NGC 1637

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 1637
ハッブル宇宙望遠鏡で撮影したNGC 1637 credit:HST/NASA/ESA
ハッブル宇宙望遠鏡で撮影したNGC 1637
credit:HST/NASA/ESA
星座 エリダヌス座
見かけの等級 (mv) 11.5[1]
視直径 4′.0 × 3′.2[1]
分類 SAB(rs)c[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  04h 41m 28.2s[1]
赤緯 (Dec, δ) −02° 51′ 29″[1]
赤方偏移 717 ± 1 km/s[1]
距離 25 ×106光年
他のカタログでの名称
PGC 15821[1]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 1637は、エリダヌス座の方角に約3500万光年離れた位置にある中間渦巻銀河である。NGC 1637の中で、1つの超新星SN 1999em)が発見されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 1637. 2006年11月25日閲覧。