Mr.BOO!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Mr.Boo! (ミスター・ブー)は、

  1. 香港の人気タレント喜劇俳優であるマイケル・ホイ(許冠文)主演のコメディ映画『半斤八兩』(1976年)の邦題。
  2. 日本において、マイケル・ホイ主演の映画作品について シリーズものとして扱った場合の総称 。本稿で解説

シリーズとしてのMr.Boo![編集]

「Mr.Boo!」あるいは「新Mr.Boo!」作品はいずれも1970年代後半から1980年代にかけての香港社会を皮肉った、風刺色の強いコメディ映画である。これまでの香港映画の常識を覆し、それまでアクション中心だった香港映画のあり方を変えた。

実はマイケル・ホイの各作品はいずれも単独の作品であり、シリーズとして制作されたものはない。 日本で最初に公開されたマイケルの作品『半斤八兩』を、配給元東宝東和が『Mr.Boo!』というオリジナルの邦題で公開し、これが大ヒット。東和は早速マイケルの他作品の公開を決めたが、集客の連鎖を狙うため邦題にはいずれも「Mr.Boo!」あるいは「新Mr.Boo!」のタイトルを付け、シリーズもののように宣伝したのである。

キャノンボール』では1980年劇場公開当時、英語のセリフでもマイケルの役名がミスター・ブーとはっきり発言されていたが、これは該当シーンのTVキャスター役のセリフが、東宝東和により改変され吹き替えられているためである。国際版ではジャッキー・チェンとマイケル・ホイの役名は俳優名と同じであるが、TVキャスターはたどたどしい日本語を喋っていて、ジャッキーとマイケルを日本人と紹介するうえ、当人たちは広東語で会話しているなど不自然さが目立つがゆえの改変だった[1]

フジテレビゴールデン洋画劇場』で放映されたマイケル・ホイの吹き替えはほとんど広川太一郎が担当。2005年ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンDVD化されたものは一部作品は吹き替えなしだが、大半が広川の吹き替え版である。2004年に『新世紀Mr.Boo! ホイさま カミさま ホトケさま』のタイトルで主役をラウ・チンワンに変えてリメイクされ、マイケル・ホイ本人も特別出演している。日本語吹き替えはシリーズに引き続き、広川太一郎が担当した。

映画音楽[編集]

『Mr.Boo!』の日本公開後、ポリドールからサミュエル・ホイが歌う映画のテーマ曲のLPレコードやEPレコードが発売された。日本においてそれまで広東語の歌謡曲が販売されたことはなく、初の作品となった。テーマ曲『半斤八兩』のEPレコードは売れ行きもよく、赤塚不二夫作詞などの共作版も発売された。また、続く、『Mr.Boo!インベーダー作戦』、『Mr.Boo!ギャンブル大将』もLPレコード、EPレコードが発売された。

幻の作品[編集]

原題『天才與白癡 / The Last Message』(1975年)は、当時のマイケル主演・監督作品の中で唯一日本で公開されず、さらにはビデオやDVDも発売されていなかったが、2013年7月に『Mr.Boo!天才とおバカ』という邦題でBlu-rayソフトが発売、40年越しの日本初上陸となった。 日本で公開されなかった理由は明確ではないが、元々第4弾として公開する方向で話が進んでいたのが、急遽公開中止に至った様で、この映画の舞台が精神病院であるからとされている。これについてマイケル・ホイは『映画秘宝2005年11月号でのインタビューで、日本の配給会社に対して不満を口にしている。

シリーズ一覧[編集]

タイトルにMr.BOO!が付かずにビデオ化されたマイケル・ホイ主演の映画作品[編集]

初顔合わせ[編集]

Mr.Boo!BOX発売記念イベントでマイケルと広川の夢の初顔合わせが実現し、ファンを大いに沸かせた。マイケルは「僕の役はちょっとみっともなくてどスケベでどケチな広川氏にピッタリ」と"絶賛"し、広川は「ずっと吹き替えしたせいか初めて会ったとは思えない」と述べた。

脚注[編集]

  1. ^ 2014年11月25日に発売されたエクストリーム・エディション版ソフトには、インターナショナル版と日本公開版が収録されている為確認できる。