Native development Kit

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Native development Kit (NDK) はネイティブAPIにもとづいたソフトウェアをプラットフォーム (コンピューティング)に仮想マシンに比べて直接的に開発できるようにするソフトウェア開発キット[1] 通常仮想マシン上でソフトを作った方がNDKに比べて容易だが、NDKを使うことのメリットは、開発者により多くのオプションを認め、また高いパフォーマンスを生むことができる点にある。[1]


外部リンク[編集]

  1. ^ a b Marin Perez. “Google Android Gets Native Development Kit”. InformationWeek. 2009年6月26日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]