NGC 4151

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NGC 4151
NGC4151 Galaxy from the Mount Lemmon SkyCenter Schulman Telescope courtesy Adam Block.jpg
NGC 4151
観測データ (J2000.0 元期)
星座 りょうけん座
赤経 12h 10m 32.6s[1]
赤緯 +39° 24′ 21″[1]
赤方偏移 0.003262[2]
995 ± 3 km/s[1]
距離 6200万光年[3]
(1900万パーセク)
タイプ (R')SAB(rs)ab,[1] Sy1[2]
角直径 (V) 6′.4 × 5′.5[1]
等級 (V) 11.5[1]
別名
UGC 7166,[1] LEDA 38739[1]
銀河銀河の一覧も参照

NGC 4151は、りょうけん座の領域にあり、地球から6200万光年離れた位置にある中間渦巻銀河である[3]。1787年3月17日にウィリアム・ハーシェルによって発見された[4]。この銀河は、1943年にカール・セイファートが著し、「セイファート銀河」という言葉が生まれる元となった論文に書かれた2つの銀河のうちの1つで、活動的な超大質量ブラックホールを持つ銀河の中で最も近いものの1つである。中心の超大質量ブラックホールは、4000万太陽質量と1000万太陽質量の2つのブラックホールが15.8年おきに互いに周回していると推測されている[5]

1970年にNASAX線天文衛星ウフルは、この銀河から来たX線を検出した[6]

その見かけから、NGC 4151のことを「Eye of Sauron」[注 1]というニックネームで呼ぶ天文学者もいる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サウロンの目」を意味する

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Results for NGC 4151”. NASA/IPAC Extragalactic Database. 2007年3月27日閲覧。
  2. ^ a b NGC 4151”. 2014年6月6日閲覧。
  3. ^ a b c W. M. Keck Observatory (2014年11月26日). “‘Eye of Sauron’ Provides New Way of Measuring Distances to Galaxies”. W. M. Keck Observatory. 2014年11月27日閲覧。
  4. ^ C. K. Seyfert (1943). “Nuclear Emission in Spiral Nebulae”. Astrophysical Journal 97: 28-40. Bibcode 1943ApJ....97...28S. doi:10.1086/144488. 
  5. ^ Bon; Jovanović; Marziani; Shapovalova et al. (2012). “The First Spectroscopically Resolved Sub-parsec Orbit of a Supermassive Binary Black Hole”. The Astrophysical Journal 759 (2): 118-125. arXiv:1209.4524. Bibcode 2012ApJ...759..118B. doi:10.1088/0004-637X/759/2/118. 
  6. ^ Gursky H; Kellogg EM; Leong C; Tananbaum H et al. (Apr 1971). “Detection of X-Rays from the Seyfert Galaxies NGC 1275 and NGC 4151 by the UHURU Satellite”. Ap J 165 (4): L43–8. Bibcode 1971ApJ...165L..43G. doi:10.1086/180713. 

外部リンク[編集]