3日). 2005年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月4日閲覧。 “Exclusive first showing of our soon-to-be-finished java mobile phone game.”
  5. ^ http://www.nitrome.com/blog/articles/1192/
  6. ^ http://www.nitrome.com/blog/articles/1312/
  7. ^ Bomb Chicken Teaser”. 2018年4月1日閲覧。
  8. ^ Nintendo Switch Nindies Showcase Spring 2018”. 2018年4月1日閲覧。
  9. ^ Bomb Chicken Teaser Trailer - Nintendo Switch”. 2018年4月1日閲覧。
  10. ^ Nitrome - Hearted games”. 2018年4月1日閲覧。
  11. ^ Nitrome - All Games”. 2018年4月1日閲覧。
  12. ^ Nitrome - Multiplayer Games”. 2018年4月1日閲覧。
  13. ^ http://www.nitrome.com/blog/articles/1339/
  14. ^ Annal, Matthew (2009年7月20日). “Twin Shot 2: Good and Evil”. Nitrome Limited. 2009年7月20日閲覧。
  15. ^ Annal, Matthew (2009年6月25日). “Twin Shot 2... more info”. Nitrome Limited. 2009年7月20日閲覧。
  16. ^ Annal, Matthew (2012年7月19日). “Mochi Coins to be Discontinued!”. Nitrome Limited. 2018年4月1日閲覧。
  17. ^ nitrome”. 2006年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]