New Associationist Movement

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

New Associationist Movementは、日本発の、資本国家への対抗運動。2000年柄谷行人の提唱によって結成され、2003年1月に解散した[1]。提唱者の柄谷本人によると、『共産党宣言』後2年で解散した初代共産党のケースと同じく、解散後は固有名詞ではなくなり、一般名詞(文字通り、”新しいアソシエーショニストの運動”)になったという[2]。略称はNAM

概要[編集]

原理[編集]

運動は大きな二つの柱からなる。

  1. 内在的運動:『資本論』から柄谷が得た「資本が増殖する際に一度は売る立場に立たなくてはならず、そのとき、消費者としての労働者は主体的に振舞える」という考えに基づき、不買運動ボイコット)を中心とした資本への対抗運動を展開してゆく。
  2. 超出的運動:非資本制企業(協同組合)を創出してゆく。

手法[編集]

  1. 「中心はあってはならないが、なくてはならない」というアンチノミーを乗り越えるために、代表者をくじ引きで決める。
  2. 「貨幣はあってはならないが、なくてはならない」というアンチノミーを乗り越えるために、地域通貨を開発し、メンバー内の各種サービスへの決済手段として用いる。

組織構成[編集]

メンバーは、関心系(福祉教育革命史など)、地域系(初期は、東京と大阪)、階層系(初期は、学生と非学生)の三つに属さなくてはいけない。

沿革[編集]

2000年に結成。

2001年アメリカ同時多発テロが勃発。この事件にどう対応するかをめぐって、従来型の左翼運動タイプや漸進派らの間に対立が生じ、柄谷が解散を決定した[3]


2003年1月に解散。解散理由または失敗理由について柄谷は、「本来この運動はアソシエーションのアソシエーションであり、運動開始に先行して幾つかのアソシエーションが存在していなければならなかったが、NAM自体が個人からなる一つのアソシエーションに過ぎなかった」[4]「ファンクラブを集めてしまった」[5]などと語っている。

評価[編集]

  • 山形浩生は、この組織の地域通貨について「ポモの偉い文芸批評家が貨幣論などを書いていても、お金について何も分かっていなかった」といい、この組織の失敗を「他山と石とすべし」と痛罵した[6]。山形は、「アソシエーションって、あの柄谷行人が教祖様をやってたNAMとかいう宗教団体もそうだったでしょ? 見事に内ゲバ起こしてつぶれてる」とも評している[7]
  • 池田信夫は、「革命ごっこ(NAM)の失敗」」と評している[8]

関連人物[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『近代文学の終り』所収 浅田彰大澤真幸らのシンポジウム
  2. ^ 参考文献『政治と思想』第二部第二章
  3. ^ 参考文献「政治と思想」第一部 小嵐九八郎によるインタビュー
  4. ^ 参考文献「政治と思想」
  5. ^ 参考文献「近代文学の終り」同上シンポジウム
  6. ^ 関心空間 山形の投稿[1]
  7. ^ 研修資料の余白に:『はだかの王様の経済学』は戦慄すべき本である”. 2016年8月22日閲覧。
  8. ^ 世界史の構造”. 2016年8月22日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]