N.ドゼードの「リゾンは森で眠っていた」による9つの変奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

N.ドゼードの「リゾンは森で眠っていた」の主題による9つの変奏曲 ハ長調 K.264 (315d) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノ独奏のための変奏曲

概要[編集]

1778年に書かれた一連の変奏曲のひとつであるが、この変奏曲の主題は、1772年パリで初演されたニコラ・ドゼードオペラ・ブッファ「ジュリー(Julie)」第2幕のアリエッタ「リゾンは森で眠っていた("Lison Dormait")」による。このアリエッタは当時のパリでかなり流行したと思われる。このオペラは1778年8月20日にパリで再演されたが、モーツァルトはこのオペラを聴き、変奏曲を書いたものと推定される。ただし、パリ滞在中の完成か、ザルツブルクに帰郷してから作曲されたのかは確定されていない。作品は8年後の1786年になってからようやく出版された。

なお、モーツァルトの変奏曲は「きらきら星変奏曲」が演奏されるぐらいで、他の変奏曲は滅多に演奏されない。

構成[編集]

アンダンテの主題と9つの変奏からなり、演奏時間は約15分かかる。フィナーレの後カデンツァが付き、最後に主題が回想される。

外部リンク[編集]