NGC 2608

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 2608
NGC 2608 (2MASS 近赤外線)
NGC 2608 (2MASS 近赤外線)
星座 かに座
視等級 (V) 13.01[1]
視直径 2.3 × 1.4 arcmin[1]
分類 SB(s)b[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 08h 35m 17.3s[1]
赤緯 (Dec, δ) +28° 28′ 24″[1]
赤方偏移 0.007122 (2135 ± 8 km/s)[1]
距離 93.0 Mly[2]
別名称
別名称
Arp 012, PGC 024111
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 2608は、かに座の方角に9300万光年の距離にある棒渦巻銀河である。幅62,000光年と銀河系の約60%である。SB(s)bに分類されるグランドデザイン渦巻銀河と考えられており、中央の明るい棒の周りで腕は適度に巻いている。この銀河は、ホルトン・アープにより、1966年の『アープ・アトラス』で「分裂した腕を持つ銀河」に分類され、「核は二重または対生の恒星」と記された[3]。NGC 2608は、現在は相互作用銀河であると考えられている[4]

超新星[編集]

SN 1920Aは、ドイツの天文学者マックス・ヴォルフが発見した。光度のピークは1920年12月17日で、11.7等級であった[1]。特異なものに分類され、「完全に異なる爆発メカニズム」の結果であると信じられている[5]

SN 2001bgは、イングランドの超新星ハンターであるトム・ボールズが口径0.36mのシュミットカセグレン式望遠鏡を用いて2001年5月9日に発見した[6]。発見時の等級は14、ピーク時の等級は13.7であった[7]。スペクトルから、Ia型超新星であることが示唆されている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 2608. 2008年12月7日閲覧。
  2. ^ Seigar, Marc S. (Jul 2005). “The connection between shear and star formation in spiral galaxies”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society: Letters 361 (1): L20–L24. arXiv:astro-ph/0504529. Bibcode2005MNRAS.361L..20S. doi:10.1111/j.1745-3933.2005.00056.x. 
  3. ^ Halton Arp (Nov 1966). “Atlas of Peculiar Galaxies”. Astrophysical Journal Supplement 14: 1. Bibcode1966ApJS...14....1A. doi:10.1086/190147. 
  4. ^ SIMBAD astronomical database”. Results for NGC 2608. 2017年9月27日閲覧。
  5. ^ Schaefer, Bradley E.; Girard, Terrence M. (1999). “Weird Supernovae: Superluminous, Superfast and Superfaint Examples”. Anni Mirabiles, A Symposium Celebrating the 90th Birthday of Dorrit Hoffleit held 7–8 March 1997 at Yale University, New Haven, CT.: 69–70. Bibcode1999anmi.conf...69S. 
  6. ^ International Astronomical Union Circular”. Supernova 2001bg in NGC 2608. Central Bureau for Astronomical Telegrams (2001年5月9日). 2008年12月8日閲覧。
  7. ^ 2001 Annual Report”. Central Bureau of Astronomical Telegrams (2002年). 2011年7月5日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 星図 08h 35m 17.3s, +28° 28′ 24″