NGC 4151

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 4151
NGC4151 Galaxy from the Mount Lemmon SkyCenter Schulman Telescope courtesy Adam Block.jpg
NGC 4151
観測データ (J2000.0 元期)
星座 りょうけん座
赤経 12h 10m 32.6s[1]
赤緯 +39° 24′ 21″[1]
赤方偏移 0.003262[2]
995 ± 3 km/s[1]
距離 6200万光年[3]
(1900万パーセク)
タイプ (R')SAB(rs)ab,[1] Sy1[2]
角直径 (V) 6′.4 × 5′.5[1]
等級 (V) 11.5[1]
別名
UGC 7166,[1] LEDA 38739[1]
銀河銀河の一覧も参照

NGC 4151は、りょうけん座の領域にあり、地球から6200万光年離れた位置にある中間渦巻銀河である[3]。1787年3月17日にウィリアム・ハーシェルによって発見された[4]。この銀河は、1943年にカール・セイファートが著し、「セイファート銀河」という言葉が生まれる元となった論文に書かれた2つの銀河のうちの1つで、活動的な超大質量ブラックホールを持つ銀河の中で最も近いものの1つである。中心の超大質量ブラックホールは、4000万太陽質量と1000万太陽質量の2つのブラックホールが15.8年おきに互いに周回していると推測されている[5]

1970年にNASAX線天文衛星ウフルは、この銀河から来たX線を検出した[6]

その見かけから、NGC 4151のことを「Eye of Sauron」[注 1]というニックネームで呼ぶ天文学者もいる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サウロンの目」を意味する

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Results for NGC 4151”. NASA/IPAC Extragalactic Database. 2007年3月27日閲覧。
  2. ^ a b NGC 4151”. 2014年6月6日閲覧。
  3. ^ a b c W. M. Keck Observatory (2014年11月26日). “‘Eye of Sauron’ Provides New Way of Measuring Distances to Galaxies”. W. M. Keck Observatory. 2014年11月27日閲覧。
  4. ^ C. K. Seyfert (1943). “Nuclear Emission in Spiral Nebulae”. Astrophysical Journal 97: 28-40. Bibcode 1943ApJ....97...28S. doi:10.1086/144488. 
  5. ^ Bon; Jovanović; Marziani; Shapovalova et al. (2012). “The First Spectroscopically Resolved Sub-parsec Orbit of a Supermassive Binary Black Hole”. The Astrophysical Journal 759 (2): 118-125. arXiv:1209.4524. Bibcode 2012ApJ...759..118B. doi:10.1088/0004-637X/759/2/118. 
  6. ^ Gursky H; Kellogg EM; Leong C; Tananbaum H et al. (Apr 1971). “Detection of X-Rays from the Seyfert Galaxies NGC 1275 and NGC 4151 by the UHURU Satellite”. Ap J 165 (4): L43–8. Bibcode 1971ApJ...165L..43G. doi:10.1086/180713. 

外部リンク[編集]