Neat's ワンダープラネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Neat's ワンダープラネット
新津由衣スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
オルタナティヴ
インディー・ロック
ポップ
レーベル SLIDE SUNSET
プロデュース CHRYSANTHEMUM BRIDGE
チャート最高順位
新津由衣 アルバム 年表
MOA
2014年
Neat's ワンダープラネット
(2018年)
まるとさんかく
2019年
『Neat's ワンダープラネット』収録のシングル
  1. 「月世界レター 〜Letter via the Moon〜」
    リリース: 2018年11月23日
テンプレートを表示

Neat's ワンダープラネット』(ニーツ・ワンダープラネット)は、日本シンガーソングライター新津由衣2018年7月11日にSLIDE SUNSETから発売した1枚目のオリジナルアルバム

内容[編集]

前作『MOA』から約4年ぶり、名義を新津由衣に改名後、初のオリジナルアルバム。今作からは一般流通での発売で、CHRYSANTHEMUM BRIDGEが設立したレーベル・SLIDE SUNSETからの第1弾アルバムでもある[1]

2015年にCHRYSANTHEMUM BRIDGEの保本真吾に出会い、3年の制作期間を経て完成された。このインターバルについて新津は「楽曲制作にも時間はかかったが、それ以上に自分の精神面が変化したことに一番、3年という時間の意味を感じている」と語っている[2]

タイトルはCHRYSANTHEMUM BRIDGEの石川淳に「ワンダープラネットって、今生きているこの世界のことだよね」と言われた新津が、「自分と相手の間にワンダーを見つけられるか、見つけられないか。それによってただの地球になるかワンダープラネットになるかが決まるし、決めるのは自分」と考えたことに由来している引用エラー: 冒頭の <ref> タグは正しくない形式であるか、不適切な名前です

ジャケットは牧野惇が手掛けており、ミニ由衣がジャイアント由衣の頭の中に入ろうとしている様子を描いたものとなっている。当初は私の頭の中を描いたファンタジーな側面と、新津由衣の人間性というドキュメント的な側面のどちらを前面に出すか迷っていたが、結果として両方のバランスを上手く表現したものになっている引用エラー: 冒頭の <ref> タグは正しくない形式であるか、不適切な名前です

収録曲[編集]

  1. Overture
  2. FLAG
  3. ワンダープラネット
    今作のリード曲。
  4. 愛のレクイエム
  5. Bye-Bye-Bee-By-Boo
  6. Unite
  7. フローズン・ネバーランド
  8. スイム・イン・ザ・ワンダー
  9. 月世界レター
  10. ホップチューン
  11. BIG BANG!

参加ミュージシャン[編集]

Additional Musician

タイアップ[編集]

脚注[編集]