NewsNation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NewsNation
NewsNation Logo.jpg
開局日1978年11月9日 (43年前) (1978-11-09)[1][2]
ネットワークThe WB(1995年 - 1999年)
所有者ネクスター・メディア・グループ英語版
映像方式1080iHDTV
SDTVフィード用にレターボックス化された480iにダウンスケールされた)
アメリカ合衆国
言語英語
放送エリア全土
本社イリノイ州シカゴ
旧称WGN(1978年 - 2001年)
WGNスーパーステーション(2001年 - 2002年)
スーパーステーションWGN(2002年 - 2008年)
WGNアメリカ(2008年 - 2021年)
ウェブサイトwww.newsnationnow.com
視聴可能
衛星放送
ディレクTVチャンネル307(HD/SD)
ディッシュ・ネットワークチャンネル239(HD/SD)
ケーブル
殆どのアメリカ国内の
ケーブルシステムで利用可能
チャンネルスロットはプロバイダーによって異なる
ウェーブ・ブロードバンド英語版チャンネル790(HD)
チャンネル17(SD)
IPTV
AT&T U-verse英語版チャンネル180(SD)
チャンネル1180(HD)
ディレクTVストリーム英語版オーバー・ザ・トップ
ベライゾン・フィオスチャンネル68(SD)
チャンネル568(HD)
ストリーミング
YouTube TVHulu + Live TVFuboTV英語版スリングTV英語版、Vidgo

NewsNation(ニュースネイション)は、アメリカネクスター・メディア・グループ英語版が所有するサブスクリプションテレビネットワークで、同社唯一の完全所有の全国ケーブルテレビチャンネルである。殆どの放送日のエンターテインメント番組(コメディーとドラマのシリーズ、長編の劇場映画で構成)と、夕方から夜の早い時間帯のストレートニュース形式が混在している[3]。「スーパーステーションWGNSuperstation WGN)」や「WGNアメリカWGN America)」としてその歴史のほとんどで知られている、2021年3月1日、「WGNアメリカ」から、ニュース放送の計画的な拡張の一環として、主力ニュース番組に因んで名付けられたケーブルニュースネットワーク「NewsNation」に改称された[4]

2018年9月、当時のWGNアメリカは、全米で有料テレビサービスに加入している約8000万世帯(または少なくとも1台のテレビを所有している世帯の62.7%)に受け入れられた[5]

歴史[編集]

スーパーステーションから伝統的なエンターテインメントチャンネルとして[編集]

WGNアメリカは、1978年11月9日ユナイテッド・ビデオ・サテライト・グループ英語版がイリノイ州シカゴのWGN-TV(チャンネル9)の信号を、全米のケーブルおよび衛星加入者に再配信し始めた際に設立された。これにより、アトランタを拠点とするWTBSがTBSとなった後、著名な独立放送局 (北アメリカ)英語版がアメリカ国内で2番目の衛星配信の全国的な「スーパーステーション英語版」に拡大された[6][7]

WGN-TVの全国的なフィードとして、当チャンネルは、スポーツ(主にシカゴ・カブスシカゴ・ホワイトソックスの野球、シカゴ・ブルズのバスケットボールの試合)、地元で放送されたニュース、子供向け、宗教、広報番組、映画やシンジケートシリーズといった、シカゴの電波で見られる様々な番組を放送している。WGNのローカル及び全国のフィードは、リーグのポリシー制限下でシカゴ地域の電波に制限されていたいくつかのスポーツイベントを除いて、元々ほぼ同じ番組スケジュールを維持していた。

1990年1月に連邦シンジケーション独占規制が再施行された後、連邦シンジケーション独占規制の再施行、WGN全国フィードが、個々のテレビ局による市場独占権の主張の対象となったWGN-TVスケジュールの番組を置き換える代替シンジケート番組を組み込んだため、2つのフィード間の番組編成はますます逸脱し、全国フィードがクリアしないことを選択したいくつかのローカル番組で、特に2000年代後半以降、WGNシカゴの電波がローカルニュース番組を拡大し始め、ライフスタイル番組をスケジュールに追加し始めた。

2014年12月13日、WGNアメリカはトリビューンによって従来の基本的なケーブルネットワークに変換され、その時点で、衛星プロバイダーのディレクTVディッシュ・ネットワークの既存のローカルキャリッジと共に、シカゴ市場内のケーブルプロバイダーで提供され始めた。WGN-TVのシカゴ発のローカルニュース放送、報道特別番組、広報番組、特別イベント、スポーツテレビ放送の同時放送(移行期間中の平日早朝に放送されたWGN-TVの朝のニュース番組の1時間の同時放送を除く)は、前日に全国ベースですぐに放送されなくなったが、WGN-TV自体が、シカゴ市場専用のローカル及びシンジケート番組の個別スケジュールを維持していた。当チャンネルは、スーパーステーション時代から引き継がれた番組を含む、取得した番組に真っ向から焦点を合わせ始め、2015年までに、オリジナルのドラマとリアリティシリーズの限られたスケジュールを取り入れ始めた[8][9]

ケーブルニュースチャンネルへの変換[編集]

WGNアメリカのロゴは、2014年1月から2021年3月に「NewsNation」に改称されるまで使用されていた。

2020年9月1日、WGNアメリカは、3時間のプライムタイムニュース番組『NewsNation』を開始した。これは、ネクスターの経営陣がテレビ加入者に調査を依頼し、調査参加者の割合が、CNN(2010年代半ばに、ややリベラルな性格ベースの番組に移行する前は、以前は夕方のラインナップでストレートニュース番組を提供していた)、MSNBC(2008年からリベラルな意見・トーク番組に引き寄せられた)、FOXニュース(1996年に保守的な形式で設立された)などのケーブルニュースチャンネルで、意見に基づく番組に不満であると判断した2019年10月に開発を開始した[10][11]。同番組は、ネクスター所有のテレビ局(数ヶ月前にWGNアメリカに加えて、トリビューン・メディア英語版が取得したものを含む)の放送およびデジタルリソースから部分的に引き出されている。

2020年12月から2021年1月にかけて、ネクスターは、WGNアメリカを仮想マルチチャンネルテレビプロバイダーのYouTube TV(2020年12月1日に契約到達)[12]FuboTV英語版(同年12月11日に契約到達)[13]Hulu(同年12月18日に契約到達)[14]スリングTV英語版(衛星プロバイダーがネクスターの放送局へのアクセスを失った3週間の行き詰まりを終わらせたスリングの親会社であるディッシュ・ネットワークとのより広範な合意を通じて、同年12月24日に契約到達)[15]、Vidgo(2021年1月14日に契約到達)[16]に追加して、既存の有線および衛星配信のフットプリントを超えてチャンネルを拡大し、「NewsNation」の露出を増やすという運送契約に達した(AT&T TV英語版2019年10月から既に当チャンネルを放送していた)[17]

2021年1月25日、ネクスターは、同年3月1日に「NewsNation」ブランドでWGNアメリカをリニューアルすると発表し、43年間続いたWGNブランドとの関係を全て断ち切った[4]。名前の変更は、ニュース番組の段階的な拡張と同時に行われる。最初は1日9時間(6時間から)に拡張され、改訂されたニューススケジュールの前には、主力の「NewsNation」放送(既存の、現在は短縮された2時間の『NewsNation Prime』に加えて、1時間の夕方版を追加する)の分割された拡張と、ジョー・ドンロンとアシュリー・バンフィールド英語版がそれぞれアンカーを務める2人のホスト中心のニュース・インタビュー番組がある。NewsNationは、WGNアメリカの呼称の下でチャンネルが取得したエンターテインメント番組のスケジュールを日中に短縮し、最初は夜間の枠を選択する。2021年の朝のニュース番組開始から、シンジケーション契約の期限が切れると、取得したエンターテインメント番組は追加のニュースコンテンツに置き換えられる[18][19]

NewsNationは、ネクスターの買収完了時にWGNアメリカのエグゼクティブ・バイス・プレジデントに昇進したショーン・コンプトンと、ネクスターによってWGNアメリカのニュース担当副社長に再任された元WGN-TVニュースディレクター英語版のジェニファー・ライオンズの管理下で開発された[20]。しかし、NewsNationは、立ち上げ以来、ゲストのために保守寄りに傾いており、元FOXニュースチャンネルチーフ・大統領次席補佐官英語版ビル・シャイン英語版をコンサルタントとして雇ったとして非難された。シャインの役職が明らかになった後、ニュースディレクターと編集長は辞任した[21]。ライオンズは論争の中で2021年3月に辞任を発表し、低い視聴率が続いた[22]。 NewsNationのスタッフからの意見の相違の中で、ネクスターのCEOは、NewsNationを2023年までに「全てのニュース、トーク、意見(all-news, talk, and opinion)」チャンネルに変換するスケジュールを確認した[23]

2021年5月、ライオンズの後任として、ABCグッド・モーニング・アメリカ』のシニア・エグゼクティブ・プロデューサーであるマイケルコーンをニュースディレクターとして採用した[24]。その後、コーンはFOXニュース副社長のシェリー・グゼックを編集長に任命した[25]。同年後半、NewsNationは、ケーブルニュースのベテランであるリーランド・ビッタート英語版ダン・エイブラムス英語版がホストを務めるより多くの意見番組と、元ABCニュースのプレゼンターであるエイドリアン・バンケルトがホストを務める朝の番組を初放送した[26]

高精細配信システム[編集]

NewsNation HDは、NewsNationの高解像度同時放送配信システムで、1080iで利用可能な番組を放送し、全番組はHD放送で利用可能である。標準解像度信号は、プロバイダーのヘッドエンドでHD信号からダウンスケールされる。

脚注[編集]

  1. ^ Cable Briefs” (1978年12月18日). 2017年10月4日閲覧。
  2. ^ WGN America profile”. TheCab.tv (2012年). 2021年11月3日閲覧。
  3. ^ “WGN America Announces Anchor Teams and Correspondents for Prime-Time National Newscast "news Nation" Launching September 1” (プレスリリース), ネクスター・メディア・グループ英語版, (2020年6月2日), https://wgnamerica.com/wp-content/uploads/2020/06/News-Nation_Anchor-Press-Release.pdf 
  4. ^ a b WGN America will change its name to NewsNation, moving to compete with CNN, Fox, MSNBC” (英語). Los Angeles Times (2021年1月25日). 2021年1月25日閲覧。
  5. ^ Andrew Bucholtz (2018年9月10日). “Nielsen coverage estimates for September see gains at ESPN networks, NBCSN, and NBA TV, drops at MLBN and NFLN (Cable Network Coverage Area Household Universe Estimates: September 2018)”. Awful Announcing. NESNデジタル英語版. 2018年9月20日閲覧。
  6. ^ Superstation breakthrough”. p. 25 (1976年10月30日). 2018年9月26日閲覧。Superstation breakthrough”. Broadcasting Publications Inc.. p. 26 (1978年10月30日). 2019年4月29日閲覧。
  7. ^ SSS tangles with RCA over transponder for WGN-TV”. p. 30 (1978年11月6日). 2019年4月29日閲覧。
  8. ^ Robert Feder (2014年12月15日). “WGN America comes home to Chicago”. Chicago Tribune. http://www.robertfeder.com/2014/12/15/wgn-america-comes-home-to-chicago/ 2015年1月11日閲覧。 
  9. ^ Kent Gibbons (2014年12月16日). “WGN America Converts to Cable in Five Markets”. Broadcasting & Cable. http://www.broadcastingcable.com/news/programming/wgn-america-converts-cable-five-markets/136444 2015年1月11日閲覧。 
  10. ^ The Making of NewsNation | NewsNation Now – YouTube”. www.youtube.com. 2020年8月31日閲覧。
  11. ^ “Which Way Does Your News Lean? – Media Bias”. カレッジ・オブ・ザ・メインランド英語版 (Texas City, Texas). (2020年12月2日). https://libguides.com.edu/c.php?g=649909&p=4556556 2021年1月3日閲覧。 
  12. ^ Jon Lafayette (2020年12月1日). “Nexstar's WGN America Gets YouTube TV Carriage”. Future US, Inc.. 2021年1月28日閲覧。
  13. ^ “Nexstar's Cable Network, WGN America, Reaches First-Ever Carriage Agreement With fuboTV” (プレスリリース), Nexstar Media Group, (2020年12月11日), https://www.businesswire.com/news/home/20201211005553/en/Nexstar's-Cable-Network-WGN-America-Reaches-First-Ever-Carriage-Agreement-With-fuboTV 2021年1月28日閲覧。 
  14. ^ Dade Hayes (2020年12月18日). “Hulu And Top Station Group Nexstar Set Carriage Deal For ABC Affiliates, Cable Network WGN America”. Deadline Hollywood. Penske Media Corporation. 2021年1月28日閲覧。
  15. ^ Dade Hayes (2020年12月24日). “Dish Network And Nexstar Resolve Carriage Impasse, Restoring Local Stations And WGN America”. Deadline Hollywood. Penske Media Corporation. 2021年1月28日閲覧。
  16. ^ Jon Lafayette (2021年1月14日). “Nexstar Reaches WGNA Carriage Deal with Vidgo”. Future US Inc.. 2021年1月28日閲覧。
  17. ^ Dade Hayes (2019年9月20日). “WGN America Path, Food Network Stake Enter Spotlight After Nexstar-Tribune Deal”. Deadline Hollywood. Penske Media Corporation. 2021年1月28日閲覧。
  18. ^ Robert Channick (2021年1月25日). “Chicago cable network WGN America changing its name to NewsNation, going all-in on news”. Chicago Tribune. https://www.chicagotribune.com/business/ct-biz-wgn-cable-newsnation-name-change-20210125-ufqsqaueqvgq7d2l57gujozhsu-story.html 
  19. ^ Dade Hayes (2021年1月25日). “WGN America To Rebrand As NewsNation, Expanding Nightly Programming”. Deadline Hollywood. Penske Media Corporation. 2021年11月4日閲覧。
  20. ^ Cynthia Littleton (2020年1月15日). “Nexstar to Launch National Primetime Newscast on WGN America”. Variety. https://variety.com/2020/tv/news/wgn-america-news-nation-primetime-1203467801/ 2020年1月16日閲覧。 
  21. ^ Robertson, Katie (2021年3月7日). “Journalists Rebel at NewsNation, a Newcomer in Cable News” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2021/03/07/business/media/newsnation-cable-news.html 2021年3月9日閲覧。 
  22. ^ Channick, Robert. “Jennifer Lyons, VP of news at NewsNation, quits struggling Chicago-based cable news network”. chicagotribune.com. 2021年3月14日閲覧。
  23. ^ Littleton, Cynthia (2021年3月10日). “Nexstar's NewsNation Faces Turmoil, Staff Departures Amid Conservative Bias Concerns” (英語). Variety. 2021年3月16日閲覧。
  24. ^ Nexstar hires former ABC News exec Michael Corn to run NewsNation – Robert Feder”. www.robertfeder.com. 2021年7月21日閲覧。
  25. ^ Veteran news executive Cherie Grzech joins NewsNation as VP of news, managing editor” (英語). NewsNation Now (2021年6月21日). 2021年7月21日閲覧。
  26. ^ NewsNation expands with Dan Abrams talk show and 'Morning in America' – Robert Feder”. www.robertfeder.com. 2021年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]