この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

NGT48

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NGT48劇場から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

NGT48
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2015年 -
レーベル アリオラジャパン
(2017年 - )
事務所 AKS
共同作業者 秋元康
AKB48グループ
公式サイト ngt48.jp
メンバー メンバーを参照
旧メンバー 元メンバーを参照

NGT48(エヌジーティー フォーティーエイト)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本女性アイドルグループAKB48グループを構成するグループのひとつである。運営会社および所属事務所はAKS。所属レーベルはアリオラジャパンソニー・ミュージックレーベルズ)。

目次

概要

AKB48を含めて日本国内外にあるAKB48の姉妹グループ(AKB48グループ)の7組目(日本国内5組目)[注 1]として2015年に結成され[1]、同年8月21日に新潟市歴史博物館(みなとぴあ)でお披露目された[2][3]新潟市中央区万代にある『ラブラ2』4階に、専用劇場『NGT48劇場』が2016年1月10日にオープンした[4]。2017年4月12日に、ソニー・ミュージックレーベルズアリオラジャパンレーベルよりシングル「青春時計」でメジャーデビューし[5]Billboard JAPANの「Hot 100」および「Top Singles Sales」の各チャート[6]オリコン週間チャートなどで第1位を獲得している[7]

グループ名のNGTは、劇場所在地である新潟市および新潟県新潟NIIGATA)に由来する[8]

世間では札幌沖縄に新グループが誕生するのではないかとの噂があり[9]、プロデューサーである秋元康すら最初にスタッフから新潟の新グループ発足について聞いたときには驚いたという[10]。関係者によれば、新潟にAKB48グループの誘致を働きかけたのは、NGT48劇場が入居するラブラ2を運営する三井不動産と地元のバス事業者である新潟交通だという[11]。物販だけでは地域活性化に限界があり、「体験型」活性化策が必要だとして若者や30 - 40代の客層が見込め、新潟への経済効果が期待できるNGT48劇場の誘致が進められたという[11]。背景には秋元康の「日本海側にもAKB48グループを」という思惑もあった[12]

グループ立ち上げ時のメンバー26名の平均年齢は16.7歳と、日本国内で活動している姉妹グループと比較して若干高かった[2][13][注 2]

NGT48結成まで姉妹グループ(SDN48を除く)が採用してきたグループ名から1文字ずつ取ったチーム制を導入して、チームNIII[注 3]が結成され、その後チームGが結成された。2019年4月11日にチーム制の廃止と同年4月21日にチームNIII、チームGの千秋楽公演を行うことが発表された[17]。メンバーは2019年7月1日時点で、一期生16名、研究生18名の計34名である[18]

グループのロゴマークは、県鳥の朱鷺をイメージしており、 の背景に の「NGT48」の文字と背景の右と下に赤いエッジを配したものが使用されている[19]。初代劇場支配人の今村悦朗によると、新潟を訪れた際に見た新幹線に描かれていた朱鷺の印象からこのカラーに決定した[19]。白は新潟の雪景色、赤は情熱もイメージしている[19]

特徴

NGT48はAKB48結成から10年目、日本国内ではHKT48以来4年ぶりとなる新しいAKB48グループの発足とあり、AKB48グループのノウハウを最初から取り入れた[12]。これまでのAKB48グループはオーディションで選出された1期生のみで活動を開始してきたが[注 4]、最初からグループでの経験が豊富な北原と柏木を所属させることで、メンバー視点でのゼロからのグループづくりに力が入れられた[12]

地域性

NGT48は「地域密着・地元貢献」をテーマに掲げており[20]、新潟県のイベントに積極的に参加したり、地元企業とのタイアップや、地元メディアでの露出などを活発に行っている[21]。例として新潟市の移住促進動画や県産米のPR活動、地元企業とコラボしたメンバー考案商品の発売が挙げられ、こういった活動を通して地域活性化に積極的に参画している[22]。結成から1年たたずに県や新潟市、地元大手企業等が相次ぎNGT48を広告に起用しており、上武大学教授の田中秀臣は「グループが拠点とする他の都市と比べても、新潟ほどAKBグループに力を注いでいる地域はない。異例だ」と指摘し、このような背景には「人口減が進む中で、地元の活性化につながるという期待感の表れだ」と分析した[23]。これまでの姉妹グループと異なり、(大都市圏ではない)地方都市を拠点としているNGT48は「地方創生」の点に重きが置かれ[24]、同じく地方都市を拠点とする姉妹グループ・STU48にも同様の効果が期待されているという[22]

NGT48は結成からデビューまでの期間が1年8か月で、AKB48グループの中で最も長い時間を要した[25]。そこには従来のAKB48グループとは異なる課題があった[26]。最大の障壁となったのは「人口」で、NGT48の活動拠点である新潟市の人口は約80万人で、AKB48グループが人口100万人未満の都市に設立されたのは初めてであった[26]。そのため、どれだけの基礎票を獲得できるのかが未知数であったという[26]。新潟は芸能活動を行うための環境も整備されておらず、地域的に芸能学校もないため[26]、劇場支配人・今村悦朗は劇場開設の準備をするかたわらで、特に新潟県外出身メンバーを受け入れてくれる学校を探すところから始めたという[27]。このような課題の中で打ち出されたのが「地元密着」という方針だった[26]。現地企業や行政などと、他の姉妹グループ以上に地域との濃い関係性を築き、新潟全体を応援団にしようと考え、今村は「AKB48グループとは何か、自分たちが協力することで何ができるかを関係各所へゼロから説明して歩いた」といい[26]、結果的には50の企業や団体がNGT48への協力に声を上げた[28]。さらには、スタッフも地元出身者で固めたという[26]

秋元康は、姉妹グループの増加によりグループの1期生に人気が集まるという傾向が表立ったため、NGT48には新しいタイプの応募者が多く現れ、全国から応募者が集まると予想していて[10]、実際に新潟県外からの応募が7割を超え[14]、結果的にメンバーとなった新潟県出身者は半数以下の12名で、地元出身者の比率は低かった[29]。なお、新潟県出身のメンバーは“自分が住む町の出身メンバーに共感を抱かせる”という目的で、出身市町村名まで公表している[14]。第1期生オーディションの選考においては東北北陸など意識的に東日本の出身者を中心に構成しており[注 5]、今村によれば「『東日本』のグループとして幅広い地域から共感を得ることを期待している」[14]

後述の事件の影響により2019年以降は地元企業や自治体からの支援が次々と打ち切られ[30]、NHK新潟や新潟日報では事件の検証報道、問題点の指摘が行われている[30]

AKB48や他の姉妹グループとの比較

  • 他の姉妹グループは、各劇場が所在する地域名[注 6]がグループ名の由来になっているが、NGT48は県名・市名が由来となっている[8]
  • 当初より「AKB48 Now on Google+」のプロジェクトに参加していない。

略歴

2015年

2016年

2017年

  • 1月17日、NGT48単独としては初となる地上波冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』(テレビ新潟)が放送開始[57]
  • 1月20日、TOKYO DOME CITY HALLで初めての単独コンサート『NGT48 1周年記念コンサートin TDC 〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜』を開催[58]
  • 1月21日・22日に開催された、AKB48グループの楽曲からファン投票によるセットリストで構成されるライブイベント『AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト100 2017』でNGT48初のオリジナル曲である「Maxとき315号」が第1位となった[59]
  • 3月14日、国立代々木競技場第一体育館で行われた『COUNT DOWN TV GIRLS FES supported by dヒッツ / dポイント』において、メジャーデビューシングル表題曲「青春時計」が初披露された[60]
  • 4月12日、アリオラジャパンよりメジャーデビューシングル「青春時計」を発売[58]。楽曲のセンターポジションは中井りかが務めた[5]
  • 6月1日に発表された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』の速報結果において、1位の荻野、5位の本間、7位の高倉萌香などが高順位に位置づけ、NGT48からは100位までに11名がランクイン[61]。6月17日に開票イベントが沖縄県豊見城市で開催され、NGT48からは選抜メンバーの荻野(5位)、北原(10位)、本間(13位)をはじめ、80位までに10名がランクインした[62]
  • 7月2日、チームNIIIの3rd公演『誇りの丘』初日公演が行われる[63]
  • 8月21日、お披露目2周年の記念ライブが新潟市歴史博物館で開催され、そのステージ上でキャプテンの北原がNGT48からの卒業を発表した[64]
  • 12月6日、2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」を発売[65]

2018年

  • 1月8日に「1時間で押された最多手形ペイント」(「Most contributions to a handprint painting in one hour」)、翌9日に「100 個のおにぎりを作る最速時間」(「Fastest time to make 100 rice balls (team)」)をそれぞれNGT48メンバーがおこない、ともにギネス世界記録に認定された[66]
  • 1月19日・20日に開催された『AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2018』において、「世界はどこまで青空なのか?」が1位となり、2年連続でNGT48の楽曲がリクエストアワーで1位を獲得したほか、NGT48名義でエントリーしていた楽曲がすべてランクインした[67]
  • 2月25日、「誇りの丘」公演の昼公演において、第3回AKB48グループドラフト会議でチームNIIIに指名された5名がお披露目された[68]
  • 4月11日、3rdシングル「春はどこから来るのか?」を発売[69]
  • 4月13日、新潟では初となる単独コンサート『NGT48単独コンサート〜朱鷺は来た!新潟から全国へ!〜』が朱鷺メッセで開催された[70]。同公演では1期研究生の昇格、および「組閣」と称したチーム再編、またそれに伴うチームGの発足が発表された[71]
  • 6月12日、NGT48劇場において2期生16名がお披露目された[72]
  • 7月1日、NGT48劇場においてチームG 1st公演『逆上がり』初日公演が行われ、キャプテンとして本間日陽、副キャプテンとして山口真帆が就任した[73]

2019年

  • 1月9日、メンバーの山口真帆が1か月前に自宅の玄関先で男2人に暴行を受けるトラブルがあったことが明らかになり[74]、これに対して、1月10日にNGT48を運営するAKSがNGT48 Official Site上で本件に関するコメントを発表した[75]
  • 1月10日、新潟市のNGT48劇場で、『「NGT48劇場三周年記念スペシャル」公演 〜石の上にも三年!私達はここからなのだ!〜』が行われた。
  • 1月12日、新潟市中央区の万代島多目的広場で、「新潟開港150周年×NGT48劇場3周年記念イベント〜いいよ今日は!思いっきり遊んじゃえ祭り〜」が行われた。
  • 1月14日、人事異動により今村悦朗が劇場支配人を退任し、後任としてSKE48の運営スタッフから早川麻依子の就任と、副支配人として岡田剛の就任を発表[76]
  • 3月15日、テレビ新潟『NGT48のにいがったフレンド!』の放送終了が番組サイトで伝えられ、地上波レギュラー番組が消滅[77]。レギュラーラジオ4番組も3月末までに終了、および休止を発表しており冠番組すべてが終了、休止することとなった[78]
  • 4月17日に、4月21日のチーム千秋楽公演をもってNGT48の正規メンバーにおけるチーム制を廃止し、1期生と研究生に分かれて活動することが発表される[17]。また同日の公演を以って柏木由紀が兼任解除となった[79]
  • 4月27日、『AKB48グループ 春のLIVEフェス in 横浜スタジアム』に参加。山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈が卒業宣言した日以来の公の場で公演を行った[80]
  • 5月21日、メンバーの加藤美南がSNSに不適切な投稿を行ったとして研究生への降格処分、ならびにNGT48全メンバーのSNSの運用を一時的に停止することが発表された[81]
  • 6月5日、新潟県内で9月に開催予定の国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭のスペシャルサポーター降板を県が発表[82]
  • 7月31日、運用を停止していたSNSによるメンバーの発信を8月1日より順次再開することを発表[83][84]
  • 8月3日、東京・お台場で行われた「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」に出演。7か月ぶりの外部のイベントへの出演で、実質的な活動再開となった[85]
  • 8月18日、NGT48劇場で通常公演を8か月ぶりに再開[86]

メンバー

チーム体制の推移
NIII G
初代チームNIII
2018年組閣体制(2018年6月30日・7月1日 - 2019年4月21日)[注 9]
加藤チームNIII チームG
2019年チーム制廃止(2019年5月1日 - )

一期生

名前 よみ 生年月日 加入期 昇格日 所属事務所 備考 総選挙
最高
順位
荻野由佳 おぎの ゆか (1999-02-16) 1999年2月16日(20歳) 00ドラフト2期 - ホリプロ 元チームNIII(初代・加藤)
元チームNIII副キャプテン
第2回ドラフト会議 2位指名
バイトAKB
元AKB48仮研究生(15期)
04位
小熊倫実 おぐま つぐみ (2002-12-15) 2002年12月15日(16歳) 01期 - AKS 元チームNIII(初代)
元チームG
69位
角ゆりあ かど ゆりあ (2000-06-22) 2000年6月22日(19歳) 01期 2018年07月01日 AKS 元チームG 77位
日下部愛菜 くさかべ あいな (2002-02-06) 2002年2月6日(17歳) 01期 2018年07月01日 AKS 元チームG
元バイトAKB
-
佐藤杏樹 さとう あんじゅ (2001-11-05) 2001年11月5日(17歳) 01期 - AKS 元チームNIII(初代・加藤) -
清司麗菜 せいじ れいな (2001-04-19) 2001年4月19日(18歳) 01期 2018年06月30日 AKS 元チームNIII(加藤)
元バイトAKB
-
高倉萌香 たかくら もえか (2001-04-23) 2001年4月23日(18歳) 01期 - AKS 元チームNIII(初代・加藤) 25位
太野彩香 たの あやか (1997-07-20) 1997年7月20日(22歳) 01期 - AKS 元チームNIII(初代・加藤) 53位
中井りか なかい りか (1997-08-23) 1997年8月23日(21歳) 01期 - 太田プロダクション 元チームNIII(初代)
元チームG
23位
中村歩加 なかむら あゆか (1998-07-28) 1998年7月28日(21歳) 01期 2018年07月01日 AKS 元チームG
インセントイデア)所属[87]
64位
奈良未遥 なら みはる (1998-03-20) 1998年3月20日(21歳) 01期 2018年07月01日 AKS 元チームG 21位
西潟茉莉奈 にしがた まりな (1995-10-16) 1995年10月16日(23歳) 00ドラフト2期 - AKS 元チームNIII(初代・加藤)
第2回ドラフト会議 1位指名
元バイトAKB
NGT48最年長
24位
西村菜那子 にしむら ななこ (1997-08-11) 1997年8月11日(22歳) 01期 2018年06月30日 AKS 元チームNIII(加藤) 43位
本間日陽 ほんま ひなた (1999-11-10) 1999年11月10日(19歳) 01期 - AKS 元チームNIII(初代)
元チームG
元チームGキャプテン[73]
出演を参照
13位
村雲颯香 むらくも ふうか (1997-07-05) 1997年7月5日(22歳) 01期 - AKS 2019年9月1日卒業予定[88][89][90]
元チームNIII(初代)
元チームG
出演を参照
-
山田野絵 やまだ のえ (1999-10-07) 1999年10月7日(19歳) 01期 - AKS 元チームNIII(初代・加藤) 91位

研究生

名前 よみ 生年月日 加入期 所属事務所 備考 総選挙
最高
順位
安藤千伽奈 あんどう ちかな (2001-01-13) 2001年1月13日(18歳) 02_ドラフト3期 AKS 元チームNIII(初代・加藤)ドラフト研究生
第3回ドラフト会議 チームNIII 4位指名
-
大塚七海 おおつか ななみ (2000-11-07) 2000年11月7日(18歳) 02期 AKS -
小越春花 おごえ はるか (2004-06-26) 2004年6月26日(15歳) 02期 AKS -
加藤美南 かとう みなみ (1999-01-15) 1999年1月15日(20歳) 01期 AKS 元チームNIII(初代・加藤)
元チームNIIIキャプテン
2019年5月21日降格[91]
30位
川越紗彩 かわごえ さあや (2000-10-14) 2000年10月14日(18歳) 02期 AKS -
小見山沙空 こみやま さら (2004-07-27) 2004年7月27日(15歳) 02期 AKS -
佐藤海里 さとう かいり (2000-08-05) 2000年8月5日(19歳) 02_ドラフト3期 AKS 元チームNIII(初代・加藤)ドラフト研究生
第3回ドラフト会議 チームNIII 2位指名
-
曽我部優芽 そがべ ゆめ (2002-03-16) 2002年3月16日(17歳) 02期 AKS -
高橋七実 たかはし ななみ (2001-07-07) 2001年7月7日(18歳) 02_ドラフト3期 AKS 元チームNIII(初代・加藤)ドラフト研究生
第3回ドラフト会議 チームNIII 3位指名
-
對馬優菜子 つしま ゆなこ (2001-08-20) 2001年8月20日(18歳) 02_ドラフト3期 AKS 元チームNIII(初代・加藤)ドラフト研究生
第3回ドラフト会議 チームNIII 1位指名
-
寺田陽菜 てらだ ひな (2004-03-13) 2004年3月13日(15歳) 02期 AKS -
富永夢有 とみなが ゆう (2002-07-16) 2002年7月16日(17歳) 02期 AKS -
藤崎未夢 ふじさき みゆ (2000-11-17) 2000年11月17日(18歳) 02_ドラフト3期 AKS 元チームNIII(初代・加藤)ドラフト研究生
第3回ドラフト会議 チームNIII 5位指名
-
古澤愛 ふるさわ まな (2000-10-01) 2000年10月1日(18歳) 02期 AKS -
古舘葵 ふるたて あおい (2004-08-10) 2004年8月10日(15歳) 02期 AKS NGT48最年少 -
真下華穂 ましも かほ (1999-11-08) 1999年11月8日(19歳) 02期 AKS -
三村妃乃 みむら ひの (2002-06-15) 2002年6月15日(17歳) 02期 AKS -
諸橋姫向 もろはし ひなた (2003-01-04) 2003年1月4日(16歳) 02期 AKS -

元メンバー

元正規メンバー

名前 よみ 生年月日 加入期 最終
所属
最終在籍日 現所属事務所 備考 総選挙
最高
順位
北原里英 きたはら りえ (1991-06-24) 1991年6月24日(28歳) - NIII 2018年4月30日
[64][92][93]
太田プロダクション 元NGT48キャプテン
元チームNIIIキャプテン
元AKB48チームA(初代)
元AKB48チームB(柏木)
元AKB48チームK(大島・横山)
元SKE48チームS(初代)兼任
10位
宮島亜弥 みやじま あや (1997-11-27) 1997年11月27日(21歳) 1期 NIII 2018年8月7日[94] - 元チームNIII(加藤) 70位
髙橋真生 たかはし まう (2001-06-03) 2001年6月3日(18歳) 1期 NIII 2018年10月6日[95] - 元チームNIII(加藤) -
柏木由紀 かしわぎ ゆき (1991-07-15) 1991年7月15日(28歳) - NIII 2019年4月21日[79]
ワタナベエンターテインメント AKB48チームBより兼任
元チームNIII(初代・加藤)兼任
元NMB48チームN(山本〈第1次〉)兼任
02位
菅原りこ すがはら りこ (2000-11-23) 2000年11月23日(18歳) 1期 一期生 2019年5月19日[96] エイベックス・マネジメント 元チームNIII(初代)
元チームG
-
長谷川玲奈 はせがわ れな (2001-03-15) 2001年3月15日(18歳) 1期 一期生 クロコダイル 元チームNIII(初代)
元チームG
77位
山口真帆 やまぐち まほ (1995-09-17) 1995年9月17日(23歳) 1期 一期生 研音 元チームNIII(初代)
元チームG副キャプテン[73]
53位

元研究生

名前 よみ 生年月日 加入期 最終在籍日 現所属事務所 備考
水澤彩佳 みずさわ あやか (1994-11-05) 1994年11月5日(24歳) 1期 2017年3月31日[97] - 保育士資格・幼稚園教諭免許保有[98]
大滝友梨亜 おおたき ゆりあ (1995-04-21) 1995年4月21日(24歳) 1期 2017年10月31日[99][100] NEW BRiGHT PRODUCTION -
羽切瑠菜 はぎり るな (1999-11-29) 1999年11月29日(19歳) 2期 2019年3月10日[101] - 辞退
山崎美里衣 やまざき みりい (2000-11-21) 2000年11月21日(18歳) 2期 2019年6月12日[102] - 辞退
高沢朋花 たかざわ ともか (2003-06-01) 2003年6月1日(16歳) 2期 2019年6月30日[103][104] - 辞退
渡邉歩咲 わたなべ あゆさ (2001-03-09) 2001年3月9日(18歳) 2期 - 辞退

歴代キャプテン

NGT48キャプテン

  1. 北原里英(2015年 - 2018年4月18日)

チームNIIIキャプテン

  1. 北原里英(2016年5月15日 - 2018年4月18日)
  2. 加藤美南(2018年6月30日 - 2019年4月21日)

チームNIII副キャプテン

  1. 荻野由佳(2016年5月15日 - 2019年4月21日)
    • 2016年5月15日 - 2018年6月29日
    • 2018年6月30日 - 2019年4月21日:組閣体制

チームGキャプテン

  1. 本間日陽(2018年7月1日 - 2019年4月21日)

チームG副キャプテン

  1. 山口真帆(2018年7月1日 - 2019年4月21日)

グループ編成

メンバー構成推移

これまで2度のメンバーオーディションと合同開催のAKB48グループ ドラフト会議を2回実施し、AKB48との兼任・移籍を除くメンバーはこれらのオーディションを経て加入している。

メンバー構成推移年表
日時 出来事 増減 人数 加入期別
人数変動
2015年
3月26日 AKB48チームK 北原里英の移籍(暫定兼任)
およびAKB48チームB柏木由紀の兼任発表
+2 2
5月24日 ドラフト2期生 加入発表 +2 4 ドラフト2期生2人
8月21日 第1期生 お披露目 +22 26 1期生22人
8月27日 北原里英 AKB48から完全移籍(暫定兼任解消) 26
2016年 合計 チーム別 加入期別
人数変動
NIII
1月10日 劇場オープン、同時にチームNIII結成 26 16 16 10
2017年 NIII 加入期別
人数変動
3月31日 研究生 水澤彩佳 卒業 -1 25 16 16 9 1期生22人→21人
10月31日 研究生 大滝友梨亜 卒業 -1 24 16 16 8 1期生21人→20人
2018年 NIII G 加入期別
人数変動
2月25日 ドラフト3期生 お披露目 +5 29 16 16 13 ドラフト3期生5人
4月13日 研究生 角ゆりあ・日下部愛菜・清司麗菜・髙橋真生・
中村歩加・奈良未遥・西村菜那子・宮島亜弥 昇格発表
29 16 16 13
4月30日 チームNIII 北原里英 卒業[93] -1 28 15 15 13
6月12日 第2期生 お披露目 +16 44 15 15 29 2期生16人
6月30日 -
7月1日
新チーム体制に再編
チームG結成(7月1日)
44 23 12 11 21
8月7日 チームNIII 宮島亜弥 卒業 -1 43 22 11 11 21 1期生20人→19人
10月6日 チームNIII 髙橋真生 卒業 -1 42 21 10 11 21 1期生19人→18人
2019年 NIII G 一期 加入期別
人数変動
3月10日 研究生 羽切瑠菜 活動辞退 -1 41 21 10 11 20 2期生16人→15人
4月21日 チームNIII 柏木由紀 兼任解除 -1 40 20 9 11 20
5月1日 チーム制度取りやめ 40 20 20 20
5月19日 一期生 菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業 -3 37 17 17 20 1期生18人→15人
5月21日 一期生 加藤美南 研究生降格 37 16 16 21
6月12日 研究生 山崎美里衣 活動辞退 -1 36 16 16 20 2期生15人→14人
6月30日 研究生 高沢朋花・渡邉歩咲 活動辞退 -2 34 16 16 18 2期生14人→12人

研究生から正規メンバーへの昇格者

発表日 配属日 氏名 加入時期 昇格先 備考
2018年
4月13日 6月30日 清司麗菜 1期 NIII 1期生 最初で最後の昇格者。
宮島は2018年8月7日、髙橋は2018年10月6日卒業。
髙橋真生
西村菜那子
宮島亜弥
7月1日 角ゆりあ G
日下部愛菜
中村歩加
奈良未遥

旧チーム体制

各メンバーの当該チームでの活動期間については#メンバー構成推移を、キャプテン・副キャプテンの在任期間は#歴代キャプテンを参照。

  • 太字:結成時のメンバー
  • ■:チーム活動期間中にグループの活動を終了(卒業)したメンバー
  • (C):チームキャプテン
  • (V):チーム副キャプテン
旧体制
(2016年1月10日 - 2018年6月)
初代チームNIII
  • 荻野由佳 (V)
  • 小熊倫実
  • 柏木由紀
  • 加藤美南
  • 北原里英 (C) ■
  • 佐藤杏樹
  • 菅原りこ
  • 高倉萌香
  • 太野彩香
  • 中井りか
  • 西潟茉莉奈
  • 長谷川玲奈
  • 本間日陽
  • 村雲颯香
  • 山口真帆
  • 山田野絵
2018年組閣体制
(2018年7月 - 2019年4月21日)[注 9]
加藤チームNIII チームG
  • 荻野由佳 (V)
  • 柏木由紀
  • 加藤美南 (C)
  • 佐藤杏樹
  • 清司麗菜
  • 高倉萌香
  • 髙橋真生 ■
  • 太野彩香
  • 西潟茉莉奈
  • 西村菜那子
  • 宮島亜弥 ■
  • 山田野絵
  • 小熊倫実
  • 角ゆりあ
  • 日下部愛菜
  • 菅原りこ
  • 中井りか
  • 中村歩加
  • 奈良未遥
  • 長谷川玲奈
  • 本間日陽 (C)
  • 村雲颯香
  • 山口真帆 (V)

チーム再編

組閣

NGT48初のチーム再編であり、チームGの発足が発表された[105]。チームNIIIドラフト研究生は据え置きとなった。

  • 発表:2018年4月13日『NGT48単独コンサート〜朱鷺は来た!新潟から全国へ!〜』
  • 施行:2018年6月30日 - 7月1日
新所属
新チームNIII チームG 卒業
旧所属 チームNIII 荻野由佳(副キャプテン)
柏木由紀
加藤美南(キャプテン)
佐藤杏樹
高倉萌香
太野彩香
西潟茉莉奈
山田野絵
小熊倫実
菅原りこ
中井りか
長谷川玲奈
本間日陽
村雲颯香
山口真帆
北原里英
研究生 清司麗菜
高橋真生
西村菜那子
宮島亜弥
角ゆりあ
日下部愛菜
中村歩加
奈良未遥

ユニット

中二病Forever

中二病Forever(ちゅうにびょうフォーエバー)は、加入時に中学2年生(2001年度生)であったメンバーで構成される「公式?ユニット」[106]

  • 日下部愛菜、佐藤杏樹、清司麗菜、高倉萌香、髙橋真生

中井りかとロス・インディオス

中井りか と ロス・インディオスは、中井りかとコーラスグループ「ロス・インディオス」のコラボレーションである。2ndシングルカップリング曲「抱いてやっちゃ桜木町」を歌唱[107]

2ki

2ki(ニキ)は、『AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会』に出場した2期生によるユニットであり、準優勝により楽曲の制作が決定した[108]

  • 大塚七海、小越春花、川越紗彩、小見山沙空、曽我部優芽、高沢朋花、寺田陽菜、富永夢有、羽切瑠菜、古澤愛、古舘葵、真下華穂、三村妃乃、諸橋姫向、山崎美里衣、渡邉歩咲

オーディション

  • 合格者のうち太字となっているのは2019年7月1日現在、在籍しているメンバー。

第1期生オーディション

募集要項
  • 応募資格:合格後日常的にNGT48劇場に通うことが出来る、2015年5月18日時点で11歳から23歳位までのプロダクションに所属していない女性[109][110]
  • 応募期間:2015年4月10日 - 5月18日[19]
  • 一次審査 - 書類選考:応募総数5,850名[111]
  • 二次審査 - 面接(2015年7月11日):参加者181名[111]
  • 三次最終審査 - 実技(ダンス・歌唱)(2015年7月25日):参加者74名 → 合格者22名[112]

三次最終審査には二次審査通過者に加え、過去のAKB48グループオーディション最終審査落選者や元バイトAKBメンバーなど、最終審査参加資格保有者も参加した[113]

合格者
大滝友梨亜、小熊倫実加藤美南角ゆりあ日下部愛菜佐藤杏樹、菅原りこ、清司麗菜高倉萌香、髙橋真生、太野彩香中井りか中村歩加奈良未遥西村菜那子、長谷川玲奈、本間日陽、水澤彩佳、宮島亜弥、村雲颯香、山口真帆、山田野絵
合格倍率
約266倍[29]
主な不合格者
土路生優里(STU48[114]藤崎未夢[115](ドラフト3期生)

第2期生オーディション

新潟市のIターン事業「新潟市移住プロモーション」とのコラボレーションにより、新潟市の支援を受けて実施された。自治体と連携したオーディションはAKB48グループ初の試みである[116]
募集要項[116]
  • 応募資格:経験不問。合格した時点でNGT48として専属契約ができ、日常的にNGT48劇場に通うことができる、2018年2月28日時点で12歳から22歳までのプロダクションに所属していない女性。
  • 応募期間:2018年2月1日 - 2月28日
  • 1次審査 - 書類:応募総数4,100名[117]
  • 2次審査 - 面接(2018年4月7日):参加者131名[117]
  • SHOWROOM部門(2018年4月16日17時00分 - 4月25日19時59分)[118]
  • 最終審査 - ダンス・歌唱(2018年4月28日):参加者53名 → 合格者19名[117] → 16名(3名辞退)
合格者
大塚七海小越春花川越紗彩小見山沙空曽我部優芽、高沢朋花、寺田陽菜富永夢有、羽切瑠菜、古澤愛古舘葵真下華穂三村妃乃諸橋姫向、山崎美里衣、渡邉歩咲

AKB48グループ ドラフト会議

第2回

当初NGT48はドラフト会議に参加する予定はなかったが、第1期生オーディション期間中に参加が緊急決定した[119]。2015年5月10日、第2回ドラフト会議開催[120]。最終候補者47名中被指名者24名、うちNGT48から2名が指名された[120]。2015年5月24日加入発表[121]

指名を受けた候補者(数字は指名順位)[120]
NGT48:西潟茉莉奈(1)、荻野由佳(2)
特記すべき指名漏れ候補者(のちにNGT48加入)
日下部愛菜(1期生)、清司麗菜(1期生)、西村菜那子(1期生)

第3回

2018年1月21日、ドラフト会議開催。最終候補者68名中被指名者55名、うちNGT48から5名が指名された[122]

指名を受けた候補者(数字は指名順位)
チームNIII:對馬優菜子(1)、佐藤海里(2)、高橋七実(3)、安藤千伽奈(4)、藤崎未夢(5)
特記すべき指名漏れ候補者(のちにNGT48加入)
曽我部優芽(2期生)、真下華穂(2期生)、三村妃乃(2期生)

暴行被害事件

山口真帆暴行被害事件
場所 日本の旗 日本 新潟県
標的 山口真帆
日付 2018年(平成30年)12月8日
概要 男性ファン2名が山口真帆に暴行を加えた
負傷者 山口真帆
犯人 男性ファン2名
容疑 暴行罪
対処 逮捕(不起訴)
管轄 新潟県警察
テンプレートを表示

山口真帆暴行被害事件(やまぐちまほぼうこうひがいじけん)は、2018年平成30年)12月8日NGT48のメンバー山口真帆に、新潟県の自宅で男性ファン2名が暴行を加えた事件である。

概要

2019年1月9日、山口真帆が自宅玄関先で男2人から暴行を受けていたことをNHKが報じた[123][74]。前日の8日に、山口が動画配信サービス「SHOWROOM」で被害を告白したことによる[124]

1月10日にNGT48劇場で行われた公演に山口も出演し、「この度はお騒がせして誠に申し訳ありません」などと謝罪をした[125]。NGT48の運営会社であるAKSは、1月11日の新潟日報の取材に対して、現時点で新たに調査結果を発表する予定はなく、ファンへの説明や会見なども考えていない旨の回答をした[126]

山口は、Twitterの投稿でグループのメンバーが自宅の場所を教え、またあるメンバーが自宅に押しかけるようにそそのかしたことを明かしていたが、この点に関して運営側はコメントを出していない[127]。また、オートロックのマンションに犯人が侵入できた理由も明らかになっておらず、山口は「メンバーが住んでいた向かいの部屋から男が出てきた」とも主張していた[128]

14日、AKSが会見し、「警察の捜査状況を鑑みていた」として対応が遅れたことを謝罪。第三者委員会を設置して調査することを表明した[129]。22日、AKSは調査結果を受けて新潟市で記者会見を開いた[130][131]

事件発覚とその後の経緯

2018年12月8日、NGT48のメンバーの山口真帆が、自宅玄関先で男2人に顔をつかまれるなどの暴行を受けた[123]。2019年1月9日、NHKが新潟県警察などへの取材を基に報じた[123]。また、犯人の男2人は暴行容疑で逮捕され、後日、不起訴になり釈放されたことも明らかになった[123]。NHKの報道前日の8日に、山口が動画配信サービス「SHOWROOM」で泣きながら被害を告白していて、他のメンバーが犯人に対して、山口の自宅住所など個人情報を伝えていたことや、運営サイドが事件後1か月間にわたり対処や関与メンバーの処分をしてくれなかったと主張していた[124]。その後もTwitterで「恋愛しないで真面目にアイドルやってたことが悪いの?ファンと繋がらなかったことが悪いの?[132]」「多くのファンを裏切って繋がってる人が正しいの?なんでそれを許すか分からない[132]」などとコメントを残していた。

1月10日にNGT48劇場で行われた『「NGT48劇場三周年記念スペシャル」公演 〜石の上にも三年!私達はここからなのだ!〜』に山口も出演し、「この度はお騒がせして誠に申し訳ありません」などと謝罪[125]、これに対しては、元NGT48キャプテンの北原里英がTwitterで謝罪の必要性に違和感を示した[125]。同日にNGT48が属するAKB48グループのプロデューサー・秋元康もビジネス関連の授賞式で公の場に姿を現したが、本事件に関して言及しなかった[133]。12日、「新潟開港150周年×NGT48劇場3周年記念イベント 〜いいよ今日は!思いっきり遊んじゃえ祭り〜」を予定通り開催。NGT48メンバーのうち、柏木由紀を除く全員が参加予定となっていたが、山口、10日の公演を体調不良のため途中退席した太野彩香、菅原りこの3名は、体調不良を理由に休演した[134]。また同イベントにはNGT48劇場支配人の今村悦朗も姿を現さず、ファンのみならず世間からも事件の全容説明を求める声が上がっていた[76]。5月5日にパシフィコ横浜で開かれたAKB48グループの握手会に事件発覚以降では初めて山口が参加した。本来はファンとの直接交流の場ではあるが、厳重な警備態勢のもと、山口については会話のみで「握手なし」という異例の握手会となった[135]

4月21日のチームG「逆上がり」公演の千秋楽公演において、長谷川玲奈菅原りこの2人がNGT48から卒業することを発表した[136][137]。NGT48劇場で101日ぶりに出演した山口は、アンコールの後「(事務所社長に)会社を攻撃する加害者」と言われていたことを明かし[138]、「今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません」と卒業を発表した[139][140]。5月18日には、NGT48劇場で『「太陽は何度でも」公演〜菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演〜』が開催された。卒業公演に出演したメンバーは、日下部愛菜・小熊倫実・角ゆりあ・高沢朋花・高橋七実・村雲颯香・渡邉歩咲の7人のみだった[141]

AKSの対応

1月10日の新潟日報によると、AKSは「担当者が不在でお答えできない」と回答した[142]

1月10日の公演の終了後に、AKSがNGT48の公式サイト上で本件に関するコメントを発表。グループ内のメンバーが、山口の帰宅時間を犯人に教えていたことを認めた[75]

1月11日の新潟日報の取材に対してAKSは、「現時点で新たに調査結果を発表する予定はない。劇場支配人によるファンへの説明や会見なども考えていない」と回答した[126]

1月14日、AKSが会見し、「警察の捜査状況を鑑みていた」として対応が遅れたことを謝罪。第三者委員会を設置して調査することを表明した[143]。今回の事件発覚のきっかけとなった山口のTwitterでの告発で、ファンとの繋がりがあるメンバーの関与が指摘されていたことに関しては、「風紀について我々は大変気にしてる」と乱れがあったことについては言及した[144]

3月21日、第三者委員会の調査報告書が公表され、「事件そのものにNGT48のメンバーが関与した事実はなかった」との判断が示された[145]。3月18日付の報告書では、以下のことを示した:[146]

  • 今回の事件とは直接関係が無いが、メンバーは私的にファンとのつながりがあった。特定のファンを優遇する行為は不適切である。
  • 組織運営に問題があり、事前に明確な基準を示さなかった組織に不備があったことから、スタッフ・メンバーともに不問にする。
  • 今後同様な問題が起きた場合には余分を検討していく。
  • 管理体制の強化、安全対策、特定のファンとのつながり発生の阻止等を徹底する。
  • 暴行を行った被疑者らに対し、法的措置を検討する。

3月22日、AKSは調査結果を受けて新潟市で記者会見を開いたが[130][147]、この会見中に、山口が「うそばかり」など、反論をTwitterで投稿し[130]、会見ではこの投稿を踏まえた質問が飛んだ[148]

また、この記者会見で早川麻依子は、「他のメンバーから、今回この報告書を見て、この件を受けて活動を辞めたいと、そういった申し出、考えを伝えられたメンバーはいますか」という質問に対し、「私のところにそのような話は、今のところは来ておりません」と答弁していたが、後に卒業を発表した村雲颯香は「2月の下旬から相談をした」と話しており、記者会見で行った説明との整合性が問われている[149]

4月26日、AKSは山口に対する暴行容疑で逮捕された男性ファン2人を相手取り、「事件によりNGT48の芸能活動が休止した」として、3000万円の損害賠償を求めて新潟地裁に提訴[150]。7月10日には第1回口頭弁論が新潟地裁で開かれた[151]。被告側は弁護士を含め欠席したが、請求の棄却を求めており、争う構えを示した[152]。次回は9月20日に進行協議が行われる。

報道

5月17日、事件直後の録音データを文字起こしした内部文書が、デイリー新潮webに掲載され、山口がNGT48メンバーに“黒幕”がいるはずであると考え、犯人男性らに追求を重ねた様子が報じられた[153]

犯人の2人が、事件発生時に逮捕されたものの不起訴となり釈放されたことに関して芸能リポーターの石川敏男が「普通は所属タレントが傷つけられた責任を相手側に取らせるのが当然でしょう。しかし、不起訴処分になっているのは、事務所側の意向があって取り下げられた可能性もあります」と見解を示している[154]

国外では、アメリカのTIME[155]CNN[156]、香港の東方日報[157]、イギリスのデイリー・メール[158]などのメディアも、この事件の不可解さを報じている[159]

インターネット上ではNGT48の運営責任者であった今村の支配人辞職と運営スタッフの公式な場での謝罪を求める署名運動も起き、13日午後11時現在で5万4000人以上が賛同していた[76]

加害者が所属しているファングループが報道で「Z会」と称されていることから、1月14日、通信教育事業等を行うZ会が「一切関係ございません」と声明文を発表した[160]

影響

1月11日、同日予定していた研究生「PARTYが始まるよ 〜研究生の息吹を感じて!〜」公演と、14日に予定していたチームG「逆上がり」公演昼夜2公演の計3公演を急遽中止とした[161]。中止の理由についてAKSは「担当者が不在で答えられない」と新潟日報の取材に回答した[126]。15日には、新潟市の一正蒲鉾が消費者からの意見を受け、NGT48を起用したCMの放送見合わせを発表し[162]、その後スポンサーを降りた。新潟商工会議所は、NGT48を起用した「新潟港開港150周年記念スペシャルムービー」の動画を非公開にし、ローソンも「NGT48×ローソン おいしいパンをつくり隊キャンペーン」のウェブページにて、メンバーが出演している動画を非公開とした[163]。地元紙「新潟日報」は同月16日付けコラム「座標軸」で「これがAKB48グループのやり方か」とグループ運営の姿勢を批判した[164][165]

1月14日、AKSが、社長の吉成夏子らの名義で公式ブログを更新し、支配人である今村の退任とAKS本社取締役室付への異動、および新支配人に早川麻依子、副支配人に岡田剛を就任させる人事異動を発表[76]。3月7日には、前日に前支配人の今村と元AKB48グループ総支配人の戸賀崎智信が酒席を共にしていたことを戸賀崎がTwitterに投稿したことを受け、今村との契約解除と、同席していたAKB48劇場支配人である細井孝宏の更迭を発表した[166]

5月21日、山口真帆らの卒業公演に関するニュースについて、インスタグラムで不適切な投稿を行ったことを受け、加藤美南が研究生に降格となった[167][168]

卒業後、山口真帆は研音、長谷川玲奈はクロコダイル、菅原りこはエイベックス・マネジメントにそれぞれ所属することを発表している[169][170][171]

2019年7月25日、「2019上半期タレントネットニュースランキング」が発表され、この事件の報道の影響で、1位に山口真帆(430回)が、2位に指原莉乃(298回)がランクイン[172]

作品

以下における「最高位」の記述はオリコン週間チャート最高位[173]

シングル

リリース日 タイトル 最高位 販売形態 規格品番 形態
アリオラジャパンレーベル
1 2017年4月12日 青春時計 1位 CD+DVD BVCL-796/7 Type-A
CD+DVD BVCL-798/9 Type-B
CD+DVD BVCL-800/1 Type-C
CD BVCL-802 NGT48 CD盤
2017年4月11日 デジタル・ダウンロード Special Edition
2 2017年12月6日 世界はどこまで青空なのか? 2位 CD+DVD BVCL-847/8 Type-A
CD+DVD BVCL-849/50 Type-B
CD+DVD BVCL-851/2 Type-C
CD BVCL-853 NGT48 CD盤
2017年12月5日 デジタル・ダウンロード Special Edition
3 2018年4月11日 春はどこから来るのか? 1位 CD+DVD BVCL-875/6 Type-A
CD+DVD BVCL-877/8 Type-B
CD+DVD BVCL-879/80 Type-C
CD BVCL-881 NGT48 CD盤
2018年4月10日 デジタル・ダウンロード Special Edition
4 2018年10月3日 世界の人へ 2位 CD+DVD BVCL-907/8 Type-A
CD+DVD BVCL-909/10 Type-B
CD+DVD BVCL-911/2 Type-C
CD BVCL-913 NGT48 CD盤
2018年10月2日 デジタル・ダウンロード Special Edition
2018年10月19日 119か国世界配信

参加シングル

AKB48

  • 兼任メンバーのみが参加しているカップリング曲は記載していない。
リリース タイトル 参加曲 名義 メンバー
2015年8月26日 ハロウィン・ナイト ハロウィン・ナイト 柏木、北原
2015年12月9日 唇にBe My Baby 唇にBe My Baby 柏木、北原
365日の紙飛行機 柏木、北原
背中言葉 柏木、北原
さっきまではアイスティー 虫かご 小熊、高倉
2016年3月9日 君はメロディー 君はメロディー 柏木、北原
2016年6月1日 翼はいらない 翼はいらない 柏木、加藤、北原、高倉
2016年8月31日 LOVE TRIP/しあわせを分けなさい LOVE TRIP 柏木、北原
しあわせを分けなさい 柏木、北原
光と影の日々 柏木、加藤、北原、高倉
2016年のInvitation アップカミングガールズ 加藤
2016年11月16日 ハイテンション ハイテンション 柏木、北原、中井
ハッピーエンド レナッチーズ 中井、山口
2017年3月15日 シュートサイン シュートサイン 柏木、北原、中井
2017年5月31日 願いごとの持ち腐れ 願いごとの持ち腐れ 柏木、北原、中井
イマパラ 荻野、北原
前触れ 高倉
点滅フェロモン 加藤
2017年8月30日 #好きなんだ #好きなんだ 荻野、柏木、北原、本間
だらしない愛し方 アンダーガールズ 高倉、中井
戸惑ってためらって ネクストガールズ 西潟
自分たちの恋に限って フューチャーガールズ 山口
月の仮面 アップカミングガールズ 加藤、角、宮島
2017年11月22日 11月のアンクレット 11月のアンクレット 荻野、柏木、北原、中井
法定速度と優越感 U-17選抜 高倉、本間
2018年3月14日 ジャーバージャ ジャーバージャ 荻野、柏木、中井
2018年5月30日 Teacher Teacher Teacher Teacher 荻野、柏木、中井
君は僕の風 AKB48グループ センター試験選抜 柏木、日下部、村雲
2018年9月19日 センチメンタルトレイン センチメンタルトレイン 荻野、本間
サンダルじゃできない恋 アンダーガールズ 加藤、奈良、西潟
友達じゃないか? ネクストガールズ 中井、西村
ある日 ふいに… フューチャーガールズ 太野、中村
ひと夏の出来事 アップカミングガールズ 小熊、高倉、長谷川、山口
波が伝えるもの 第10回世界選抜総選挙記念枠 山田
“好き”のたね SHOWROOM選抜 中井、中村
百合を咲かせるか? 荻野、加藤、本間
2018年10月25日 センチメンタルトレイン 完全版 センチメンタルトレイン 完全版 荻野、本間
2018年11月28日 NO WAY MAN NO WAY MAN 荻野、柏木、中井
わかりやすくてごめん PRODUCE48選抜 山田
それでも彼女は 大人選抜2018 西潟、山口
おはようから始まる世界 U-19選抜2018 加藤、高倉、本間
最強ツインテール U-16選抜2018 小熊
夢へのプロセス AiKaBu選抜 荻野、菅原、高倉、村雲、山口
耳を塞げ! チームナイスファイト 長谷川
2019年3月13日 ジワるDAYS ジワるDAYS 荻野、柏木、中井
屋上から叫ぶ Sucheese 小熊
2019年9月18日 サステナブル サステナブル 本間
タイトル未定 48グループNEXT12 高倉、川越

配信楽曲

# リリース日 タイトル レーベル 備考
1 2017年7月24日 青春時計(豆腐メンタル Remix by tofubeats) アリオラジャパン [174]
2 2017年8月23日 青春時計(フランスパン Remix by happy machine) [175]
3 2018年12月28日 世界の人へ(happy machine Remix) [176]

オリジナル楽曲

NGT48名義でない作品の収録曲。

# リリース日 タイトル 収録作品
1 2016年3月9日 Maxとき315号 AKB48「君はメロディー
2 2016年6月1日 君はどこにいる? AKB48「翼はいらない
3 2017年3月15日 みどりと森の運動公園 AKB48「シュートサイン
4 2018年3月14日 友達でいましょう AKB48「ジャーバージャ

アルバム

アナログ盤

リリース日 タイトル 販売形態 規格品番 備考
アリオラジャパンレーベル
1 2017年9月27日 青春時計(豆腐メンタル Remix by tofubeats) アナログ盤 BVJL-27 完全生産限定盤
2 未定 世界の人へ アナログ盤 BVJL-31 完全生産限定盤

参加アルバム

AKB48

映像作品

コンサート

リリース日 タイトル 規格品番 販売形態・備考
AKSレーベル
1 2017年7月7日 NGT48 1st Anniversary[注 10] NGT-D0005 DVD
NGT-D0006 Blu-ray
2 2018年4月13日 NGT48 2nd Anniversary NGT-D0007 DVD
NGT-D0008 Blu-ray
3 2018年7月30日 北原里英卒業コンサート〜夢の1115日新潟の女になりました!〜 NGT-D0009 DVD
NGT-D0010 Blu-ray

劇場公演

リリース日 タイトル 規格品番 販売形態・備考
AKSレーベル
1 2016年6月18日 NGT48 TeamNIII 1st 「PARTYが始まるよ」
NGT48劇場グランドオープン初日公演
NGT-D0001 DVD
NGT-D0002 Blu-ray
NGT-D0003 新潟限定パッケージDVD
NGT-D0004 新潟限定パッケージBlu-ray

バラエティ

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 販売形態・備考
1 2016年12月2日 HKT48 vs NGT48 さしきた合戦 バップ VPBF-14532 DVD-BOX
VPXF-71467 Blu-ray BOX

ドラマ

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 販売形態・備考
1 2017年6月23日 ひぐらしのなく頃に カルチュア・パブリッシャーズ TCED-3594 DVD-BOX

ショートムービー

  • NGT48 研究生 ショートムービー「短い夏の、さよなら」(2018年10月3日、「世界の人へ」特典映像)[178]

ミュージック・ビデオ

タイトル 監督 収録作品・出自
2016 Maxとき315号 中村太洸 AKB48 43rdシングル「君はメロディー
2017 「みどりと森の運動公園」 中村太洸 AKB48 47thシングル「シュートサイン
青春時計 中村太洸 1stシングル「青春時計」
「出陣」 狩野比呂
「純情よろしく」 大喜多正毅
「暗闇求む」 井上哲央
「青春時計(豆腐メンタル Remix by tofubeats)」 中村太洸 配信
「青春時計(フランスパン Remix by happy machine)」 柿本健太 配信
世界はどこまで青空なのか? 山戸結希 2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」
「大人になる前に」 戸塚富士丸
「抱いてやっちゃ桜木町」 川村ケンスケ
「ナニカガイル」 上田大樹
「世界はどこまで青空なのか?(CSバージョン)」 山戸結希 CS放送
2018 「友達でいましょう」 瀬里義治 AKB48 51stシングル「ジャーバージャ
春はどこから来るのか? 小林勇貴 3rdシングル「春はどこから来るのか?」
「私のために」 高橋栄樹
「あとで」 戸塚富士丸
「Whatcha Gonna Do」 三石直和
世界の人へ 長谷井宏紀 4thシングル「世界の人へ」
「心に太陽」 戸塚富士丸
「カーテンの柄」 三石直和
「泣きべそかくまで」 佐藤英輔
「世界の人へ MUSIC EDITION」 長谷井宏紀 YoTube
「今日は負けでもいい」 児山隆 YouTube[179]
「世界の人へ(happy machine Remix)」 佐藤祐紀 YouTube[176]

タイアップ

楽曲 タイアップ 収録作品・出自
NGT48 CM:一正蒲鉾 『おせち2015年度』「一正のおせち2016 かまぼこ900年」篇[180][181] NGT48 チームNIII 1st Stage「PARTYが始まるよ」
Maxとき315号 CM:東日本旅客鉄道(JR東日本)新潟支社『TYO』「ときめき、TYO」篇[45][182]
CM:一正蒲鉾 『減塩商品』[180]
AKB48 43rdシングル「君はメロディー」
君はどこにいる? BSスカパー!ドラマ『ひぐらしのなく頃に』主題歌[183]
BSスカパー!ドラマ『ひぐらしのなく頃に 解』主題歌[184]
AKB48 44thシングル「翼はいらない」
青春時計 TBS系『COUNT DOWN TV』2017年4・5月度オープニングテーマ[185]
CM:一正蒲鉾 うな次郎「うな次郎キャラ篇」「ほとんど丑の日篇」[186]
1stシングル「青春時計」
世界はどこまで青空なのか? 日本テレビ系『スッキリ』2017年12月テーマソング[187]
CM:リイカ『AiKaBu 公式アイドル株式市場(アイカブ)』[188]
CM:ソニーミュージックレーベルズ forTUNEmusic NGT48握手会紹介SPOT[189]
CM:一正蒲鉾 うな次郎[190]
ソニーモバイルコミュニケーションズジャパン 旅する3Dフィギュアフォトコンテスト コンセプトムービー
2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」
春はどこから来るのか? 日本テレビ系『バズリズム02』2018年4月度オープニングテーマ[191]
日本テレビ系『ウチのガヤがすみません!』2018年4月度エンディングテーマ[191]
チューリップテレビ『#きとキュン♥トラベラーwith T』2018年4月度エンディングテーマ[191]
3rdシングル「春はどこから来るのか?」

公演

NGT48劇場

NGT48劇場
NGT48 THEATER
NGT48 THEATER1.jpg
情報
正式名称 NGT48劇場
完成 2016年1月
開館 2016年1月10日
開館公演 NGT48公演『PARTYが始まるよ
収容人員 295人
用途 NGT48の公演
運営 AKS
所在地 950-0088
新潟県新潟市中央区万代1丁目4-8 ラブラ2 4階
位置 北緯37度55分0.5秒 東経139度3分24.6秒 / 北緯37.916806度 東経139.056833度 / 37.916806; 139.056833座標: 北緯37度55分0.5秒 東経139度3分24.6秒 / 北緯37.916806度 東経139.056833度 / 37.916806; 139.056833
アクセス 新潟駅前より車で約2分
新潟駅万代口より徒歩約10分
新潟交通 万代シテイバス停下車、徒歩1分
外部リンク NGT48 Official Site | THEATER

NGT48劇場(エヌジーティー フォーティーエイトげきじょう、NGT48 THEATER)は、新潟市中央区万代・LoveLa 2 4階にあるNGT48の活動拠点となっている劇場[26]。2016年1月10日にオープンした[192]

収容人数は295名[192]AKB48劇場と同様に劇場内前方に大きな柱が2本あり、前方の座席以外はステージ全体を見通すことができないが、柱後方(客席側)に液晶モニタが設置されており、ステージを撮影しているカメラ映像がリアルタイムに表示されている[193][注 11]。ステージ後方には中央から左右に分割するスライド式とびらが設置されており、全面がLEDパネルになっている[194]。パネルは公演中の演出映像などに使用される[193]

入口

劇場ロビーはイメージカラーの白と赤を基調とし[195]、「女学園」をイメージしたデザインになっている[196]校門のような出入口、黒板教科書上履きの絵が描かれた下駄箱をイメージしたロッカーが設置されるなど[197]、学校らしい雰囲気が広がっている[196]。メンバーのこれまでの活動やオフショットが壁面に掲示されているほか、エントランス横に、公演への来場者が⾚いボールを⼊れ約25000個がたまると「NGT48劇場」の文字が浮き上がる仕組みが設けられている[197]。また、NGT48のグッズ販売ブースも設置しており、随時営業されている[198]

当劇場は、乃村工藝社清水建設との共同プランニングによってデザインおよび環境演出装置、設計、施工を手がけた[199]デザイナーは山田健太郎[199]。「日本空間デザイン賞2016」および「第35回ディスプレイ産業賞2016」で、ともに入選している[200]

NGT48劇場での公演

2016年1月10日より、NGT48劇場において公演を実施している[193]

チームNIII

  1. PARTYが始まるよ:2016年1月10日 - 5月15日[201]
  2. パジャマドライブ:2016年5月28日 - 2017年6月5日[49][202]
  3. 誇りの丘:2017年7月2日 - 2018年6月23日[63][203]
    • 2018年組閣体制:2018年6月30日[203] - 2019年4月21日[17]

チームG

  1. 逆上がり:2018年7月1日[73] - 2019年4月21日[17]

一期生

  1. 夢を死なせるわけにいかない:2019年8月18日 - [204]

研究生

特別公演

  • 東日本大震災復興支援特別公演〜誰かのためにプロジェクト2016〜:2016年3月11日[210]
  • 新潟県内女性学生限定特別公演(チームNIII「PARTYが始まるよ」公演):2016年5月22日[211]
  • NGT48劇場100回記念公演:2016年8月21日[56]
  • NGT48初お披露目1周年記念特別公演:2016年8月21日[56]
  • NGT48「クリスマス」公演:2016年12月25日[212][213]
  • NGT48「劇場新春公演」:2017年1月2日[214]
  • NGT48劇場オープン1周年特別記念公演:2017年1月10日 - 特別イベント『NGT48劇場1周年記念・49000人を魅了したNGT48の魂!』[215][216]
  • チームNIII「パジャマドライブ」東日本大震災復興支援公演〜誰かのためにプロジェクト2017〜:2017年3月11日[217]
  • NGT48研究生「下の名前で呼んでみて! 研究生スペシャル」公演:2017年6月12日[218]、2017年9月6日[219]
  • NGT48「2017総選挙ありがとう」公演:2017年6月20日[220]
  • NGT48「2ndシングル発売・お披露目特別公演」〜世界はどこまで青空なのか?〜:2017年12月3日[221]
  • 2018年NGT48劇場新春公演:2018年1月2日[222]
  • NGT48劇場2周年・前夜祭特別公演:2018年1月9日[223]
  • NGT48劇場2周年特別記念公演:2018年1月10日[223]
  • 北原里英 NGT48劇場 卒業公演 〜最後まで、みんなのために〜:2018年4月18日[224]
  • 福袋抽選特典「正月」公演:2019年1月2日[225]
  • 「NGT48劇場三周年記念スペシャル」公演 〜石の上にも三年!私達はここからなのだ!〜:2019年1月10日[125]
  • 「ただいま!十人十色」:2019年2月9日・11日・24日・3月14日[226]
  • NGT48 「本間日陽ソロ公演」 〜その先を照らすもの〜:2019年3月2日・8日[227]
  • 「太陽は何度でも」公演〜菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演〜:2019年5月18日

出張公演

  • NGT48チームNIII「パジャマドライブ」
  • NGT48研究生「PARTYが始まるよ・ガルベストン通り」
    • 2017年2月25日、NMB48劇場[231]
  • チームG「逆上がり」
    • 2018年10月13日、NMB48劇場[232]
  • チームNIII「誇りの丘」
    • 2018年10月14日、NMB48劇場[232]

コンサート・ライブイベント

単独コンサート

2017年

  • NGT48 1周年記念コンサートin TDC 〜Maxときめかせちゃっていいですか?〜(2017年1月20日、TOKYO DOME CITY HALL[58]

2018年

  • NGT48単独コンサート〜未来はどこまで青空なのか?〜(2018年1月13日、TOKYO DOME CITY HALL)[233]
  • NGT48単独コンサート〜朱鷺は来た!新潟から全国へ!〜(2018年4月13日、朱鷺メッセ[71]
  • 北原里英卒業コンサート〜夢の1115日 新潟の女になりました!〜(2018年4月14日、朱鷺メッセ)[234]

AKB48・AKB48グループ名義

2015年

  • 第5回 AKB48紅白対抗歌合戦(2015年12月15日、TOKYO DOME CITY HALL)[235] - 荻野・柏木・加藤・北原・高倉・太野・西潟・長谷川・本間[236]

2016年

2017年

  • AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト100 2017(2017年1月21日 - 1月22日、TOKYO DOME CITY HALL)[59]
  • こじまつり〜前夜祭〜(2017年2月21日、国立代々木競技場第一体育館[245]
  • こじまつり〜小嶋陽菜感謝祭〜(2017年2月22日、国立代々木競技場第一体育館)[246]
  • AKB48グループ感謝祭〜ランクインコンサート・ランク外コンサート〜(2017年10月8日、幕張メッセ[247]
  • 渡辺麻友卒業コンサート〜みんなの夢が叶いますように〜(2017年10月31日、さいたまスーパーアリーナ) - 荻野・柏木・北原・高倉・中井・本間[248]
  • 第7回AKB48紅白対抗歌合戦(2017年12月10日、TOKYO DOME CITY HALL)[249]

2018年

  • 法定速度と優越感 フレッシュオールスターズコンサート〜ゼロポジションの未来〜(2018年1月14日、TOKYO DOME CITY HALL)[250]
  • AKB48グループ 成人式コンサート〜大人になんかなるものか〜(2018年1月14日、TOKYO DOME CITY HALL)[250]
  • AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト100 2018(2018年1月19日 - 1月20日、TOKYO DOME CITY HALL)[67]
  • AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 〜世界のセンターは誰だ?〜 AKB48グループコンサート(2018年6月16日、ナゴヤドーム)[251]
  • AKB48グループ感謝祭〜ランクインコンサート〜(2018年8月1日・8月2日、横浜アリーナ)[252][253]
  • AKB48グループ感謝祭〜ランク外コンサート〜(2018年8月13日、市川市文化会館[254]
  • 第8回AKB48紅白対抗歌合戦(12月16日、TOKYO DOME CITY HALL)[255]

ライブイベント

出演

NGT48がグループとして出演するメディア作品を挙げる。メンバー個人での出演については各メンバーの記事を参照。

テレビドラマ

バラエティ・情報番組

特別番組

ラジオ

インターネットラジオ

朗読劇

  • リーディングシアター「恋工場」(2016年9月25日、ベルサール渋谷ガーデンCホール) - 15:00公演:荻野・北原・高倉・中井・西潟、19:30公演:加藤・山口[321]

イベント

  • NSTまつり2015(2015年9月26日、NST本社 / 万代シテイ) - 大滝・小熊・髙橋・中村・水澤[322]
  • 君に会いたかったから! NGT48全員揃えちゃいましたLIVE〜まだまだNSTまつりは終わらない〜(2015年10月3日、NST特設ステージ)[323]
  • TeNY開局35周年 てとフェス おかげさまで新潟一番20年(2015年10月11日、朱鷺メッセ) - 角・佐藤杏・菅原・太野・中村・西村・村雲[324]
  • UX ほっとほっとフェスタ(2015年11月1日、新潟市産業振興センター) - 高倉・北原・奈良・西潟・本間[325]
  • WJBLオールスター2016 in 新潟 ハーフタイムショー(2016年1月16日、長岡市シティホールプラザアオーレ長岡) - 大滝・角・日下部・清司・西村・水澤・宮島[326]
  • 北陸新幹線糸魚川駅開業1周年記念イベント(2016年3月20日、糸魚川駅アルプス口特設ステージ) - 高倉・中井・角・髙橋・宮島[327]
  • 白根大凧合戦関連イベント(2016年6月2日) - 西潟・水澤[328]
  • 食King Agakita+2016(2016年6月25日、新発田市・アイネスしばた) - 菅原・日下部・中村・奈良・宮島[329]
  • 第2回新潟競馬開催日イベント Summer馬フェス。(2016年7月30日、新潟競馬場) - 荻野・村雲・山口・中村・西村[330][331][332]
  • NSTまつり2016(2016年9月24日、NST本社 / 万代シテイ) - 小熊・北原・長谷川・角・中村[333][334]
  • NGT48劇場1周年記念 49000人を魅了したNGT48の魂!(2017年1月9日 - 10日)[注 13][213][215]
    • 劇場オープン1周年記念特別セレモニー(1月9日、万代シテイパーク)
    • NGT48劇場オープン1周年特別イベント(1月10日、NGT48劇場)
  • 南魚沼市雪まつり(2017年2月11日、南魚沼市・六日町大橋下 魚野川河川敷特設会場)加藤・佐藤杏・髙橋・西潟・宮島[335]
  • 第68回十日町雪まつり 雪上カーニバル(2017年2月18日、十日町市・城ケ丘ピュアランド特設会場)[336]
  • 現美新幹線運行開始1周年記念 出発イベント(2017年4月29日、新潟駅) - 佐藤杏・奈良[337]
  • 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ「コメリサンクスデー」(2017年4月29日、HARD OFF ECOスタジアム新潟) - 北原・長谷川・髙橋・中村・西村[338]
  • NGT48 No.1お○カ様決定戦!(2017年6月9日、NGT48劇場)[339]
  • にしおぎ合戦!(2017年6月14日、NGT48劇場)[339]
  • NSTまつり2017(2017年9月23日、NST本社 / 万代シテイ) - 加藤・菅原・西潟・清司・宮島[340]
  • アルヴェ クリスマスフェスタ2017(2017年12月24日、秋田拠点センターアルヴェ) - 荻野・清司・西村・本間・村雲[341]
  • NGT48劇場オープン2周年特別企画イベント[223]
    • 前々夜祭特別ライブ、ギネス世界記録挑戦第1弾(2018年1月8日、万代シテイパーク)
    • ギネス世界記録挑戦第2弾(2018年1月9日、NGT48劇場)
  • 第69回十日町雪まつり 雪上カーニバル(2018年2月17日、城ヶ丘ピュアランド特設会場) - 荻野・小熊・佐藤杏・菅原・太野・本間・山口・中村・奈良・西村[342]
  • NGT48祭り〜万代島編〜(2018年4月13日、万代島多目的広場)[343]
  • 第7回 東京拘置所矯正展 〜「まち」とともに〜(2018年9月29日、東京拘置所) - 中井・西村[344]
  • ドラフト3期研究生 1周年記念イベント ここがロドスだ、ここで跳べ!〜選んで頂きありがとうございます!〜(2019年2月25日、NGT48劇場)[345]

舞台

  • 博多座開場20周年記念公演「仁義なき戦い〜彼女(おんな)たちの死闘編〜」(2019年11月、博多座) - 荻野・清司・中村・西潟・西村・本間[346]

ネット配信

  • NGT48の劇場OPEN直前大晦日生放送! 来年、新潟から日本全国へと駆け抜けちゃうぞSP!(2015年12月31日、ニコニコ生放送[347]
  • NGT48 LIVE!! ON DEMAND(2016年1月10日 - 、DMM.com) - NGT48劇場での劇場公演をライブおよびアーカイブ配信[348]
  • HKT48×NGT48 食少女(2016年1月12日 - 3月29日、Hulu[349]

Web連載

  • STREET JACK デビューシングル「青春時計」発売記念!特別インタビュー(2017年4月4日 - 4月29日、BEST TIMES[350]

CM・広告

  • レジーナリュクシー
    • REGINA×NGT48 スペシャルコラボムービー(2015年10月9日 - 終了日不詳) - 高倉・太野・中井・西潟・山口[注 14]・大滝・小熊・角・日下部・佐藤杏・菅原・清司・髙橋・中村・長谷川・水澤[351]
    • REGINA×NGT48 劇場オープン直前記念! ホッとREGINAキャンペーン(2016年1月4日 - 2月21日) - 高倉・太野・中井・西潟・山口[352]
  • 一正蒲鉾
    • おせち2015年度「一正のおせち2016 かまぼこ900年」篇(2015年11月21日 - 終了、新潟・北海道地区限定) - 荻野・加藤・角・北原・日下部・高倉・西潟[180][181][353]
    • 減塩商品シリーズ(2016年7月15日 - 2019年1月15日)[180]
      • 「サラダスティック×かとみな」篇 - 加藤・北原
      • 「まめかま×おかっぱ」篇 - 高倉・北原
      • 「さつま揚×ひなたん」篇 - 本間・北原[354]
    • うなる美味しさ うな次郎
      • うな次郎キャラ篇(2017年6月16日 - 2019年1月15日) - 荻野[355]
      • ほとんど丑の日篇(2017年7月3日 - 7月26日) - 荻野・菅原・太野・長谷川・本間[355]
  • ローソン
    • NGT48いくぞ! ローソンキャンペーン(2015年11月24日 - 11月30日、新潟県限定) - 北原・中井・奈良・西潟・山田[356]
    • NGT48×ローソン お米ふっくら炊き隊キャンペーン(2016年8月23日 - 9月5日、関東・甲信越地区限定) - 北原・佐藤杏・太野・村雲[357]
    • NGT48×ローソン おいしいパンをつくり隊キャンペーン(2018年9月25日 - 10月8日、関東・甲信越地区限定) - 荻野・菅原・清司・藤崎[358]
  • 栗山米菓ばかうけ』(2015年10月8日 - 2019年1月31日) - 荻野・加藤・北原・西潟・山口(ばかうけPR大使)[37][359]
    • 「ばかうけの聖地 ばかうけ稲荷」篇(2016年6月17日 - 2019年1月31日)[360][361]
    • 「せんべい王国」篇(2016年7月15日 - 2019年1月31日)[362]
  • 第四銀行
    • 「だいしでいこう!」篇(2016年1月4日 - 2019年2月28日)「だいしでいこう!」デビューキャンペーン篇(2016年1月12日 - 6月30日) - 小熊・加藤・北原・高倉[363]
    • だいしWillink「おトクなカード」篇(2016年4月1日 - 2019年2月28日) - 中井・西潟・村雲・山口[364]
    • 「だいしでいこう!」ライフステージ篇(2018年3月1日 - 2019年2月28日) - 荻野・長谷川・本間・宮島[365]
  • 車検のコバック(2016年1月5日 - 、コバック) - 北原・水澤・山口[366][367]
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)新潟支社
  • 菊水酒造『菊水×NGT48』(2016年6月17日 - 2019年2月28日)[373]
    • グラフィックギャラリー(2016年6月17日 - 2019年2月28日) - 北原・山口・西潟・水澤・大滝[374]
    • 「日本酒のモノ・コト」篇(2016年11月19日 - 2019年2月28日) - 北原[375]
  • イオンリテール 北関東・新潟カンパニーイオン×NGT48』
    • ハッピーイオンフェスティバル(2016年7月 - 2019年3月31日) - 西潟・山口・奈良・宮島[376]
    • イオンの火曜市(2016年8月 - 2019年3月31日) - 中井・中村・西村・水澤
  • NGT48×新潟TSUTAYA 夏のトキめきキャンペーン(2016年7月15日 - 8月31日、TSUTAYA) - 新潟エリア限定[377][378]
  • 『第2回AKB48グループ チーム対抗大運動会』DVD&BD(2016年9月、AKS) - チームNIII[379]
  • らあめん花月嵐『燕三条系ラーメン旬香』(2016年10月5日 - 終了日不詳、グロービート・ジャパン) - 北原・村雲[380][381]
  • ニューメディア NCV新潟センター
    • NCVスマートテレビ(2017年2月 - ) - 加藤・本間[382]
    • NCVかいてき光(2017年7月 - ) - 山田・宮島
  • DEOBALL(デオボール) (R) 『いい汗かこうプロジェクト』(2017年4月27日 - 2019年2月28日、ロート製薬[383]
  • Xperia×NGT48「旅する3Dフィギュアフォトコンテスト」(2017年11月16日 - 2018年1月15日、ソニーモバイルコミュニケーションズジャパン / DMM.com) - 荻野・加藤・北原・長谷川・本間[384]

広報

  • 新潟県JA全農にいがた 「新潟米コシヒカリ×NGT48」スペシャルムービー(2015年10月19日 - 2019年3月31日)[385][386][387]
  • 新潟市
    • 新潟暮らしプロモーションムービー(2015年11月19日 - 2019年3月31日) - 主演:太野[388]
    • 新潟市消防団入団募集(2017年2月 - 2019年3月31日) - 本間・西村・日下部・清司[389]
    • TEAM Nii port(2017年8月 - 、新潟開港150周年記念事業実行委員会) - スペシャルクルー[390]
  • 新潟商工会議所『NGT48×新潟商工会議所』
    • NIIGATA(ここ)から始まるミライがある(2015年11月24日) - 荻野・北原・西潟[391]
    • 古町フルスマイル!(2016年6月14日) - 小熊・加藤・佐藤杏[392]
    • 新潟開港150周年スペシャルムービー(2018年1月29日) - 荻野・日下部・菅原・長谷川・山田[393]
  • 新潟市南区 PR大使
    • (2016年2月25日 - 2017年3月10日)- 加藤・水澤[394][395]
    • (2017年3月11日 - 2019年3月31日)- 加藤・中村[395]
  • 第24回参議院議員通常選挙 啓発CM「なかよくゴー!投票へ!」(2016年6月22日 - 7月10日、新潟県選挙管理委員会) - 太野・奈良[396]

各メンバーの出演

本間日陽

  • 広報
    • 「日本一の米どころから、あなたへ。」新潟の米 コシヒカリ(2017年、新潟県)[397]

村雲颯香

コラボレーション

  • NGT48×マクドナルドコラボレーションキャンペーン(2015年12月1日 - 、日本マクドナルド) - 新潟県限定でスタートし、東北関東甲信静岡に拡大[399]
  • ばかうけ(栗山米菓)
    • トキめきみるくソフト風味・ピリ辛イカちゃんマヨネーズ風味(2015年12月24日、新潟エリア限定)[359]
    • NGT48プロデュースばかうけ(2016年7月16日、新潟エリア限定)[362]
  • にっぽん烏龍500mlPET NGT48コラボラベル・玉露入りお茶600mlPET NGT48コラボラベル(2016年6月6日 - 7月、ポッカサッポロフード&ビバレッジ) - 新潟県限定[400]
  • NGT48×Tカード(2016年7月15日、TSUTAYA) - 実店舗は新潟県限定[377]
  • リアル宝探し NGT48×ラブラ万代/ラブラ2『NGT48からの挑戦!クリスマスプレゼントを探し出せ!』(2016年11月11日 - 12月18日、タカラッシュ) - 荻野・加藤・佐藤杏・宮島[401]
  • NGT48 × HELLO KITTY(2017年10月 - 、当りくじ:2018年1月26日 - 、サンリオ / ローソン / ソニー・ミュージックレーベルズ)[402]
  • NGT48×ローソン タイアップベーカリー(2018年9月25日、ローソン)[358]
  • くじっちゃお NGT48くじ〜THEATER 3rd Anniversary〜(2019年1月9日、ダブルカルチャーパートナーズ、取扱:ローソン / HMV[403]

書籍

写真集

ムック

  • 日経エンタテインメント! NGT48 Special(2017年12月19日、日経BP

カレンダー

  • 2016 NGT48 カレンダー(2015年12月、AKS JAN 4573310553833
  • NGT48 カレンダー 2017(2016年12月、AKS JAN 4573458798882

雑誌連載

  • 月刊エンタメ(2015年10月30日 - 、徳間書店)
    • NGT48のばっか好き!(2015年10月30日[405] - 2016年11月30日)
    • NGT48の部活動勧誘会(2017年4月28日 - )
  • 日経エンタテインメント!(2015年11月4日 - 、日経BP) - 「新潟発NGT48の作り方」[406]
  • THE21(2016年1月9日 - 6月10日、PHP研究所) - 「NGT48の『お仕事で大切なこと教えてください!』」[407]

受賞・認定記録

2018年

  • ギネス世界記録[66]
    • 「1時間で押された最多手形ペイント」 (Most contributions to a handprint painting in one hour)
    • 「100 個のおにぎりを作る最速時間」 (Fastest time to make 100 rice balls (team))
  • 第32回 日本ゴールドディスク大賞 - 「ニュー·アーティスト·オブ·ザ·イヤー」「ベスト5ニュー·アーティスト」[408]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 発表当時、すでに活動休止していたSDN48は除き、公式にAKB48グループのひとつとして数えられていたSNH48は含む。
  2. ^ SKE48・15.6歳[14]NMB48・14.7歳[15]HKT48・13.8歳[16]
  3. ^ 単に「N」ではNMB48の「チームN」と区別ができない上、当時正式にAKB48グループの一つであったSNH48に「チームNII」がすでに結成されていたため、「III」が追加されている。「III」はローマ数字の3。読みは「チーム エヌスリー」。
  4. ^ SDN48、SNH48を除く。
  5. ^ 西日本出身者は兼任の柏木を除けば兵庫県に1名(太野)のみである[14]
  6. ^ AKB48の「秋葉原」、SKE48の「」、NMB48の「難波」、HKT48の「博多」。かつて存在したコンセプトの異なるSDN48(サタデーナイト。土曜夜公演から)、日本国外の姉妹グループであるJKT48ジャカルタ)、BNK48バンコク)は除く。
  7. ^ 姉妹グループ・HKT48と合同の冠番組。
  8. ^ 昼は劇場公演100回記念としてチームNIII公演、夜はお披露目1周年記念として全員参加公演が行われた。
  9. ^ a b 公式サイトでは2019年4月30日までチームごとでのプロフィールを記載していた。
  10. ^ ジャケットは新潟県出身の漫画家・高橋留美子が描き下ろしたラムちゃんのイラストとなっている[177]
  11. ^ 2本の柱に関してはAKB48劇場を踏襲したわけではなく、構造上の偶然である[193]
  12. ^ a b 当面の間の休止を発表。
  13. ^ 特別公演ライブイベントの節も参照。
  14. ^ 以上のメンバーは屋外広告や公式HP等にも出演。

出典

  1. ^ a b 新潟にNGT48誕生 10・1新劇場オープン」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年1月25日。2015年8月22日閲覧。
  2. ^ a b c NGT48、初代26人が船で登場 1000人が沸く」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年8月22日。2015年8月22日閲覧。
  3. ^ a b 北原里英らNGT48初ステージ 新曲など2曲披露」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2015年8月21日。2015年8月22日閲覧。
  4. ^ a b NGT48、劇場オープン3ヶ月延期 来年1月10日に」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年9月16日。2015年9月17日閲覧。
  5. ^ a b “ファン1000人と手つなぎダンス!NGT48、メジャーデビュー曲MV公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年3月17日). http://natalie.mu/music/news/224974 2017年3月18日閲覧。 
  6. ^ “NGT48メジャー曲で1位デビュー、浅田真央ALが急上昇、ワンオクがリンキン公演に出演決定:今週の邦楽まとめニュース”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年4月22日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/50212/2 2017年4月23日閲覧。 
  7. ^ “NGT48デビュー曲「青春時計」オリコンチャート初登場1位”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年4月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/18/kiji/20170417s00041000389000c.html 2017年4月23日閲覧。 
  8. ^ a b “高橋みなみ&横山由依「NGT48」誕生の新潟を表敬訪問”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年3月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/12/kiji/K20150312009969360.html 2016年1月17日閲覧。 
  9. ^ 三杉武 (2014年9月27日). “来春にも始動する北海道の48グループ「SPR48」への尽きない期待”. エンタメNEXT (徳間書店). http://www.entamenext.com/news/detail/id=1003 2017年9月18日閲覧。 
  10. ^ a b "新潟県知事・泉田裕彦氏×作詞家・秋元康「地方創世もエンタメだ」". GQ JAPAN. コンデナスト・ジャパン. 2015-04-17. Retrieved 2017-03-11.
  11. ^ a b “ファンの地元消費期待 NGT48劇場、「ラブラ2」に決定 新潟”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年5月26日). http://www.sankei.com/region/news/150526/rgn1505260044-n1.html 2017年1月29日閲覧。 
  12. ^ a b c 瀬津真也「NGT48 10年目に誕生した新48グループ」『涙は句読点〜普通の女の子たちが国民的アイドルになるまで〜 AKB48公式10年史』日刊スポーツ新聞社、2016年3月25日、160-161頁。ISBN 9784817255921
  13. ^ “【ついに】NGT48 第1期オーディション最終合格者22名が決定!”. T-SITEニュース (TSUTAYA). (2015年7月26日). オリジナルの2016年8月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160827010823/http://top.tsite.jp/entertainment/idol/i/24746385/ 2016年6月12日閲覧。 
  14. ^ a b c d e 伊藤哲郎,高倉文紀 (2015-11-12). "人口100万未満の新潟で軌道に乗れるか NGT48". NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社,日経BP. Retrieved 2017-01-29.
  15. ^ “AKB48の姉妹グループ、NMB48のメンバー26人が初お披露目 - 平均年齢14.7歳”. マイナビニュース (マイナビ). (2010年10月10日). http://news.mynavi.jp/news/2010/10/10/006/ 2016年6月12日閲覧。 
  16. ^ “平均年齢13.8歳! AKBプロジェクト最年少グループ「HKT48」AKBファン1万5千人の前で堂々デビュー!”. エンタメOVO (共同通信社). (2011年10月24日). http://tvfan.kyodo.co.jp/music/news-music/134890 2016年6月12日閲覧。 
  17. ^ a b c d "チームNIII、チームG千秋楽のお知らせ". NGT48 Official Site. AKS. 2019-04-11. Retrieved 2019-04-25.
  18. ^ "PROFILE". NGT48 Official Site. AKS. Retrieved 2018-07-03.
    "PROFILE". NGT48 Mobile. AKS. Retrieved 2018-07-03.
  19. ^ a b c d e NGT48が1期生募集開始 キャプテン北原「新潟を盛り上げられるグループに」」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年4月10日。2015年8月22日閲覧。
  20. ^ "ご案内". NGT48オフィシャルブログ. LINE. 2015-12-19. Retrieved 2016-08-09.
  21. ^ "NGT48とは?". NGT48 Mobile. AKS. Retrieved 2016-08-09.
  22. ^ a b 佐藤亜美 (2017年3月8日). “STU48に瀬戸内期待 広島や香川など拠点、今夏始動”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13782860X00C17A3LC0000/ 2017年3月11日閲覧。 
  23. ^ “NGT48劇場開設3カ月 上武大・田中秀臣教授が分析 市場大規模化の可能性も 飲食業や観光にも好影響 「アイドルに会える県」 イメージ戦略に活用提案”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2016年4月8日). http://www.niigata-nippo.co.jp/entame/kennai/ngt48/20160408258393.html 2017年1月29日閲覧。 
  24. ^ "アイドルたちの「地方創生」". GQ JAPAN. コンデナスト・ジャパン. 2016-05-09. Retrieved 2017-03-11.
  25. ^ 渡辺彰浩 (2017年5月9日). “NGT48はAKB48グループにおける特異点? デビュー作の特典映像全メンバー分から紐解く”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2017/05/post-12281.html 2017年5月26日閲覧。 
  26. ^ a b c d e f g h "NGT48、最強の1期生にこだわる 新潟全体が応援". NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社,日経BP. 2017-05-25. Retrieved 2017-05-26.
  27. ^ 「NGT48 この街で、アイドル」『Quick Japan vol.127』、太田出版、2016年9月1日、 61頁、 ISBN 978-4778315405
  28. ^ 「NGT48 この街で、アイドル」『Quick Japan vol.127』、太田出版、2016年9月1日、 60頁、 ISBN 978-4778315405
  29. ^ a b 永田篤史 (2016年1月9日). “新潟アイドル戦争、ますます熱く NGT48が常設劇場”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASJ1851J9J18UOHB00K.html 2016年11月23日閲覧。 
  30. ^ a b "新潟県がNGT48との契約終了、地元で見限られた地方アイドルの行方は". wezzy|ウェジー (in Japanese). 2019-06-06. Retrieved 2019-06-06.
  31. ^ AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年3月26日。2015年8月22日閲覧。
  32. ^ 【AKBドラフト】ぱるる、強運発揮にAKB総立ち NGTはバイトAKBを指名」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年5月10日。2015年8月22日閲覧。
  33. ^ NGT48専用劇場 新潟市内「ラブラ2」内に決定」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年5月24日。2015年8月22日閲覧。
  34. ^ NGT48、1期生オーディション22人合格 秋元康氏「かなりの激戦」」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年7月27日。2015年8月22日閲覧。
  35. ^ “「NGT48」が「新潟ふるさと名物商品PR大使」に就任”. THE PAGE (ワードリーフ). (2015年7月30日). http://thepage.jp/detail/20150730-00000007-wordleaf 2015年8月22日閲覧。 
  36. ^ a b 永田篤史 (2015年10月2日). “新潟)ねぎっこの次の時間帯にNGT48番組 FM新潟”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASHB14HSNHB1UOHB00D.html 2015年10月5日閲覧。 
  37. ^ a b “NGT48が「ばかうけ」PR大使に、新味開発も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年10月9日). http://natalie.mu/music/news/162419 2016年7月15日閲覧。 
  38. ^ a b “「Red Velvet」、「GOT7」、「EXO」、「防弾少年団」、「B1A4」など、釜山でアジア・ソング・フェスティバル”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2015年10月11日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2015/1011/10153516.html 2015年10月11日閲覧。 
  39. ^ a b "「ココだけNGT48」NCVで放送!". NCV新潟センター. ニューメディア. Retrieved 2015-11-25.
  40. ^ a b NGT48劇場支配人、秋葉原→新潟354キロ行脚 11日間で到着なるか!?」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年12月28日。2015年12月29日閲覧。
  41. ^ “「繋げ!AKB48劇場の魂を! NGT48今村の東京→新潟 日本縦断354km行脚!」プロジェクト発足のお知らせ”. NGT Official Site (AKS). (2015年12月28日). https://ngt48.jp/news/44472 2015年12月29日閲覧。 
  42. ^ “男泣き!NGT48劇場・今村支配人、自転車で東京から11日間でゴール”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年1月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160110/akb16011005010001-n1.html 2016年1月10日閲覧。 
  43. ^ a b NGT48、柏木由紀ら16人でチームN3結成」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2016年1月10日。2016年1月11日閲覧。
  44. ^ a b 大友陽平「HKT対NGT「さしきた合戦」11日から放送開始」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2016年1月6日。2016年1月7日閲覧。
  45. ^ a b c “NGT48が春の上越新幹線CMに!東京へ旅立つ「ときめき感」瑞々しく演じる”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年3月4日). http://news.dwango.jp/2016/03/04/79971/idol/ 2016年3月4日閲覧。 
  46. ^ official_NGT48のツイート(731729938340929536)
  47. ^ NGT初公演、涙の千秋楽 荻野が副キャプテン就任」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2016年5月16日。2016年5月19日閲覧。
  48. ^ a b “稲葉友・NGT48(加藤・中井・清司・本間)ダブル主演 5/20(金)放送開始、BSスカパー!オリジナル連続ドラマ「ひぐらしのなく頃に」5/14(土)より新潟限定でTVCM放送開始! 更にNGT48メンバーの追加出演が決定!!” (プレスリリース), スカパーJSAT, (2016年5月13日), http://blogs.skyperfectv.co.jp/201605-003226.php 2016年6月16日閲覧。 
  49. ^ a b “NGT48チームNIII、セカンド『パジャマドライブ』公演開幕! 北原里英は新潟で8年越しの「純情主義」”. Deview (oricon ME). (2016年5月28日). https://deview.co.jp/News?am_news_id=3878 2016年5月29日閲覧。 
  50. ^ NGT48、地元でCDデビュー発表 北原里英&柏木由紀も感涙「長かった…」」『ORICON STYLE』oricon ME、2016年6月18日。2016年6月18日閲覧。
  51. ^ “NGT48 メジャーデビュー決定に寄せて全メンバーからコメント到着!”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年6月21日). http://news.dwango.jp/2016/06/21/94236/idol/2/ 2016年7月9日閲覧。 
  52. ^ “【AKB総選挙】NGTかとみな、グループ初のランク入り!前宙披露「本当にうれしい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年6月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160618-OHT1T50132.html 2016年8月10日閲覧。 
  53. ^ "「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」開票結果". AKB48オフィシャルブログ. 2016-06-18. Retrieved 2016-06-18.
  54. ^ “初出場NGTチームN3が優勝!CM出演権いただき”. 日刊スポーツ. (2016年8月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1690536.html 2016年8月30日閲覧。 
  55. ^ a b NGT48研究生、涙々の公演初日「夢がかなった」」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2016年8月9日。2016年8月31日閲覧。
  56. ^ a b c “「NGT48」が劇場100回公演記念&お披露目1周年記念の公演を開催!!”. Japan芸能カルチャー研究所 (IMW). (2016年8月22日). http://japan-culture-labo.com/3771 2016年8月22日閲覧。 
  57. ^ a b NGT初冠番組「にいがったフレンド」新潟の街歩く」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2017年1月2日。2017年1月17日閲覧。
  58. ^ a b c “NGT48、4・12CDデビュー 北原里英「本当のスタート」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2084820/full/ 2017年1月20日閲覧。 
  59. ^ a b “AKB48G「リクアワ」1位は『Maxとき315号』 NGT48がデビューを前に3曲トップ10入り”. GirlsNews (レゾリューション). (2017年1月22日). http://girlsnews.tv/akb/285593 2017年1月25日閲覧。 
  60. ^ a b “NGT48は新曲初披露!「CDTV FES」でゆきりん、リトグリ、あーりんら豪華7組が熱演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年3月15日). http://natalie.mu/music/news/224640 2017年3月16日閲覧。 
  61. ^ “波乱の幕開け!"苦労人"NGT荻野由佳が暫定1位に AKB48選抜総選挙の速報が発表”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2017年6月1日). https://abematimes.com/posts/2459255 2017年7月2日閲覧。 
  62. ^ “6人が初選抜、24人が初圏内、新戦力の台頭に希望が見えた『第9回AKB48選抜総選挙』”. Deview (oricon ME). (2017年6月19日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2092739 2017年7月2日閲覧。 
  63. ^ a b NGT48が新公演 北原「みんなでつくりあげた」」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2017年7月2日。2017年7月2日閲覧。
  64. ^ a b NGT北原里英が卒業発表「とても悩みました」」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2017年8月21日。2017年8月21日閲覧。
  65. ^ “NGT48荻野由佳センターシングル詳細、c/wにはリアル学生選抜やふるさとチーム曲”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年11月2日). https://natalie.mu/music/news/255256 2018年1月12日閲覧。 
  66. ^ a b “NGT48、手形&おにぎりでギネス2冠達成!劇場オープン2周年へ弾み”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年1月9日). https://natalie.mu/music/news/264492 2018年1月12日閲覧。 
  67. ^ a b “AKB48グループリクエストアワーでNGT48が連覇 2ndシングル『世界はどこまで青空なのか?』が1位に”. GirlsNews (レゾリューション). (2018年1月21日). https://girlsnews.tv/akb/306559 2018年1月30日閲覧。 
  68. ^ official_NGT48の2018年2月25日のツイート
  69. ^ “NGT48が東京に春をお届け!フリーライブやPRカーで新曲宣伝しまくる”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年4月12日). https://natalie.mu/music/news/277694 2018年4月15日閲覧。 
  70. ^ “NGT48 地元新潟で初の単独コンサート”色を探すパフォーマンス”に驚嘆と熱狂”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2018年4月14日). https://news.dwango.jp/idol/27984-1804 2018年4月14日閲覧。 
  71. ^ a b “NGT48 地元・新潟で初の単独コンサートを開催! 初の組閣で新チームNIII とチームGを発表!”. 日刊エンタメクリップ. (2018年4月14日). https://entameclip.com/news/104044 2018年4月14日閲覧。 
  72. ^ “NGT48に2期生16名が加入、加藤美南は「最強のNGT48にしていきたい!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年6月12日). https://natalie.mu/music/news/286409 2018年6月13日閲覧。 
  73. ^ a b c d “NGT48、新設チームGが初公演 キャプテン本間日陽「元気とガッツでガンガン」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2114643/full/ 2018年7月3日閲覧。 
  74. ^ a b “「NGT48」メンバーの自宅に男2人が押しかけトラブル 新潟”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2019年1月9日). オリジナルの2019年1月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190111021225/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190109/k10011772051000.html 2019年1月10日閲覧。 
  75. ^ a b 山口真帆に関する一連の報道についてのご報告.NGT48 Official Site. AKS. (2019年1月10日)
  76. ^ a b c d "NGT支配人が異動で退任、山口真帆暴行事件で責任". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2019-01-14. Retrieved 2019-01-14.
  77. ^ "NGT48 地上波レギュラー消滅". スポーツ報知. 2019-03-15. Retrieved 2019-03-16.
  78. ^ "NGT出演地元ラジオ終了 冠番組は全て終了、休止". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2019年3月31日. Retrieved 2019-04-26.
  79. ^ a b “AKB48柏木由紀、NGT48兼任解除へ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2133818/full/ 2019年4月24日閲覧。 
  80. ^ "NGT48 盛り上がり欠くチーム解散後初のステージ 山口真帆は不参加も「まほほん」コール". スポニチ. スポーツニッポン新聞社. 2019年4月27日. Retrieved 2019-04-30.
  81. ^ “NGT48 加藤美南、SNSに不適切な投稿で研究生降格処分”. Sponichi Annex. (2019年5月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/21/kiji/20190521s00041000141000c.html 2019年5月21日閲覧。 
  82. ^ “NGT、国民文化祭広報を降板へ”. ロイター日本語ニュース. 共同通信社. (2019年6月5日). オリジナルの2019年6月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190606154656/https://jp.reuters.com/article/idJP2019060501001537 2019年6月23日閲覧。 
  83. ^ NGT48 メンバーSNS再開のご案内”. NGT48 Official Site. AKS (2019年7月31日). 2019年7月31日閲覧。
  84. ^ “NGT48全メンバーSNSを8月1日より順次再開、SNS運用ルール制定による禁止事項も発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年7月31日). https://natalie.mu/music/news/341919 2019年7月31日閲覧。 
  85. ^ “NGT「TIF」出演で活動再開 荻野「受け入れていただけるよう」研究生の加藤は後列へ”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年8月3日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/03/0012574585.shtml 2019年8月18日閲覧。 
  86. ^ “NGT48が8カ月ぶりに通常公演再開”. 産経ニュース (産経デジタル). (2019年8月18日). https://www.sankei.com/affairs/news/190818/afr1908180022-n1.html 2019年8月18日閲覧。 
  87. ^ "MODELS & TALENTS 中村 歩加". INCENT GROUP Official Site. インセント. Archived from the original on 2013-08-09. Retrieved 2016-06-19.
    "JR新潟駅【新潟市】with 中村あゆか". みんなの新潟新聞. ダーウィンズ. Retrieved 2016-06-19.
  88. ^ "NGT48 村雲颯香の最終活動日に関しまして". NGT48 Offcial site. AKS. 2019-08-18. Retrieved 2019-08-18.
  89. ^ "NGT48村雲颯香、グループ卒業&芸能界引退を発表". モデルプレス (in Japanese). ネットネイティブ. 2019-07-18. Retrieved 2019-07-18.
  90. ^ "NGT48村雲颯香、異例の"全員立会い動画"で卒業、芸能界引退を発表【コメント全文】". ORICON MUSIC. 2019-07-18. Retrieved 2019-07-19.
  91. ^ “NGT加藤美南が研究生降格「私の軽率な投稿で」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年5月21日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201905210000277.html 2019年5月21日閲覧。 
  92. ^ "北原里英最終活動日のご報告". NGT48 Mobile. AKS. 2018-03-24. Retrieved 2018-03-24.
  93. ^ a b 北原里英の2018年5月1日のツイート2018年5月1日閲覧。
  94. ^ "NGT48 Team NIII 宮島亜弥の今後の活動に関しまして". NGT48 Mobile. AKS. 2018-07-04. Retrieved 2018-07-05.
  95. ^ "NGT48 Team NIII 髙橋真生の今後の活動に関しまして". NGT48 Mobile. AKS. 2018-09-05. Retrieved 2018-09-05.
  96. ^ “NGT48山口真帆に“寄り添った”長谷川玲奈&菅原りこも卒業発表 5・18合同で卒業公演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2134141/full/ 2019年4月24日閲覧。 
  97. ^ "NGT48 研究生 水澤彩佳の今後の活動に関して". NGT48 Official Site. AKS. 2017-03-24. Retrieved 2017-03-24.
    "NGT48 研究生 水澤彩佳の今後の活動に関して". NGT48 Mobile. AKS. 2017-03-24. Retrieved 2017-03-24.
  98. ^ NGT48公式アカウント 2016年3月14日のツイート
  99. ^ NGT大滝友梨亜が卒業「他のことにも挑戦したい」」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2017年9月3日。2017年9月4日閲覧。
  100. ^ "NGT48 研究生 大滝友梨亜の今後の活動に関しまして". NGT48 Mobile. AKS. 2017-10-18. Retrieved 2017-10-18.
  101. ^ "2期研究生 羽切瑠菜 活動辞退のご報告". NGT48 Mobile. AKS. 2019-03-10. Retrieved 2019-03-10.
  102. ^ “NGT48研究生・山崎美里衣が活動辞退 自分の将来考え「家族と話し合った結果、別の道を…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年6月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/04/kiji/20190604s00041000397000c.html 2019年6月4日閲覧。 
  103. ^ "NGT48研究生 高沢朋花 活動辞退のご報告". NGT48 Offcial site. AKS. 2019-06-22. Retrieved 2019-06-22.
  104. ^ "NGT48研究生 渡邉歩咲 活動辞退のご報告". NGT48 Offcial site. AKS. 2019-06-22. Retrieved 2019-06-22.
  105. ^ “NGT48初の新潟単独コンサートで組閣、2チーム体制に 北原後任は加藤美南”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年4月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2109481/full/ 2018年4月15日閲覧。 
  106. ^ “NGT48・中二病Foreverオフショット 集合編”. B.L.T.web (東京ニュース通信社). (2017年4月12日). https://bltweb.jp/2017/04/12/ngt48・中二病foreverオフショット%E3%80%80集合編/ 2018年10月10日閲覧。 
  107. ^ “NGT48中井りか、ロス・インディオス10代目女性Voに!? ムード歌謡歌唱にドキドキ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2100991/full/ 2018年10月10日閲覧。 
  108. ^ “優勝はAKB48・多田京加&HKT48・松田祐実“Fortune cherry”「AKB48じゃんけん大会」”. TV LIFE (学研プラス). (2018年9月25日). http://www.tvlife.jp/entame/189767 2018年10月10日閲覧。 
  109. ^ "NGT48 - NGT48第一期生オーディション開催". AKS. 2015. Archived from the original on 2015-04-09. Retrieved 2017-02-19.
  110. ^ “新潟に発足するAKB48姉妹グループ「NGT48」第1期生募集スタート”. Deview (oricon ME). (2015年4月10日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2051393 2015年9月24日閲覧。 
  111. ^ a b NGT第1期生オーディション2次審査に181人」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2015年7月11日。2015年9月24日閲覧。
  112. ^ NGT48、第1期生オーディション合格者決定」『モデルプレス』ネットネイティブ、2015年7月25日。2015年9月24日閲覧。
  113. ^ 秋元康氏「粒ぞろい」NGT最終選考で合格者22人」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2015年7月25日。2016年1月29日閲覧。
  114. ^ “STU48メンバーがアドバイス!”アイドルになりたい娘”に親ができること”. オールナイトニッポン.com (ニッポン放送). (2017年9月22日). http://www.allnightnippon.com/news/20170922-9366/ 2017年10月28日閲覧。 
  115. ^ 第3回AKBドラフト55人の交渉権が確定/詳細」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2018年1月21日。2018年2月25日閲覧。
  116. ^ a b “NGT48×新潟市で2期生募集 Iターン事業とコラボ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2104735/full/ 2018年1月26日閲覧。 
  117. ^ a b c “NGT48 第2期生最終オーディション合格者19名が決定”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2018年4月28日). https://news.dwango.jp/idol/28326-1804 2018年4月28日閲覧。 
  118. ^ “NGT48 第2期生オーディション SHOWROOM部門の開催が決定!4/16(月)より候補者達が個人配信を開始!” (プレスリリース), SHOWROOM株式会社, (2018年4月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000155.000026205.html 2018年4月28日閲覧。 
  119. ^ NGT48「第2回AKB48グループドラフト会議」に緊急参戦 北原里英&柏木由紀が指名へ」『モデルプレス』ネットネイティブ、2015年5月4日。2017年2月23日閲覧。
  120. ^ a b c 【AKBドラフト】ぱるる、強運発揮にAKB総立ち NGTはバイトAKBを指名」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年5月10日。2016年1月29日閲覧。
  121. ^ NGT48専用劇場 新潟市内「ラブラ2」内に決定」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年5月24日。2016年1月29日閲覧。
  122. ^ “【AKBドラフト】全チーム指名確定 ファン指名に悲喜こもごも”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2104407/full/ 2018年1月26日閲覧。 
  123. ^ a b c d “「NGT48」メンバーの自宅に男2人が押しかけトラブル 新潟”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2019年1月9日). オリジナルの2019年1月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190111021225/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190109/k10011772051000.html 2019年7月20日閲覧。 
  124. ^ a b “NGT山口真帆、公然とメンバー&運営元を批判…ずさんなグループの管理体制が物議呼ぶ”. Business Journal (サイゾー). (2019年1月10日). https://biz-journal.jp/2019/01/post_26222.html 2019年1月10日閲覧。 
  125. ^ a b c d “NGT山口真帆さん謝罪にネットで疑問の声 元キャプテンの北原里英さんも「絶対に間違ってる。もう本当に悲しい」”. BuzzFeed News (BuzzFeed Japan). (2019年1月10日). https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/ngt4820191010 2019年1月10日閲覧。 
  126. ^ a b c “支配人の説明や会見は「予定せず」 NGTメンバーへの暴行事件”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2019年1月12日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190111444066.html 2019年1月12日閲覧。 
  127. ^ “NGT48運営側、山口真帆の暴行騒動でメンバーの関連性を認める”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年1月11日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190110-OHT1T50288.html 2019年1月12日閲覧。 
  128. ^ “山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年1月12日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/12/kiji/20190111s00041000298000c.html 2019年1月12日閲覧。 
  129. ^ “NGT48・山口真帆の暴行被害騒動 運営AKSが対応遅れを謝罪”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年1月14日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190114-OHT1T50091.html 2019年1月14日閲覧。 
  130. ^ a b c "NGT山口さん、AKS会見中に反論投稿「うそばかり」". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2019年3月22日. Retrieved 2019-03-22.
  131. ^ “「謝罪を要求されました」 NGT48山口真帆と運営側の“食い違い” 会見へのリアルタイム反論でコミュニケーション不足が浮き彫りに”. ねとらぼ (ITmedia). (2019年3月22日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/22/news120.html 2019年3月24日閲覧。 
  132. ^ a b “NGT48の山口真帆さん、命の危険を訴える「殺されてたら...」男2人が自宅に押しかけ”. HUFF POST (The Huffington Post Japan). (2019年1月9日). https://www.huffingtonpost.jp/2019/01/08/maho-yamaguchi_a_23637755/ 2019年1月10日閲覧。 
  133. ^ “秋元康がNGT48・山口真帆暴行事件発覚後初の公の場も、説明はナシ”. リアルライブ. (2019年1月10日). https://npn.co.jp/article/detail/92174798/ 2019年1月12日閲覧。 
  134. ^ "NGT3周年イベント 山口真帆、太野彩香に続き、菅原りこも休演". スポニチ. スポーツニッポン新聞社. 2019-01-12. Retrieved 2019-01-12.
  135. ^ “山口真帆だけ…異例の“お話会”ファンから「まるで隔離」の声”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/06/kiji/20190505s00041000426000c.html 2019年5月6日閲覧。 
  136. ^ “NGT48チームNIII&チームG公演千秋楽で劇場支配人、柏木由紀、山口真帆らが挨拶”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年4月22日). https://natalie.mu/music/news/328920 2019年4月24日閲覧。 
  137. ^ “NGT48山口真帆に“寄り添った”長谷川玲奈&菅原りこも卒業発表 5・18合同で卒業公演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2134141/full/ 2019年4月30日閲覧。 
  138. ^ NGT卒業発表の山口真帆「会社を攻撃する加害者と言われていました」”. SANSPO.COM(サンスポ). 産経デジタル (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  139. ^ NGT48山口真帆、卒業を発表「今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません」”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  140. ^ 「黙ってた思いを言いたい」 NGT48山口さんの“卒業論文”全文”. 産経ニュース. 産経デジタル (2019年4月21日). 2019年4月21日閲覧。
  141. ^ “「NGT48」山口真帆、“3人だけ”でスタートした卒業公演 涙で秋元康が書き下ろした新曲「太陽は何度でも」披露”. ねとらぼ (ITmedia). (2019年5月18日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/18/news032.html 2019年6月23日閲覧。 
  142. ^ “NGT山口さん、男2人から暴行逮捕の男2人「話したかった」”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2019年1月10日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190109443510.html 2019年1月10日閲覧。 
  143. ^ “NGT48・山口真帆の暴行被害騒動 運営AKSが対応遅れを謝罪”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年1月14日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190114-OHT1T50091.html 2019年1月14日閲覧。 
  144. ^ “NGT暴行事件で運営責任者会見 風紀の乱れ認めた 支配人更迭、後任は前SKEマネジャー女性”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2019年1月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/15/kiji/20190114s00041000308000c.html 2019年1月16日閲覧。 
  145. ^ “NGT暴行事件 第三者委員会の調査報告書公表 「事件そのものにメンバーが関与した事実はなかった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/21/kiji/20190321s00041000237000c.html 2019年3月21日閲覧。 
  146. ^ "NGT48第三者委員会調査報告書". NGT48 Official Site. 2019-03-22. Retrieved 2019-03-22.
  147. ^ “「謝罪を要求されました」 NGT48山口真帆と運営側の“食い違い” 会見へのリアルタイム反論でコミュニケーション不足が浮き彫りに”. ねとらぼ (ITmedia). (2019年3月22日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/22/news120.html 2019年3月24日閲覧。 
  148. ^ “山口真帆、NGT運営側会見にツイートで生反撃”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月23日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190322-OHT1T50441.html 2019年3月23日閲覧。 
  149. ^ NGTの変化は「決して簡単ではない」 山口真帆に「寄り添った」村雲颯香が引退発表”. J-CASTニュース (2019年7月19日). 2019年7月29日閲覧。
  150. ^ “NGT48山口さん事件 運営会社が男性ファンらに3000万円賠償請求”. 産経ニュース (産経デジタル). (2019年7月5日). https://www.sankei.com/affairs/news/190705/afr1907050005-n1.html 2019年7月5日閲覧。 
  151. ^ “NGT運営会社に訴えられた男性ファン、争う構え 損賠訴訟の口頭弁論”. 産経ニュース (産経デジタル). (2019年7月10日). https://www.sankei.com/affairs/news/190710/afr1907100010-n1.html 2019年7月10日閲覧。 
  152. ^ “元NGT山口真帆暴行容疑巡る訴訟 傍聴席3・2倍”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年7月10日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201907100000437.html 2019年7月10日閲覧。 
  153. ^ 週刊新潮WEB取材班 (2019年5月17日). “NGT「山口真帆」問題、事件直後の録音データ入手、犯人との生々しいやり取りを再現”. デイリー新潮. 2019年7月25日閲覧。
  154. ^ “「NGTの対応は不可解」山口真帆さん暴行被害“告発”で識者から疑問の声”. AERA dot. (朝日新聞社). (2019年1月10日). https://dot.asahi.com/dot/2019011000070.html?page=1 2019年1月11日閲覧。 
  155. ^ A J-Pop Star Apologized for 'Causing Trouble' After Speaking Out on Her Alleged Assault - Time 2019年1月15日
  156. ^ Why a pop idol's stand against her assault sparked outrage in Japan - CNN 2019年1月17日
  157. ^ 憔悴現身NGT48騷 山口真帆為遇襲事件道歉 - on.cc東網 2019年1月10日
  158. ^ Japanese pop star apologises to fans... after SHE 'was attacked by two men' who have been arrested for assault - Daily Mail Online 2019年1月10日
  159. ^ “NGT山口事件「なぜ被害者が謝罪?」 海外メディアも「不可解さに疑問」の声が続々”. J CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2019年1月12日). https://www.j-cast.com/2019/01/12347886.html?p=all 2019年1月12日閲覧。 
  160. ^ “NGT騒動で風評被害 Z会が異例の声明発表「一切関係ございません」”. スポーツニッポン. (2019年1月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/15/kiji/20190115s00041000042000c.html 2019年1月15日閲覧。 
  161. ^ "「NGT48」 劇場3公演急きょ中止を発表「ご迷惑をおかけします」". スポニチ. スポーツニッポン新聞社. 2019-01-11. Retrieved 2019-01-12.
  162. ^ “一正蒲鉾がNGT出演CM見合わせ「ご意見を第一」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年1月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201901150000334.html 2019年1月15日閲覧。 
  163. ^ “NGT事件の意外な影響”. リアルライブ. (2019年1月16日). https://npn.co.jp/article/detail/05431331/ 2019年1月16日閲覧。 
  164. ^ "NGT48山口真帆の暴行事件に「これがAKB48グループのやり方か」地元新潟が大激怒! 県知事、地方紙、地元企業も相次いで騒動に言及". ウェジー. 2019-01-16. Retrieved 2019-01-16.
  165. ^ NGT暴行問題 県民の信頼回復に努めよ 新潟日報「座標軸」2019年1月16日
  166. ^ “AKB48劇場支配人・細井氏が退任、前NGT48劇場支配人・今村氏は契約解除 「元関係者のツイッター投稿」受け”. ねとらぼエンタ (ITmedia). (2019年3月7日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/07/news138.html 2019年6月23日閲覧。 
  167. ^ “NGT加藤美南が研究生降格「私の軽率な投稿で」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年5月21日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201905210000277.html 2019年5月21日閲覧。 
  168. ^ “NGT 加藤美南、SNSに不適切な投稿で研究生降格処分「深くお詫び申し上げます」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年5月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/21/kiji/20190521s00041000141000c.html 2019年7月19日閲覧。 
  169. ^ 山口真帆所属のお知らせ”. 研音Message (2019年5月25日). 2019年5月25日閲覧。
  170. ^ 長谷川玲奈 所属のお知らせ”. クロコダイル (2019年6月10日). 2019年6月10日閲覧。
  171. ^ 元NGT菅原りこ「一皮むけます」エイベックス入り - 日刊スポーツ 2019年7月10日
  172. ^ 【上半期ネットニュースランキング】山口真帆が1位 山里亮太&蒼井優夫婦もランクイン”. ORICON NEWS. 2019年7月29日閲覧。
  173. ^ "NGT48の作品". ORICON NEWS. oricon ME. Retrieved 2018-04-18.
  174. ^ “NGT48、秘蔵映像満載の「青春時計(豆腐メンタル Remix by tofubeats)」MV完成”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ,マグネット). (2017年7月13日). http://www.musicman-net.com/artist/69093.html 2017年7月21日閲覧。 
  175. ^ “NGT48初のアナログ盤発売、「青春時計」“フランスパンRemix”も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年8月11日). http://natalie.mu/music/news/244456 2017年8月11日閲覧。 
  176. ^ a b “NGT48「世界の人へ」MV撮影の舞台裏公開、リミックス音源収めたアナログ盤発売も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年12月12日). https://natalie.mu/music/news/311833 2018年12月13日閲覧。 
  177. ^ “高橋留美子、NGT48の1周年記念DVD&BDジャケにラムちゃん描き下ろし”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年6月26日). http://natalie.mu/comic/news/238352 2017年7月5日閲覧。 
  178. ^ 渡辺彰浩 (2018年10月13日). “NGT48 研究生インタビュー&『短い夏の、さよなら』先行試写会レポート”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2018/10/post-262362.html 2018年10月30日閲覧。 
  179. ^ “NGT48、研究生メンバー21人による初オリジナル曲「今日は負けでもいい」MV公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年10月14日). https://natalie.mu/music/news/302372 2018年10月10日閲覧。 
  180. ^ a b c d "TV CM ギャラリー". 一正蒲鉾. Retrieved 2016-07-19.
  181. ^ a b “NGT48初撮影TVCM完成!” (プレスリリース), 一正蒲鉾, (2015年11月12日), https://www.ichimasa.co.jp/co_newsrelease_view.asp?ID=480 2016年7月20日閲覧。 
  182. ^ a b “NGT48とJR東日本がコラボレーション 上越新幹線の旅を応援します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2016年3月4日), http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/20160304ngt48.pdf 2016年3月30日閲覧。 
  183. ^ “NGT48、新曲の「君はどこにいる?」が出演ドラマ『ひぐらしのなく頃に』主題歌に決定”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ,マグネット). (2016年4月13日). http://www.musicman-net.com/artist/56335.html 2016年4月13日閲覧。 
  184. ^ “稲葉友・NGT48(加藤・中井・清司・本間)ダブル主演BSスカパー!オリジナル連続ドラマ『ひぐらしのなく頃に解』BSスカパー! 11月25日(金)午後9時より放送開始 続編の放送に先駆けて10月14日(金)午後9時からドラマ「ひぐらしのなく頃に」の再放送開始” (プレスリリース), スカパーJSAT, (2016年10月13日), p. 3, https://blogs.skyperfectv.co.jp/201610-003753.php?p=3 2016年10月13日閲覧。 
  185. ^ “NGT48デビューシングル「青春時計」が「CDTV」OPテーマに”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2017年3月31日). https://tokyopopline.com/archives/81313 2017年3月31日閲覧。 
  186. ^ 日本音楽著作権協会 J-WID 作品データベース検索サービス 作品コード:226-6364-9 青春時計
  187. ^ a b “NGT48、『Best Artist 2017』にて「世界はどこまで青空なのか?」初披露”. listenmusic (エムティーアイ). (2017年11月28日). http://listenmusic.jp/store/musicnews/228043.htm 2017年11月28日閲覧。 
  188. ^ AiKaBu「世界はどこまで青空なのか?」イベントCM 荻野由佳Ver. - YouTube
    AiKaBu「世界はどこまで青空なのか?」イベントCM 西村菜那子Ver. - YouTube
  189. ^ forTUNEmusic NGT48握手会紹介SPOT / NGT48[公式] - YouTube
  190. ^ 日本音楽著作権協会 J-WID 作品データベース検索サービス 作品コード:501-3934-7 世界はどこまで青空なのか?
  191. ^ a b c “NGT48新曲のテレビタイアップ続々決定、ファンとのチーム対抗ボウリング大会も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年3月26日). https://natalie.mu/music/news/275221 2018年3月26日閲覧。 
  192. ^ a b "NGT48劇場グランドオープン、及び、NGT48 Mobileリリースに関するお知らせ". NGT48 Official Site NEWS. AKS. 2015-12-18. Retrieved 2016-05-30.
    "NGT48劇場グランドオープン、及び、NGT48 Mobileリリースに関するお知らせ". NGT48 Mobile NEWS. AKS. 2015-12-18. Retrieved 2016-05-30.
  193. ^ a b c d NGT48初日公演は感激の幕開け 北原里英らが涙」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2016年1月10日。2016年5月30日閲覧。
  194. ^ “NGT48 劇場グランドオープンで初公演「メンバーの汗でどんどん汚していきます」SDN48「佐渡を渡る」披露も”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年1月12日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/34488/2 2016年10月1日閲覧。 
  195. ^ "新潟発「会いに行けるアイドル」NGT48、劇場公演レポート&アクセス方法". Plat by NAVITIME. ナビタイムジャパン. 2016-05-28. Retrieved 2017-01-29.
  196. ^ a b 大友陽平「NGT48劇場今日こけら落とし、女学園をイメージ」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2016年1月10日。2017年1月29日閲覧。
  197. ^ a b “NGT48劇場オープン前日にセレモニー、北原里英「明日が本当のスタート」”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年1月9日). https://news.dwango.jp/2016/01/09/71044/idol/ 2017年1月29日閲覧。 
  198. ^ "NEWS グッズ". NGT48 Mobile. AKS. Retrieved 2017-01-29.
  199. ^ a b "NGT48劇場". 乃村工藝社 NOMURA 実績紹介. 乃村工藝社. Retrieved 2017-01-29.
  200. ^ "NGT48劇場". 乃村工藝社 NOMURA 実績紹介. 乃村工藝社. Retrieved 2017-01-29.
    "DSA日本空間デザイン入選E 2016". DSA 日本空間デザイン協会. 日本空間デザイン協会. Retrieved 2017-01-29.
    "第35回ディスプレイ産業大賞(2016)入賞作品". 日本ディスプレイ業団体連合会. Retrieved 2017-01-29.
  201. ^ NGT北原「思い出深い」パジャマドライブ公演発表」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2016年4月24日。2016年4月24日閲覧。
  202. ^ NGT公演千秋楽「レアキャラ」呼ばわりの柏木参加」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2017年6月5日。2017年6月5日閲覧。
  203. ^ a b c official_NGT48 [@official_NGT48] (2018年6月7日). "【お知らせ】先ほど、劇場公演にて、現チームの千秋楽公演と新チームの初日公演の日程を発表させていただきました。" (ツイート). Retrieved 2018年6月7日 – via Twitter.
  204. ^ NGT48、8ヶ月ぶり通常公演再開 センター清司麗菜「少しずつ前に進んでいけたら」」『モデルプレス』ネットネイティブ、2019年8月18日。2019年8月18日閲覧。
  205. ^ "【NGT48劇場】研究生「夏の二次会PARTY」公演につきまして". NGT48 Official Site. AKS. 2016-07-23. Retrieved 2016-08-09.
    "【NGT48劇場】研究生「夏の二次会PARTY」公演につきまして". NGT48 Mobile. AKS. 2016-07-23. Retrieved 2016-08-09.
  206. ^ “NGT48劇場 研究生公演 チケット料金改定のご案内”. NGT48 Official Site (AKS). (2016年10月1日). http://ngt48.jp/news/60848 2016年10月1日閲覧。 
    "NGT48劇場 研究生公演 チケット料金改定のご案内". NGT48 Mobile. AKS. 2016-10-01. Retrieved 2016-10-01.
  207. ^ "【NGT48劇場】11月12日劇場公演の公演タイトル、開演時間変更のお知らせ". NGT49 Mobile. AKS. 2017-11-01. Retrieved 2017-11-03.
  208. ^ official_NGT48の2018年12月24日のツイート2018年12月24日閲覧。
  209. ^ NGTドラフト3期生ら初舞台 サンタコスで魅了」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2018年12月24日。2018年12月24日閲覧。
  210. ^ “心をひとつに…AKB48グループ「誰かのためにプロジェクト」全国5劇場で同時開催”. TV LIFE (学研プラス). (2016-0311). http://www.tvlife.jp/entame/57656 2017年3月6日閲覧。 
  211. ^ NGT48、初の“県内女子学生限定”公演開催へ 同世代女子にアピール」『ORICON STYLE』oricon ME、2016年5月16日。2016年5月22日閲覧。
  212. ^ "NGT48劇場12月25日(日)の劇場公演出演メンバーのお知らせ". NGT48 Official Site. AKS. 2016-12-20. Retrieved 2016-12-30.
    "NGT48劇場12月25日(日)の劇場公演出演メンバーのお知らせ". NGT48 Mobile. AKS. 2016-12-20. Retrieved 2016-12-30.
  213. ^ a b c “NGT48クリスマス特別公演で「NGT48劇場一周年記念イベント」開催を発表”. TV LIFE (学研プラス). (2016年12月26日). http://www.tvlife.jp/entame/94897 2016年12月30日閲覧。 
  214. ^ "2017年「NGT48劇場新春公演」ロビーモニター観覧につきまして". NGT48 Official Site. AKS. 2016-12-31. Retrieved 2017-01-02.
    "2017年「NGT48劇場新春公演」ロビーモニター観覧につきまして". NGT48 Mobile. AKS. 2016-12-31. Retrieved 2017-01-02.
  215. ^ a b c "2017年1月9日、10日『NGT48劇場1周年記念・49000人を魅了したNGT48の魂!』イベント詳細のお知らせ". NGT48 Official Site. AKS. 2016-12-25. Retrieved 2016-12-30.
    "2017年1月9日、10日『NGT48劇場1周年記念・49000人を魅了したNGT48の魂!』イベント詳細のお知らせ". NGT48 Mobile. AKS. 2016-12-25. Retrieved 2016-12-30.
  216. ^ a b “NGT48が地元新潟で劇場1周年記念イベントを開催! 県知事、市長も登場してバク宙を披露”. 日刊SPA! (扶桑社). (2017年1月11日). https://nikkan-spa.jp/1271139 2017年1月13日閲覧。 
  217. ^ "『東日本大震災復興支援公演〜誰かのためにプロジェクト2017〜』のご案内". NGT48 Official Site. AKS. 2017-03-01. Retrieved 2017-03-06.
    "『東日本大震災復興支援公演〜誰かのためにプロジェクト2017〜』のご案内". NGT48 Mobile. AKS. 2017-03-01. Retrieved 2017-03-06.
    “AKB48グループが東日本大震災復興支援特別公演”. Japan芸能カルチャー研究所 (IMW). (2017年3月12日). http://japan-culture-labo.com/6080 2017年3月12日閲覧。 
  218. ^ "「下の名前で呼んでみて! 研究生スペシャル」公演". AKB48グループチケットセンター. AKS. 2017-06-04. Retrieved 2017-06-04.
  219. ^ "「下の名前で呼んでみて! 研究生スペシャル」公演". AKB48グループチケットセンター. AKS. 2017-09-06. Retrieved 2018-04-08.
  220. ^ "NGT48劇場6月20日(火)の劇場公演詳細のお知らせ". NGT48 Mobile. AKS. 2017-06-15. Retrieved 2017-07-02.
  221. ^ “NGT48が 2ndシングル『世界はどこまで青空なのか?』をお披露目 荻野由佳「ふさわしいセンターになれるよう」”. GirlsNews (レゾリューション). (2017年12月4日). https://girlsnews.tv/akb/304200 2017年12月4日閲覧。 
  222. ^ "NGT48劇場1月2日(火)の劇場営業につきまして". NGT48 Mobile. AKS. 2017-12-29. Retrieved 2019-01-21.
  223. ^ a b c "2nd-anniv". NGT48 Mobile. AKS. Retrieved 2018-01-12.
  224. ^ "【NGT48劇場】2018年4月16日〜22日の劇場スケジュールのお知らせ". NGT48 Mobile. AKS. 2018-04-11. Retrieved 2018-04-18.
  225. ^ "【NGT48劇場】2018年12月26日~2019年1月13日の劇場スケジュールのお知らせ". NGT48 Mobile. AKS. 2018-12-15. Retrieved 2019-01-21.
  226. ^ “NGT正規メンバー公演再開も山口真帆の姿なし”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年2月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201902090000553.html 2019年2月10日閲覧。 
  227. ^ "【NGT48劇場】2月25日から3月3日までの劇場スケジュールのお知らせ". NGT48 Mobile. AKS. 2019-02-13. Retrieved 2019-04-25.
  228. ^ a b 今村悦朗 (2016-09-30). "NGT48出張公演日程決定のお知らせ". NGT48 公式ブログ. LINE. Retrieved 2016-10-01.
  229. ^ “NGT48、初の出張公演をSKE48劇場で開催 新潟コシヒカリのおむすび定食も”. GirlsNews (レゾリューション). (2016年11月6日). http://girlsnews.tv/akb/280445 2016年11月6日閲覧。 
  230. ^ NGT北原里英が絶叫「秋葉原に帰ってきました!」」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2016年11月20日。2016年11月20日閲覧。
  231. ^ a b "【NGT48】NMB48劇場への出張公演ご案内". NGT48 Official Site. AKS. 2017-01-30. Retrieved 2017-01-31.
    "【NGT48】NMB48劇場への出張公演ご案内". NGT48 Mobile. AKS. 2017-01-30. Retrieved 2017-01-31.
    NGT中井りか、初NMB劇場で出演100回目記念」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2017年2月26日。2017年3月3日閲覧。
  232. ^ a b "【NMB48劇場】NGT48出張公演のご案内". NMB48オフィシャルブログ. 2018-08-27. Retrieved 2018-09-05.
  233. ^ NGT48、1年ぶり単独コンサートに熱狂 荻野由佳感極まる「色んな不安もあった」<セットリスト/レポ>」『モデルプレス』ネットネイティブ、2018年1月13日。2018年1月13日閲覧。
  234. ^ “北原里英「私は本当に幸せでした」新潟で卒業コンサート 指原莉乃、横山由依らもゲスト出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年4月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2109583/full/ 2018年4月15日閲覧。 
  235. ^ “見どころ満載の「第5回 AKB48 紅白対抗歌合戦」写真レポ 卒業発表から“掟破り”のカバー曲まで”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年12月17日). http://nikkan-spa.jp/1008596 2015年12月26日閲覧。 
  236. ^ "第5回AKB48紅白対抗歌合戦出演メンバー" (PDF). AKB48公式サイト. AKS. Retrieved 2015-12-26.
  237. ^ "AKB48単独/グループ「リクエストアワー セットリストベスト100 2016」詳細決定!". AKB48オフィシャルブログ. 2015-12-02. Retrieved 2015-12-31.
  238. ^ "「祝 高橋みなみ卒業"148.5cmの見た夢"in 横浜スタジアム」/チケット先行発売のご案内". AKB48オフィシャルブログ. 2016-01-09. Retrieved 2016-01-28.
  239. ^ AKB東西対抗歌合戦は東軍が大逆転勝利 西軍・指原「チーム8がすごかった」」『ORICON STYLE』oricon ME、2016年3月27日。2016年3月27日閲覧。
  240. ^ “高橋みなみ「AKB48の未来を託します」『卒業コンサート』で全31曲熱唱!”. TV LIFE (学研プラス). (2016年3月28日). http://www.tvlife.jp/2016/03/28/59295 2016年9月7日閲覧。 
  241. ^ AKBグループ、横浜2会場でライブ同時開催 指原、横山らソロで沸かせる」『ORICON STYLE』oricon ME、2016年9月15日。2016年9月20日閲覧。
  242. ^ 渡辺麻友イメージ一新、「制服のマネキン」宮脇咲良センター…AKB48グループ“祝賀会”に1万2000人熱狂<ライブレポ/セットリスト>」『モデルプレス』ネットネイティブ、2016年9月16日。2016年9月20日閲覧。
  243. ^ 「AKB48選抜総選挙」81位から100位を初発表 ギリギリ圏外に号泣」『モデルプレス』ネットネイティブ、2016年9月16日。2016年9月20日閲覧。
  244. ^ 宮脇咲良がキャバ嬢姿で“生接客”、山本彩&横山由依がギター生演奏対決…AKB48紅白対抗歌合戦に熱狂<ライブレポ/セットリスト>」『モデルプレス』ネットネイティブ、2016年12月16日。2016年12月30日閲覧。
  245. ^ “泣かせない”小嶋陽菜も泣いた!豪華ゲスト・コラボ・復活…卒コン前夜祭から詰め込みまくり<詳細レポ/セットリスト>」『モデルプレス』ネットネイティブ、2017年2月21日。2017年2月23日閲覧。
  246. ^ 小嶋陽菜、涙、涙のAKB48卒業コンサート 卒業生10名超集結、最後はそのまま海外へ<小嶋陽菜卒業コンサートレポ/セットリスト>」『モデルプレス』ネットネイティブ、2017年2月22日。2017年2月23日閲覧。
  247. ^ ““AKB48グループ感謝祭”開催 卒業間近の渡辺麻友「たくさんの愛を、本当にありがとう」”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2017年10月9日). https://abematimes.com/posts/3065371 2017年11月3日閲覧。 
  248. ^ “アイドル貫いた11年”渡辺麻友の卒業コンサートに17000人が熱狂 卒コンの熱かったポイントを振り返る<渡辺麻友卒業コンサート>」『モデルプレス』ネットネイティブ、2017年10月31日。2017年11月3日閲覧。
  249. ^ “『AKB紅白』完全生歌4時間超 モー娘、Negicco、スタダ勢との共演でも沸く”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2102016/full/ 2018年2月25日閲覧。 
  250. ^ a b “向井地美音「私たちは“今”を引っ張っていきたい!」AKB48グループTDCホール公演開幕”. TV LIFE (学研プラス). (2018年1月15日). http://www.tvlife.jp/entame/154815 2018年2月25日閲覧。 
  251. ^ “総選挙直前ライブで最後のアピール 指原莉乃、WRD48も登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2113772/full/ 2018年6月16日閲覧。 
  252. ^ “AKB48総選挙感謝祭で松村香織が落とし穴に 峯岸みなみは自虐連発で体張る”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2116713/full/ 2018年8月3日閲覧。 
  253. ^ “AKB48総選挙感謝祭は女王・珠理奈不在 須田・宮脇ら選抜15人が大熱演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2116843/full/ 2018年8月3日閲覧。 
  254. ^ “AKB48総選挙“延長戦” 茂木忍が43票差で101位【120位まで一覧】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2117464/full/ 2018年8月13日閲覧。 
  255. ^ <第8回AKB48紅白対抗歌合戦/セットリスト>全曲生歌生演奏、歌唱力に驚きの声「こんなに上手いんだ」 後輩が先輩を指名でユニットも」『モデルプレス』、2018年12月16日。2018年12月24日閲覧。
  256. ^ “福島空港、「ふくしま おおぞら フェスタ2016」 5月14日・15日開催”. 遊びに行こうぜ! (リファイド). (2016年5月3日). http://www.asobiniikoze.com/news_b1xpJSxGMe.html 2016年5月19日閲覧。 
  257. ^ “NGT48が「SENDAI OTO Festival 2016」出演へ”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年5月26日). http://news.dwango.jp/2016/05/26/90949/idol/ 2016年6月25日閲覧。 
  258. ^ a b c "15周年の夏、AKB48グループ参戦!【やり過ぎ!サマー】". ユニバーサル・スタジオ・ジャパン. ユー・エス・ジェイ. Archived from the original on 2016-08-07. Retrieved 2016-09-26.
  259. ^ “「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにこの夏、AKB48グループが毎日常駐*!」” (プレスリリース), 合同会社ユー・エス・ジェイ, (2016年6月2日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000123.000005761.html 2016年7月9日閲覧。 
  260. ^ "UNIVERSAL STUDIOS JAPAN®に常駐!?「やり過ぎ!サマーLIVE」のご案内". AKB48 Official Blog 〜1830mから〜. CyberAgent. 2016-06-02. Retrieved 2016-07-09.
  261. ^ “NGT48“TIF2016”272組目のグループに、出演はHOT STAGE”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2016年7月21日). http://music-book.jp/music/news/news/121559 2016年7月31日閲覧。 
  262. ^ “NGT48がTIF初参戦で全力パフォーマンス! 加藤美南が得意のアクロバットも”. 日刊SPA! (扶桑社). (2016年8月10日). http://nikkan-spa.jp/1175364 2016年9月7日閲覧。 
  263. ^ “燕市でNGT48ライブ、限定600人を無料招待”. kenoh.com ニュースタンク (ケンオー・ドットコム). (2016年8月10日). http://www.kenoh.com/2016/08/10_ngt48.html 2016年8月10日閲覧。 
  264. ^ “NGT、思い出の地で成長実感 新潟・みなとぴあでライブ”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2016年9月20日). http://www.niigata-nippo.co.jp/entame/kennai/ngt48/20160920280656.html 2016年9月20日閲覧。 
  265. ^ "2017年3月1日(水) 3月2日(木)AKB48 8th アルバム 発売記念 特別LIVEイベント(仮)参加メンバー追加発表!!". AKB48 KING RECORDS official website. キングレコード. 2017-01-20. Retrieved 2017-02-23.
  266. ^ “NGT48、3月にHARD OFF ECOスタジアムでメジャーデビュー記念イベント”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年2月23日). https://www.barks.jp/news/?id=1000138685 2017年2月23日閲覧。 
    “「新潟旋風を巻き起こしたい」NGT48、地元エコスタでメジャーデビュー祝う”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年3月18日). http://natalie.mu/music/news/225173 2017年3月18日閲覧。 
  267. ^ “AKB48 Team8、NGT48、アンジュルムがベッキー音楽番組の武道館 イベント出演”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年5月26日). https://news.dwango.jp/2017/05/26/134689/idol/ 2017年5月26日閲覧。 
    “【スカパー! サマーフェス】アンジュルム/NGT48/w-inds./田口淳之介/THE RAMPAGEら熱唱”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年7月31日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/53833/2 2017年8月6日閲覧。 
  268. ^ “NGT48が上越初ライブ! 地元出身の高倉萌香さんもファン盛り上げる”. 上越タウンジャーナル (デジコロ). (2017年8月3日). https://www.joetsutj.com/articles/87594704 2017年8月6日閲覧。 
  269. ^ “「TIF2017」第11弾でNGT48、LinQ、G☆Girls、S★スパイシーら8組追加”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年6月24日). http://natalie.mu/music/news/238127 2017年7月2日閲覧。 
    NGT48、荻野由佳センターで「NGT参上!」 炎天下でパフォーマンス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」<セットリスト>」『モデルプレス』ネットネイティブ、2017年8月6日。2017年8月6日閲覧。
  270. ^ "「肉フェス NIIGATA 2017」NGT48が肉フェス初登場!その他STAGE出演者も見逃せない!". 肉フェス. AATJ. 2017-08-04. Retrieved 2017-08-06.
  271. ^ “テレ朝×六本木ヒルズ「サマステ」日替わりフリーライブ第3弾アーティスト発表”. rockinon.com (ロッキング・オン・ホールディングス). (2017年7月5日). https://rockinon.com/news/detail/163313 2017年7月5日閲覧。 
  272. ^ “NGT48、お披露目2周年ライブを“新潟開港150周年プレイベント”として開催”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年7月31日). http://natalie.mu/music/news/242251 2017年8月6日閲覧。 
  273. ^ “「@JAM EXPO」第15弾はSTU48、NGT48”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年8月8日). http://natalie.mu/music/news/243934 2017年8月11日閲覧。 
  274. ^ “「CDJ」年越しは [Alexandros]!タイムテーブル発表&NGT48、ゆよゆっぺら追加”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年11月22日). http://natalie.mu/music/news/257914 2017年11月24日閲覧。 
  275. ^ “NGT48ら出演!バンコク開催「TIF」全メンバー決定”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年2月24日). https://thetv.jp/news/detail/138535/ 2018年2月25日閲覧。 
  276. ^ "TOKYO IDOL FESTIVAL in Bangkok Comic Con 出演メンバー決定 !". NGT48 Mobile. AKS. 2018-03-22. Retrieved 2018-03-24.
  277. ^ “新潟発のNGT48、夏のロックフェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』初出演”. Deview (oricon ME). (2018年6月6日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2113039 2018年6月7日閲覧。 
  278. ^ “SKE48&NGT48が『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』出演決定”. TV LIFE (学研プラス). (2018年6月18日). http://www.tvlife.jp/entame/175682 2018年7月5日閲覧。 
  279. ^ “「@JAM EXPO」第9弾発表でNGT48、ラスアイ、原田珠々華ら14組追加”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月30日). https://natalie.mu/music/news/293228 2018年8月30日閲覧。 
  280. ^ “NGT48、研究生21人お披露目 渡邉歩咲の“不思議”なキャッチフレーズに客席沸く”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2118729/full/ 2018年9月5日閲覧。 
  281. ^ “NGT48、武道館で43人体制初披露 荻野由佳「本当に本当に夢のよう」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2119562/full/ 2018年10月10日閲覧。 
  282. ^ “NGT48が「ヘビーローテーション」熱唱、岸谷香は「Diamonds」「M」など名曲連発!「長岡 米百俵フェス」遂に開幕”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2018年10月7日). http://music-book.jp/music/news/news/204117 2018年10月10日閲覧。 
  283. ^ "COUNTDOWN JAPAN 18/19、ライブアクト全出演アーティスト発表!". rockin'on.com. ロッキング・オン・ホールディングス. 2018-11-08. Retrieved 2018-11-08.
  284. ^ “お台場アイドル新年会最終発表でNGT48追加、タイムテーブルも明らかに”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年12月10日). https://natalie.mu/music/news/311475 2018年12月13日閲覧。 
  285. ^ “NGT48「TIF2019」出演決定、2日目朝にSMILE GARDENに登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年8月1日). https://natalie.mu/music/news/342040 2019年8月1日閲覧。 
  286. ^ “AKB恋愛解禁?連ドラ主演かけて必死に恋する”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月26日). http://natalie.mu/music/news/181209 2016年4月24日閲覧。 
  287. ^ NGT48、初ドラマの配役決定 『ひぐらしのなく頃に』に北原里英ら6人出演」『ORICON STYLE』oricon ME、2016年2月27日。2016年2月28日閲覧。
  288. ^ “ドラマ『ひぐらしのなく頃に解』、稲葉友やNGT48らキャスト陣は続投”. CINRA.NET (CINRA). (2016年6月24日). http://www.cinra.net/news/20160624-higurashinonakukoroni 2016年6月24日閲覧。 
  289. ^ 「ひぐらしのなく頃に」続編もNGT加藤美南ら出演」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2016年10月13日。2016年10月13日閲覧。
  290. ^ "キャスト". 豆腐プロレス. テレビ朝日. 2017. Retrieved 2017-01-25.
  291. ^ official_NGT48 2017年6月6日の発言
  292. ^ "仮面ライダーエグゼイド 第37話 White knightの覚悟!". 東映[テレビ]. 東映. 2017. Retrieved 2017-07-02.
  293. ^ “小栗有以『マジムリ学園』で連続ドラマ初主演が決定!コメントも到着!”. シネマズ by 松竹 (松竹,クラップス). (2018年6月1日). https://cinema.ne.jp/news/majimuri2018060106/ 2018年6月7日閲覧。 
  294. ^ 相関図|マジムリ学園|日本テレビ
  295. ^ "NHK BSプレミアム「AKB48 SHOW」". NGT48 Official Site SCHEDULE. Retrieved 2015-10-08.
  296. ^ "これまでの放送 2015.09.05 #85". NHK「AKB48 SHOW!」. 日本放送協会. Retrieved 2015-10-08.
  297. ^ AKBグループ若手がパジャマ姿で禁断?トーク」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2015年10月2日。2015年10月2日閲覧。
  298. ^ official_NGT48 (2015-11-07). "【スマスタ】". Twitter. Retrieved 2015-11-14.
  299. ^ "AKBと××! バックナンバー". 讀賣テレビ放送. Retrieved 2015-12-24.
  300. ^ “NMB48 白間美瑠「キャバクラ経営」を手相でアドバイスされる”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年1月13日). http://news.dwango.jp/2016/01/13/71452/idol/ 2016年1月13日閲覧。 
  301. ^ "AKB48ネ申テレビ シーズン22 出演メンバー". AKB48ネ申テレビ. ファミリー劇場. Retrieved 2016-05-22.
  302. ^ "NGT48ばかうけ開発プロジェクトTV". 新潟テレビ21. Retrieved 2016-06-16.
  303. ^ "テレビ新潟「NGT48 新潟を変える少女たち〜1期生の夏独占密着〜」". NGT48 Official Site SCHEDULE. AKS. Retrieved 2015-09-04.
  304. ^ "新潟テレビ21「NGT48 北原・柏木・西潟・荻野が行く 新潟・佐渡の旅」". NGT48 Official Site SCHEDULE. Retrieved 2015-09-04.
  305. ^ “【緊急速報!】『NGT48劇場こけら落とし 完全生中継』CSファミリー劇場で放送決定!!”. 産経ニュース (産経デジタル). (2015年12月28日). http://www.sankei.com/economy/news/151228/prl1512280013-n1.html 2015年12月29日閲覧。 
  306. ^ 【紅白】AKB48紅白選抜センターは山本彩 一般投票1位に「震えが止まらない」」『ORICON STYLE』oricon ME、2016年12月31日。2017年1月2日閲覧。
  307. ^ “STU48、『テレ東音楽祭』でテレビ初歌唱 出演者発表第1弾”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2092229/full/ 2017年6月15日閲覧。 
  308. ^ “TBS『音楽の日』第五弾にaiko、T.M.R、Perfume、ポルノら。AKB48グループ5組も”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年7月9日). https://www.barks.jp/news/?id=1000144369 2017年7月9日閲覧。 
  309. ^ “『FNS歌謡祭』第2弾出演アーティスト発表 - Dフジオカ・福山雅治・ひふみんも”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年11月29日). https://news.mynavi.jp/article/20171129-549375/ 2017年12月4日閲覧。 
  310. ^ AKB48グループ、紅白でパフォーマンスする“紅白選抜”48名は?<第68回NHK紅白歌合戦>」『モデルプレス』ネットネイティブ、2017年12月4日。2018年3月2日閲覧。
  311. ^ “「2018 FNS 歌謡祭 第2夜」 出演決定!”. NGT48 OFFICIAL WEB SITE. (2018年11月16日). https://ngt48.jp/news/detail/100002893 2018年11月16日閲覧。 
  312. ^ AKB48紅白メンバーを記者分析 これは「本店回帰」への前触れか?」『J-CASTニュース』ジェイ・キャスト、2018年12月30日。2019年4月28日閲覧。
  313. ^ "10/2(金)NGT48番組ホームページOPEN!". FM-NIIGATA TOPICS. エフエムラジオ新潟. Retrieved 2015-09-22.
  314. ^ "FM PORT『PORT DE NGT』スタート". NGT48 Official Site. Retrieved 2015-09-22.
  315. ^ "AKB48の"私たちの物語"". 日本放送協会. Retrieved 2015-11-09.
  316. ^ "BACKNUMBER". AKB48のオールナイトニッポン. ニッポン放送. Retrieved 2016-01-29.
  317. ^ "今夜9時、いよいよスタートです!". 新潟放送. 2016-02-01. Retrieved 2016-03-22.
  318. ^ official_NGT48のツイート(687258157714817024)
  319. ^ "第1回。りかみなさんもずいぶん楽しんでおられました。". 新潟放送. 2016-03-28. Retrieved 2016-03-30.
  320. ^ "NGT48のSWEET HOMEROOM". 楽天. Retrieved 2016-01-14.
  321. ^ “AKB48グループ85名、朗読劇に挑戦!「恋工場」スタート”. 日刊エンタメクリップ (日刊エンタメクリップ). (2016年9月19日). http://entameclip.com/topics/34469 2016年9月26日閲覧。 
  322. ^ "NSTまつり2015 スペシャルライブ&トークショー". 新潟総合テレビ. Archived from the original on 2015-09-27. Retrieved 2015-09-22.
  323. ^ NGT48、地元で全26人集結ライブ アクロバット・ダンスも披露」『ORICON STYLE』oricon ME、2015年10月3日。2015年10月5日閲覧。
  324. ^ "てとフェス おかげさまで新潟一番20年". テレビ新潟放送網. Retrieved 2015-09-27.
  325. ^ "UXほっとほっとフェスタ". 新潟テレビ21. Retrieved 2015-11-01.
  326. ^ "Denka presents WJBLオールスター2016 in 新潟 NGT48ハーフタイムショー出演メンバー決定のお知らせ". 新潟アルビレックスBBラビッツ プロバスケットボール オフィシャルサイト. Retrieved 2016-01-17.
  327. ^ “糸魚川駅で開業1周年イベント”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2016年3月20日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20160320242597.html 2016年3月29日閲覧。 
  328. ^ "南区PR大使の水澤彩佳さん、NGT48メンバーの西潟茉莉奈さんが白根大凧合戦関連イベントに参加しました". 新潟市南区. 2016-05-23. Retrieved 2016-06-25.
  329. ^ "NGT48の出演メンバーが確定!". 食King Agakita+. 新発田市観光振興課. 2016-06-21. Retrieved 2016-06-25.
  330. ^ "Summer馬フェス。【第2回新潟競馬開催日イベント】". JRA. 日本中央競馬会. Retrieved 2016-07-31.
  331. ^ “第 2 回新潟競馬 開催期間中イベントについて” (PDF) (プレスリリース), 日本中央競馬会, (2016年7月16日), http://company.jra.jp/7403/press/201607/201607161113.pdf 2016年7月31日閲覧。 
  332. ^ “NGT48が新潟競馬場でトークショー 山口真帆のアイビスSDの本命馬は…”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2016年7月31日). http://www.daily.co.jp/horse/2016/07/31/0009339613.shtml 2016年7月31日閲覧。 
  333. ^ “きょうから「NSTまつり」”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年9月24日). http://www.sankei.com/region/news/160924/rgn1609240049-n1.html 2016年9月26日閲覧。 
  334. ^ "スペシャルライブ&トークショー". NSTまつり2016. 新潟総合テレビ. 2016. Archived from the original on 2016-09-26. Retrieved 2016-09-26.
  335. ^ “NGT48、寒さ飛ばすライブ披露 南魚沼市雪まつり”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2017年2月12日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/307111.html 2017年2月19日閲覧。 
    "南魚沼市雪まつり". NGT48 Mobile SCHEDULE. AKS. Retrieved 2017-02-19.
  336. ^ “竜宮城テーマに白銀の舞台 十日町雪まつり 2月17日開幕”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2016年12月2日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20161202294679.html 2016年12月16日閲覧。 
  337. ^ NGT佐藤杏樹「大人も楽しめる」現美新幹線をPR」『nikkansports.com』日刊スポーツ新聞社、2017年4月29日。2017年4月29日閲覧。
  338. ^ "4月29日「コメリサンクスデー」開催のお知らせ". 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ. 2017-04-01. Retrieved 2017-04-29.
  339. ^ a b "【NGT48劇場】6月9日、14日の劇場イベントのタイトル、出演メンバーのお知らせ". NGT48 Mobile. AKS. 2017-06-04. Retrieved 2017-06-04.
  340. ^ "スペシャルライブ&トークショー". NSTまつり2017. 新潟総合テレビ. 2016. Archived from the original on 2017-09-29. Retrieved 2017-10-14.
  341. ^ "『アルヴェ クリスマスフェスタ2017』出演メンバー決定のお知らせ". NGT48 Mobile. AKS. 2017-12-01. Retrieved 2018-02-25.
  342. ^ "雪上カー二バル NGT48の出演メンバーが決定しました!". 十日町雪まつり 公式ホームページ. 十日町雪まつり実行委員会事務局. 2018-01-31. Retrieved 2018-02-25.
  343. ^ "4/13(金) 「NGT48祭〜万代島編〜」の詳細及びゲーム内容のご案内". NGT48 Mobile. AKS. 2018-03-20. Retrieved 2018-03-24.
  344. ^ “東京拘置所でU.S.A.!DA PUMP、NGT48中井りか&西村菜那子が矯正展に出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年8月28日). https://natalie.mu/music/news/297293 2018年8月30日閲覧。 
  345. ^ "【NGT48劇場】2月25日から3月3日までの劇場スケジュールのお知らせ". NGT48 Mobile. AKS. 2019-02-13. Retrieved 2019-04-25.
  346. ^ "AKB48グループ 総集結!「仁義なき戦い〜彼女(おんな)たちの死闘編〜」2019年11月上演決定!". NGT48 Official Site. AKS. 2019-08-11. Retrieved 2019-08-11.
  347. ^ "ニコ生特番、"萌えキュン"激レアボイスの配信決定!". NGT48 Official Site News. 2015-12-21. Retrieved 2015-12-31.
  348. ^ “NGT48 LIVE!! ON DEMANDオープン初日公演の模様を期間限定無料配信” (プレスリリース), 合同会社DMM.com, (2016年1月5日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000612.000002581.html 2016年8月10日閲覧。 
  349. ^ HKT48&NGT48合同冠番組『さしきた合戦』連動「食少女」配信」『ORICON STYLE』oricon ME、2016年1月11日。2016年3月16日閲覧。
  350. ^ 北原里英 (2017年4月4日). NGT48北原里英「伝えたいこと全部溢れちゃってるって、初めてでした」. (インタビュー). BEST TIMES.. http://best-times.jp/articles/-/5143 2017年4月29日閲覧。 
    荻野由佳 (2017年4月29日). NGT48荻野由佳「他のグループにもいないような子になりたい」. (インタビュー). BEST TIMES.. http://best-times.jp/articles/-/5306 2017年5月4日閲覧。 
  351. ^ REGINA × NGT48スペシャルコラボムービー - YouTube
  352. ^ "劇場オープン直前記念! ホッとREGINAキャンペーン". REGINA LXC. Retrieved 2016-01-18.
  353. ^ "【かまぼこ】". NGT48公式Twitter. 2015-11-12. Retrieved 2015-11-12.
  354. ^ official_NGT48のツイート(753725847132000256)
  355. ^ a b “NGT48出演「うなる美味しさうな次郎」 TVCMのご案内” (プレスリリース), 一正蒲鉾, (2017年6月14日), https://www.ichimasa.co.jp/co_newsrelease_view.asp?ID=524 2017年6月15日閲覧。 
  356. ^ "NGT48が「ローソン」キャラクターに起用される". 日刊スポーツ新聞社. 2015-11-16. Retrieved 2016-01-05.
  357. ^ “昨年に続き、関東・甲信越ローソンが「NGT48」とタイアップキャンペーンを開催!NGT48と一緒に「お米炊き体験イベント」に参加しよう!!” (プレスリリース), 株式会社ローソン, (2016年8月15日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000020129.html 2016年8月15日閲覧。 
  358. ^ a b “関東甲信越エリアの「ローソン」と「NGT48」のタイアップキャンペーン!NGT48と共同開発したオリジナルパン4種も発売!!” (プレスリリース), 株式会社ローソン, (2018年9月25日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000020129.html 2018年10月10日閲覧。 
  359. ^ a b “「NGT48」と「ばかうけ」のコラボ商品第1弾 新発売!!” (プレスリリース), 栗山米菓, (2015年12月24日), http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201512246708/ 2015年12月25日閲覧。 
  360. ^ “栗山米菓、「ばかうけ」新CMにNGT48起用”. 日本食糧新聞・電子版 (日本食糧新聞社). (2016年6月24日). https://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=AOYAGI20160617104404833 2016年7月15日閲覧。 
  361. ^ "ばかうけとNGT48のコラボCMが公開!". ばかうけスペシャルサイト. 栗山米菓. 2016-06-17. Retrieved 2016-06-17.
  362. ^ a b "ばかうけとNGT48のコラボ商品 第2弾 7/16(土)新発売!". ばかうけスペシャルサイト. 栗山米菓. 2016-07-15. Archived from the original on 2016-07-17. Retrieved 2016-07-15.
  363. ^ "NGT48のキャラクター起用について". 第四銀行. 2015-12-21. Retrieved 2016-01-05.
  364. ^ 第四銀行 だいしWillink「おトクなカード」篇 15秒 - YouTube
  365. ^ 第四銀行「だいしでいこう!」ライフステージ篇 レギュラー - YouTube
    第四銀行「だいしでいこう!」ライフステージ篇 デビューキャンペーン - YouTube
  366. ^ official_NGT48のツイート(679647654767247360)
  367. ^ ✿新春キャンペーン✿ お知らせ②!! - 新潟県上越市の車検ならコバック上越店 スタッフ日記
  368. ^ “NGT48、JR新潟とコラボ「上越新幹線で東京」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年3月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1612373.html 2016年3月4日閲覧。 
  369. ^ "TYO×NGT48 CMメイキング". 東日本旅客鉄道・新潟支社. 2016-06-08. Retrieved 2016-07-03.
  370. ^ “NGT48、JR駅サイネージに登場”. 新潟日報モア (新潟日報社). (2017年3月31日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170331315965.html 2017年4月4日閲覧。 
  371. ^ a b c d e f “NGT48のメンバーが駅のサイネージに登場!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2017年3月30日), http://www.jrniigata.co.jp/press/20170330ngt48dezisai.pdf 2017年6月15日閲覧。 
  372. ^ a b c d e “第2弾!NGT48のメンバーが駅のサイネ-ジに登場!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2017年8月31日), http://www.jrniigata.co.jp/press/20170831NGT48saine-ji.pdf 2017年9月18日閲覧。 
  373. ^ “日本酒の魅力を NGT48 が伝える『NGT48×菊水酒造』特設サイトオープン” (プレスリリース), 菊水酒造株式会社, (2016年6月27日), http://sakezou.com/ja/media/news/445 2019年5月6日閲覧。 
  374. ^ “グラフィックギャラリーが美しい...新潟で活動する「NGT48」と地元の菊水酒造がコラボ”. J-CASTトレンド (ジェイ・キャスト). (2016年6月17日). http://www.j-cast.com/trend/2016/06/17269990.html 2016年6月17日閲覧。 
  375. ^ “NGT48 北原里英が菊水酒造の酒造りに対する思いを感じる”. 日刊エンタメクリップ (日刊エンタメクリップ). (2016年11月20日). http://entameclip.com/news/42736 2016年11月20日閲覧。 
  376. ^ official_NGT48のツイート(753722679950053376)
  377. ^ a b “新潟エリアのTSUTAYA発!新潟を拠点に活動するNGT48とコラボレーション!!「NGT48×Tカード」の発行が決定!” (プレスリリース), TSUTAYA, (2016年6月17日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000018760.html 2018年3月2日閲覧。 
  378. ^ "NGT48×Tカード". Tカード - T-FANSITE. カルチュア・コンビニエンス・クラブ. Retrieved 2018-03-02.
  379. ^ 「第2回AKB48グループ チーム対抗大運動会」DVD&BD CM(優勝チームNGT48出演) / AKB48[公式] - YouTube
  380. ^ "「燕三条系ラーメン旬香」発売決定". らあめん花月嵐. グロービート・ジャパン. Retrieved 2016-09-07.[リンク切れ]
  381. ^ “NGT48北原里英、WEB動画CMで「監督」デビュー 新潟のご当地ラーメンCM”. GirlsNews (レゾリューション). (2016年9月14日). http://girlsnews.tv/akb/277598 2016年11月6日閲覧。 
  382. ^ Ncv新潟センター チャネルヒカリ (2017-02-21). "NGT48の加藤美南さん・本間日陽さん出演!NCVスマートテレビのCM放送中ピカ!". Facebook. Retrieved 2017-03-03.
    NGT48 NCVスマートテレビCM30秒 - YouTube
    NGT48 NCVスマートテレビCM15秒 - YouTube
    ココだけNGT48 Vol.16 - YouTube
  383. ^ “NGT48・北原里英&荻野由佳、『いい汗かこうプロジェクト』特設サイトにてアイドルならではの“汗事情”を告白”. M-ON! MUSIC (エムオン・エンタテインメント). (2017年4月27日). https://www.m-on-music.jp/0000200369/ 2017年4月29日閲覧。 
  384. ^ "NGT48のミニフィギュアを当てて参加できる「旅する3Dフィギュアフォトコンテスト」". MdN Design Interactive. エムディエヌコーポレーション. 2017-11-16. Retrieved 2017-11-18.
  385. ^ "「新潟コシヒカリ×NGT48」のプロモーションビデオを配信中!" (in Japanese). 新潟県. 2016-02-02. Retrieved 2016-06-14.
  386. ^ "おいしい新米と新米アイドルのコラボ! 新潟ライスガールズ×NGT48『新潟米コシヒカリ プロモーション』取材レポート". ガジェット通信. Retrieved 2016-01-18.
  387. ^ 新潟米コシヒカリ×NGT48スペシャルムービー EPISODE 01:「オーディション編」 / NGT48[公式] - YouTube
  388. ^ "NGT48太野彩香さん主演 新潟暮らしプロモーションムービーについて" (in Japanese). 新潟市. 2015-11-19. Retrieved 2016-01-18.
  389. ^ "新潟市消防団員を募集". 新潟市. 2017-02-16. Retrieved 2017-02-19.
  390. ^ 北原里英「NGT48も150周年を目指して頑張る」宣言」『ドワンゴジェイピーnews』ドワンゴ、2017年8月21日。2017年9月18日閲覧。
  391. ^ "NGT48出演、新潟の魅力PRスペシャルムービー公開中" (in Japanese). 新潟商工会議所. Retrieved 2016-01-18.
  392. ^ "NGT48出演、古町フルスマイル". 新潟商工会議所. Retrieved 2016-06-14.
  393. ^ “NGT48、新潟開港150周年PR動画で名所を駆け巡る”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年1月29日). https://natalie.mu/music/news/267215 2018年1月30日閲覧。 
  394. ^ NGT加藤美南&水沢彩佳、新潟市南区PR大使に」『日刊スポーツ』、2016年2月25日。2016年2月26日閲覧。
  395. ^ a b "南区PR大使引継式を行いました" (in Japanese). 新潟市. Retrieved 2018-05-29.
  396. ^ "第24回 参議院議員通常選挙「なかよくゴー!投票へ!」" (in Japanese). 新潟県選挙管理委員会. Retrieved 2016-06-25.
    【参議院議員選挙 啓発CM】なかよくゴー!投票へ! - YouTube - 新潟県公式チャンネル(2016年6月22日)
  397. ^ "NGT48本間日陽出演「日本一の米どころから、あなたへ。新潟の米 コシヒカリ」". NGT48 Mobile. AKS. 2017-10-05. Retrieved 2017-10-14.
  398. ^ “しまじろう新作に樋渡結依、鎌田菜月、村雲颯香がゲスト出演、水瀬いのりも参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年1月25日). https://natalie.mu/eiga/news/266637 2018年1月31日閲覧。 
  399. ^ "NGT48がチキンマックナゲットボックスを飾る". 日刊スポーツ新聞社. 2015-11-18. Retrieved 2015-11-18.
  400. ^ “〜NGT48とコラボレーション企画〜 「にっぽん烏龍500ml PET NGT48コラボラベル」(12種類) 「玉露入りお茶600ml PET NGT48コラボラベル」(13種類) 2016年6月6日(月)より新潟エリアで限定販売” (プレスリリース), ポッカサッポロフード&ビバレッジ, (2016年5月25日), http://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/160525_01.html 2016年6月16日閲覧。 
  401. ^ "NGT48からの挑戦!クリスマスプレゼントを探し出せ!". リアル宝探しタカラッシュ!. タカラッシュ. Retrieved 2017-03-03.
  402. ^ “NGT48がハローキティに変身、初のコラボレーション決定”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年10月26日). https://www.barks.jp/news/?id=1000148311 2017年10月28日閲覧。 
  403. ^ “NGT48劇場オープン3周年を記念して、完全撮り下ろし写真を使用したNGT48くじが登場!”. ロピロピ (南麻布ラボ). (2018年10月24日). http://lopi-lopi.jp/detail/21093/ 2018年10月30日閲覧。 
  404. ^ “AKB48・加藤玲奈が選抜 かわいいメンバー16人の水着写真集が発売”. JOSHI+ (oricon ME). (2017年2月2日). http://joshiplus.jp/trend/news/2085388/full/ 2017年2月19日閲覧。 
  405. ^ "月刊エンタメ12月号 本日(10/30)発売 充実のグラビア&読み応え十分の特集". エンタメNEXT. 徳間書店. 2015-10-30. Retrieved 2016-08-31.
  406. ^ "ENT!バックナンバー 日経エンタテインメント! 2015年12月号". 日経エンタテインメント!. 日経BP. 2015. Retrieved 2016-08-31.
  407. ^ 北原里英; 栗山敏昭 (2016年1月27日). 北原里英(NGT48)×栗山敏昭(栗山米菓社長)「リーダーシップ」について教わる. インタビュアー:鈴木初日. THE21オンライン.. http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/2776 2016年8月31日閲覧。 
    "THE21 2016年7月号". PHP INTERFACE. PHP研究所. 2016. Retrieved 2016-08-31.
  408. ^ “NGT48 日本ゴールドディスク大賞2018で2冠達成! 1年間に最も活躍した新人アーティストに”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク, プランテック, Prometheus Global Media). (2018年2月27日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/60534/2 2018年2月27日閲覧。 

関連項目

外部リンク

Template:AKB48の劇場公演 #invoke:navbox/former