Netpbm

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Netpbm
開発元 Bryan Henderson
最新版 10.40 / 2007年9月26日
プログラミング言語 C, Perl, Unix Shell
対応OS Cross-platform
ライセンス various, believed to be DFSG free
公式サイト netpbm.sourceforge.net
テンプレートを表示

Netpbm は画像を扱うプログラムライブラリの、オープンソースのパッケージであり、おもにUnixプラットフォームで多く用いられている。移植性の高いパッケージで、多くの種類のUNIXプラットフォーム、WindowsMac OS XVMSAmiga OSや、Unix-likeなオープンソースなOSで動作するよう開発されている。

ファイル形式とプログラム[編集]

Netpbmでは、netpbm format と呼ぶ画像形式を定義している。これには複数の画像フォーマットが含まれている。

Netpbmパッケージには220以上のプログラムが含まれている。そのうちの多くは名前に "pbm"、"pgm"、"ppm"、"pam"、"pnm" が付いている。たとえば pamscaleは画像を10%縮小するプログラム、pamcompは画像を重ねて合成するプログラム、pbmtextは文字列を画像にするプログラム、pnmquantは画像中の色数を減らすプログラムである。

Netpbmパッケージでは、たとえばPBM形式を.bmpに変換するときになどに、変換プログラムを連続させて使うことができる。

pgmtoppm "#FFFFFF" somepic.pbm  > somepic.ppm
ppmtobmp somepic.ppm > somepic.bmp

この例は以下のようにすれば、 パイプを使えば、コマンド入力の回数を減らし、途中で作られているsomepic.ppmファイルを作らずに済ませることができる。

pgmtoppm "#FFFFFF" somepic.pbm | ppmtobmp > somepic.bmp

Netpbmのプログラムは、マイナーな画像フォーマットのファイルを変換するときによく使われる。たとえばX11のダンプ画像の形式 (XWD形式) を直接MacintoshPICT形式に変換するプログラムはないが、Netpbmのxwdtopnmppmtopictを続けて使えば変換できる (PNM形式を出力するプログラムはPBM、PGM、PPMのいずれかを出力する。またPNMを読み込むプログラムはそのどの形式も読み込める)。

開発の経緯[編集]

白黒二値のビットマップ画像のデータ形式であるPBM形式は、プレーンテキストとして電子メールで受送信でき、ASCIIコードが廃れた後でも使える画像フォーマットを開発する目的で、1980年代Jef Poskanzerが考案した。

PBM形式の画像を扱うツールを開発するために、Pbmplusというライブラリが開発された。これはPBM提案者のJef Poskanzerによるもので、1988年にリリースされた。続いて彼はPGM形式およびPPM形式を提唱し、それを扱うために拡張したPbmplusをリリースした。Pbmplusは1991年12月10日までリリースが続いた。

1993年に、そのときにはすでに開発が止まっていたPbmplusの代替となるライブラリとしてNetpbmが開発された。これはPbmplusに世界各地から寄せられた修正案を適用し、まとめ直したものであった。その後1995年にまた開発が中断したが、1999年からは現在のメンテナBryan Hendersonが開発を引き継いでいる。

Netpbmという名前は、インターネットを通じて多くのプログラマたち共同作業を行っていたことからついたものである (NetBSDNethackも同様にしてついた名前である)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]