NGC 3370

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NGC 3370
NGC 3370 Hi.jpg
星座 しし座
視等級 (V) 12.3[1]
視直径 3′.2 × 1′.8[1]
分類 SA(s)c[1] III
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 10h 47m 04.0s[1]
赤緯 (Dec, δ) +17° 16′ 25″[1]
赤方偏移 1279 ± 4 km/s[1]
距離 98×106光年
別名称
別名称
UGC 5887[1], PGC 32207, Silverado Galaxy
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 3370またはSilverado Galaxy[2]は、しし座の方角に約9800万光年離れた位置にある渦巻銀河である。直径(10万光年)と質量(1011太陽質量)は、銀河系に匹敵する。NGC 3370は、不明瞭な核の周りに複雑な渦状腕を持つ。

歴史[編集]

NGC 3370は、恐らくウィリアム・ハーシェルが発見し、彼によりII 81という符号が与えられた[3]。彼の息子であるジョン・ハーシェルは、後に750という符号を付けた。ウィリアムは、NGC 3370の前にNGC 3348I 80として、後にNGC 3455II 82として収録した[3]

この天体の表面輝度は13で、位置角は140°である。

1994年11月14日、S. Van Dykとロイシュナー天文台の超新星サーチは、NGC 3370中に超新星を発見し、SN 1994aeと命名した[4]。SN 1994aeは、Ia型超新星で、デジタル検出装置の出現以来、最も近く最も良く観測できたものの1つであった。超新星の最大光度は、11月30日から12月1日の間で、視等級は13と推定された[4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 3370. 2006年11月25日閲覧。
  2. ^ Sparrow, Giles (2006). Cosmos. Booksales. ISBN 1-905204-29-9. 
  3. ^ a b William Herschel's Deepsky Objects (The Herschel 2500 list)
  4. ^ a b A Look at NGC 3370 in Detail

外部リンク[編集]