NGC 3079

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 3079
ハッブル宇宙望遠鏡によるNGC 3079の画像 credit:HST/NASA/ESA.
ハッブル宇宙望遠鏡によるNGC 3079の画像
credit:HST/NASA/ESA.
星座 おおぐま座
視等級 (V) 11.5[1]
視直径 7′.9 × 1′.4[1]
分類 SB(s)c[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  10h 01m 57.8s[1]
赤緯 (Dec, δ) +55° 40′ 47″[1]
赤方偏移 1116 ± 1 km/s[1]
距離 5000万光年
別名称
別名称
UGC 5387[1], PGC 29050[1]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 3079は、おおぐま座の方角に約5000万光年離れた位置にある棒渦巻銀河である。この銀河の際立った特徴は、中心付近に形成された「バブル」である。

中心のバブル[編集]

NGC 3079の中心に形成されたバブルは、幅3000光年で、銀河円盤の上方3500光年以上のところにあると考えられている。このバブルは、高速で流れる粒子からできており、爆発的な星形成をもたらしていると考えられている。このバブルは約100万年前に形成されたと考えられ、コンピュータモデリングによると、約1000万年毎にバブルが形成されるサイクルが進行していることが示唆されている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 3079. 2006年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]