Neo4j

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Neo4j
Neo4j-2015-logo.png
開発元 Neo Technology
初版 2007年(9年前) (2007[1]
最新版

3.0.5 / 2016年9月9日(2か月前) (2016-09-09

2.3.7 / 2016年8月31日(2か月前) (2016-08-31[2]
プログラミング言語 Java
対応OS Cross-platform
種別 グラフデータベース
ライセンス 二重ライセンス: GPLv3 及び AGPLv3 / 商用
公式サイト neo4j.org
テンプレートを表示

Neo4jJavaで実装された、 オープンソースの最も人気のあるグラフデータベースである。[3][4][5] Ver1.0は2010年2月に公開された。[6] コミュニティ版のライセンスGNU General Public Licenseであり、 オンラインバックアップなどの追加モジュールは、Affero General Public Licenseである。また、共に商用ライセンスの利用も可能である。[7] 開発元のNeo Technology社はマルメサンフランシスコ・ベイエリアに拠点を置いている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tweet from core developer on initial release date
  2. ^ Neo4j Release Notes
  3. ^ Todd Hoff (2009年6月13日). “Neo4j - a Graph Database that Kicks Buttox”. High Scalability. Possibility Outpost. 2010年2月17日閲覧。
  4. ^ Gavin Terrill (2008年6月5日). “Neo4j - an Embedded, Network Database”. InfoQ. C4Media Inc. 2010年2月17日閲覧。
  5. ^ DB-Engines Ranking of Graph DBMS”. DB-Engines (2013年1月11日). 2013年1月11日閲覧。
  6. ^ The top 10 ways to get to know Neo4j”. Neo4j Blog (2010年2月16日). 2010年2月17日閲覧。
  7. ^ Emil Eifrem (2011年4月13日). “Graph Databases, Licensing and MySQL”. 2011年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]