NEOSSat

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NEOSSat
所属 CSADRDC
主製造業者 Microsat Systems Canada Inc.
公式ページ NEOSSat
国際標識番号 2013-009D
カタログ番号 39089
状態 運用中
目的 小惑星およびデブリの監視
設計寿命 1~2年
打上げ場所 サティシュ・ダワン宇宙センター
打上げ機 PSLV-CA
打上げ日時 2013年2月25日
物理的特長
本体寸法 1.4m x 0.8m x 0.4m
質量 65kg
発生電力 45W
姿勢制御方式 3軸姿勢制御
軌道要素
周回対象 地球
軌道 太陽同期軌道
高度 (h) 786km
軌道傾斜角 (i) 98.6度
軌道周期 (P) 100.6分
降交点通過
地方時
6時
観測機器
口径15cmマクストフカセグレン望遠鏡
テンプレートを表示

NEOSSat(Near Earth Object Space Surveillance Satellite)はカナダ宇宙庁(CSA)の人工衛星で、小惑星の発見を任務とする世界初の宇宙望遠鏡である。カナダ防衛研究開発研究所(DRDC)によってスペースデブリの監視にも使用される。

概要[編集]

NEOSSatは地球の公転軌道と交差し衝突する惧れのある小惑星(NEO)を発見することと、地球周回軌道上のスペースデブリを監視することの二つを任務としている。カナダ宇宙庁は民生品を多用し低コストを実現したMOST(2003年打ち上げ)の設計を汎用の小型衛星バス「Microsatellite Multi Mission Bus」として活用することを目指しており、MOSTに続くカナダ2番目の宇宙望遠鏡であるNEOSSatはその最初の適用となった。NEOSSatの外観もMOSTの設計を踏襲したスーツケースサイズの箱型であるが、その任務上太陽光を遮るため望遠鏡のバッフルが突き出た形状をしている。望遠鏡は口径15cmのマクストフカセグレンで視野角は0.85度。100秒の長時間露光を行った場合は19.5~20等級の撮像が可能となる。受光部に搭載された2つのCCD(1024×1024ピクセル)は、観測と衛星の姿勢制御にそれぞれ用いられる。

地球近傍天体の発見ミッションについては、太陽光の影響で地上からでは観測が難しい地球公転軌道の内側を専門の観測範囲としており、太陽からの離角が40~45度、黄緯±40度の範囲に望遠鏡を指向する。検出の対象となる小惑星の軌道グループとしてはアテン群アポロ群などがこれに該当する。小惑星捜索の観測データ解析はカルガリー大学の科学オペレーションセンターが担当。この科学研究チームを率いる主任研究者はチクシュルーブ・クレーターの発見でも知られるアラン・ヒルデブラント博士である。地球を周回するデブリの監視はカナダ防衛研究開発研究所(DRDC)の軌道監視システムの一環として行われ、MEO(中軌道)と、GEO(静止軌道)を含む高度15,000~40,000kmの範囲内にある物体を3秒角の精度で監視する。13.5等級の物体を検出可能であり、これは距離40,000km先にある2mサイズのデブリに相当する。

NEOSSatの製造費用1,500万ドルはカナダ宇宙庁とカナダ防衛研究開発研究所が分担し、衛星製造の主契約社はMicrosat Systems Canada社が選定された。衛星の各種テストはデビッド・フロリダ研究所が担当し、打ち上げ後の管制はセント・ヒューバートのカナダ宇宙庁ミッションオペレーションセンターにて行われる。

NEOSSatは地球観測衛星SARALの打ち上げに伴うピギーバックペイロードとして、2013年2月25日に軌道へ投入された。NEOSSatは当初2010年の打ち上げが予定されていたが、スケジュール遅延の結果、偶然ながらチェリャビンスク州隕石落下(2013年2月15日)によって天体衝突に対する世界的な関心が高まった直後に打ち上げられることとなった[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献・外部リンク[編集]