Multicast Listener Discovery

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Multicast Listener Discovery(MLD、マルチキャストリスナ探索)は、IPv6 (インターネット・プロトコル・バージョン 6) におけるマルチキャストの受信者(リスナ)を探索するためのプロトコルである。IPv4におけるIGMPに相当し、ICMPv6の一部として実装されている。

IGMPv2に相当するMLDv1とIGMPv3に相当するMLDv2とがある。MLDは RFC 3810 によって規定され、 RFC 4604 により改訂されている。

以下のオペレーティングシステムは、MLDv2をサポートしている。

参考文献[編集]

  1. ^ MLD and IGMP Using Windows Sockets”. Windows Sockets 2. 2011年9月16日閲覧。
  2. ^ mld(4): Multicast Listener Discovery Protocol”. FreeBSD Kernel Interfaces Manual. 2009年5月27日閲覧。
  3. ^ Torvalds, Linus. “Linux 2.5.68 ChangeLog”. 2003年4月19日閲覧。