NGC 3918

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 3918
Planetary nebula NGC 3918.jpg
星座 ケンタウルス座
視等級 (V) 8-10
視直径 8.5
分類 IV
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 11h 50m 17.7s[1]
赤緯 (Dec, δ) -57° 10′ 56.9″[1]
距離 4,900光年
別名称
別名称
He2-74 / Hen 2-74 / Sa2-81 / PK 294+4.1 / PN G294.6+04.7 / ESO 170-1[1]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 3918は、ケンタウルス座の明るい惑星状星雲である。"Blue Planetary"または"The Southerner"と呼ばれる。極南の惑星状星雲としては最も明るい。この星雲は、1834年3月にジョン・ハーシェルが発見した。誌直径は、8から10秒である。小さな望遠鏡でも容易に観測することができる。美しい青色は、1989年にボイジャー2号が撮影した海王星のカラー画像のようである。

分光観測により、NGC 3918は17±3.0 km/sで近づいていることが明らかになったが、星雲自体は24 km/sの速度で拡大している。中央の恒星は15.7B等級で、光学的には見えない。

距離は、約1500光年と推定されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c SIMBAD Astronomical Database”. Results for NGC 3918. 2007年4月20日閲覧。