NSPIXP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NSPIXP(エヌエスピーアイエックスピー、英語: Network Service Provider Internet eXchange Point)とは、WIDEプロジェクトによって運営されているインターネットエクスチェンジ(IX)。

概要[編集]

2007年3月現在、以下のIXが稼動している。

  • dix-ie(旧NSPIXP2)
  • NSPIXP-3
  • NSPIXP-6

NSPIXPは、日本の学術ネットワークと商用インターネットサービスプロバイダ(ISP)などを繋ぐ、相互接続の問題を研究するためのプロジェクトとして発足し、その実用化実験の接続点として構築された。実証的な研究を行うため、実際にネットワークを相互に接続するためのポイントを用意し、このポイントを用いて研究を行うことにした。

歴史的背景としては1993年にTWICSインターネットイニシアティブ(IIJ)が個人向けインターネット接続サービスを開始し、翌年の1994年にはNIFTY-Serve@niftyの前身)、PC-VANBIGLOBEの前身)、ASAHIネットアスキーネット日経MIXなど、従来パソコン通信を手がけていた事業者のインターネット接続が相次いだ。この1994年にNSPIXP-1が日本で初めてのIXとして東京(神田神保町岩波書店本社ビル内)に設置され、拡張の為1996年にNSPIXP-2が同じく東京(KDDI大手町ビル内)に設置され、翌年にはトラフィック緩和とバックアップ的な意味としてNSPIXP-3が大阪に設置された。

当時、急激に増加しつつあったWIDEとSINET間のパケットのボトルネックであり「渋滞の名所」のように言われることもあった。

その後1999年にNSPIXP-6が日本初のIPv6対応IXとして開設された。

2003年にはNSPIXP-2が、トラフィック緩和及びテロ・災害等への対策の為、都内6ヶ所に拠点を置く分散型IXとして再構築され、dix-iedistributed ix in edo、でぃくしー)と改名された。

歴史[編集]

NSPIXP-1[編集]

1994年3月に、東京・神田神保町にある岩波書店地下、「WIDEプロジェクトネットワークオペレーションセンター」(WIDE Network Operation Center - TOKYO、WNOC-TYO)に開設され、接続速度は最大1.5Mbpsであった。当初ルーターを用いたレイヤー3相互接続モデルにて接続を行っていたが、1994年10月よりイーサネットスイッチングハブ、レイヤ2相互接続モデルに従った各ネットワーク間相互接続に変更。

開設当初はNSPIXPとしていたが、その後、NSPIXP-2が開設されたため、NSPIXP-1と名称が変更された。

当時15の学術ネットワーク及びISPが参加し、対等ピアリングにより相互接続して、インターネット接続の実証検証を行っていた。1999年に運用を終了している。

主な参加団体[編集]

NSPIXP-2[編集]

1996年10月、NSPIXP-2が日本で2番目のIXとして、KDDI大手町ビル内のコロケーションスペースに設置された。

2003年3月、NSPIXP-2へのアクセスの集中化を防ぐ為、6拠点への分散拡張化を行い、dix-ie(でぃくしー)と改称した。

NSPIXP-3[編集]

1997年10月、NSPIXP-3が大阪に設置された。東京以外に拠点を持つIXはこれが日本初である。

NSPIXP2のバックアップ的な位置づけとして、大阪のケーブル&ワイヤレスIDC(現・ソフトバンクIDC、阪神ダイヤビル3F)と大阪メディアポート(難波ビル又は湊町MTビル8F)に初の分散型IXとして設置された。

2001年NTTテレパーク堂島第1ビル2FにあるNTT西日本のハウジング内に拡張し、3箇所目となるNOCを追加して、Cisco Catalyst4003を用いて、3箇所に分散したIXとなった。

dix-ie[編集]

2003年3月、NSPIXP-2へのアクセスの集中化を防ぐ為、6拠点への分散拡張化を行い、NSPIXP-2をdix-ie(でぃくしー、Distributed IX in EDO)と改称した。

WIDEプロジェクトは負荷分散やテロ・災害時のリスク分散の為、KDDI大手町ビル、レベルスリー・コミュニケーションズ(虎ノ門)、MCIワールドコム・ジャパン(六本木)、三菱電機情報ネットワーク(品川)、NTTコミュニケーションズ(大手町)、東京通信ネットワーク(豊洲)を光ファイバーで相互に接続し、NSPIXP-2の分散拡張化を行なった。この6拠点間はギガビットイーサネットの多重技術で、4Gbps~8Gbpsの帯域で相互接続した。また、IPv6での利用も可能とし、IPv6用のインターネット相互接続ポイントとして実験運用を開始した。

接続場所[編集]

  • KDDI株式会社
    • 東京都千代田区大手町 KDDI大手町ビル
  • アバヴネットジャパン株式会社(現・ソフトバンクIDC) / グローバルソリューション株式会社(現・丸紅アクセスソリューションズ、ヴェクタント
    • 東京都中央区日本橋 ComSpace
  • MCIワールドコム・ジャパン株式会社(現・ベライゾンジャパン)
    • 東京都中央区 ワールドコム新川データセンター
  • 三菱電機情報ネットワーク株式会社
    • 東京都品川区 NFパークビル
  • NTTコミュニケーションズ株式会社
    • 東京都千代田区 NTTコム大手町ビル
  • 株式会社パワードコム(現・KDDI)

NSPIXP-6[編集]

1999年にNSPIXP-6が日本初のIPv6対応IXとして東京に開設された。6bone(シックスボーン)と接続されていた。

WIDEプロジェクト, インターネットイニシアティブ(IIJ), ドリーム・トレイン・インターネット(DTI), インターネット総合研究所(IRI), JENS(現・ソフトバンクテレコム), NTTコミュニケーションズ, インテック, M6とファストイーサネットにて接続。 SINET(サイネット、学術情報ネットワーク)とも接続されている。

外部リンク[編集]