NGC 4026

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 4026
星座 おおぐま座
視等級 (V) 11.67[1]
視直径 5.2′ × 1.3′[1]
分類 S0 [1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 11h 59m 25.19s[1]
赤緯 (Dec, δ) +50° 57′ 42.1″[1]
赤方偏移 0.003286[1]
視線速度 (Rv) 985 ± 5 km/s[1]
距離 52 ± 14 Mly (16.0 ± 4.4 Mpc)[1]
別名称
別名称
UGC 6985, MCG +09-20-052, PGC 37760, 2MASS J11592508+5057420[1]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 4026は、おおぐま座にあるレンズ状銀河である。地球から約5000万光年の距離に位置し、見かけの大きさから、直径は約8万光年である。1789年4月12日にウィリアム・ハーシェルが発見した。

この銀河は超大質量ブラックホールを有しており、その質量は108.33±0.109(1億6600万 - 2億7500万)Mと推定される[2]

近隣銀河[編集]

NGC 4026はおおぐま座銀河団最大の銀河群であるM109銀河群に属している[3][4]。NGC 4026の近傍には低表面輝度の渦巻銀河であるUGC 6917(NGC 4026から0.7°の距離に位置している)、UGC 6922(NGC 4026から0.43°の距離に位置している)、UGC 6956(NGC 4026から0.17°の距離に位置している)が存在している[5]

NGC 4026には中性水素のガス雲が重なっており、ガス雲がフィラメント状に南へ伸びた見かけをしている。NGC 4026にある中性水素ガスの推定質量は最大でも0.71×108Mである[5]。NGC 4026とUGC 6956の中性水素ガス、そして中性水素フィラメントの合計質量は7.94×108Mと推定されている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 4026. 2016年1月18日閲覧。
  2. ^ Johannsen, Tim; Psaltis, Dimitrios; Gillessen, Stefan; Marrone, Daniel P.; Özel, Feryal; Doeleman, Sheperd S.; Fish, Vincent L. (2012-10-10). “MASSES OF NEARBY SUPERMASSIVE BLACK HOLES WITH VERY LONG BASELINE INTERFEROMETRY”. The Astrophysical Journal 758 (1): 30. doi:10.1088/0004-637X/758/1/30. 
  3. ^ Makarov, Dmitry; Karachentsev, Igor (2011-04-21). “Galaxy groups and clouds in the local (z∼ 0.01) Universe”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 412 (4): 2498–2520. Bibcode2011MNRAS.412.2498M. doi:10.1111/j.1365-2966.2010.18071.x. http://www.sao.ru/hq/dim/groups/galaxies.dat. 
  4. ^ Pak, Mina; Rey, Soo-Chang; Lisker, Thorsten; Lee, Youngdae; Kim, Suk; Sung, Eon-Chang; Jerjen, Helmut; Chung, Jiwon (September 2014). “The properties of early-type galaxies in the Ursa Major cluster”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 445 (1): 630–647. arXiv:1409.3070. doi:10.1093/mnras/stu1722. 
  5. ^ a b van Driel, W.; Davies, R. D.; Appleton, P. N. (1988-06). “Distribution and motions of atomic hydrogen in lenticular galaxies”. Astronomy and Astrophysics 199 (1-2): 41-60. ISSN 0004-6361. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?1988A%26A...199...41v. 
  6. ^ Wolfinger, K.; Kilborn, V. A.; Koribalski, B. S.; Minchin, R. F.; Boyce, P. J.; Disney, M. J.; Lang, R. H.; Jordan, C. A. (2012-11-10). “A blind H I survey in the Ursa Major region”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 428 (2): 1790–1817. doi:10.1093/mnras/sts160. 

外部リンク[編集]