Mr.ムーンライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.ムーンライト
フォリナースタジオ・アルバム
リリース
録音 マイアミ クライテリア・スタジオナッシュビル エメラルド・スタジオ、ニューヨーク ベアズヴィル・スタジオ、レイク・ヒル ユートピア・スタジオ、ニューヨーク サウンドトラック・スタジオ、ノース・ハリウッド トラック・レコード・スタジオ、フィラデルフィア スタジオ4[1]
ジャンル ロックハードロック
時間
レーベル イギリスの旗欧州連合の旗アリスタ・レコード
アメリカ合衆国の旗リズム・サファリ
プロデュース ミック・ジョーンズルー・グラム、マイク・ストーン
アディショナル・プロダクション:ジョー・ニコロ、フィル・ニコロ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 17位(スイス[2]
  • 21位(ドイツ[3]
  • 59位(イギリス[4]
  • 60位(オランダ[5]
  • 136位(アメリカ[6]
フォリナー 年表
クラシック・ヒッツ・ライヴ
(1993年)
Mr.ムーンライト
(1994年)
The Best of Ballads – I Want to Know What Love Is
(1998年)
ミュージックビデオ
「White Lie」 - YouTube
「Under The Gun」 - YouTube
「Until The End of Time」 - YouTube
テンプレートを表示

Mr.ムーンライト』(Mr. Moonlight)は、イギリス人アメリカ人の混成ロックバンド、フォリナー1994年に発表した8作目のスタジオ・アルバム。『インサイド・インフォメーション』(1987年)以来となる、オリジナル・ボーカリストのルー・グラムが全面参加した作品である。

背景[編集]

ルー・グラムはソロ・アルバム『ロング・ハード・ルック』(1989年)のリリースを経て1990年にフォリナーを脱退したが、1992年にバンドに復帰し、ベスト・アルバム『アンド・ビヨンド (ベスト・オブ)』用の新曲3曲に参加した[7]。そして、グラムは本作で、ミック・ジョーンズやマイク・ストーンと共にプロデューサーとしてもクレジットされている[8]。グラム自身は後年のインタビューで、本作に関して「私がフォリナーで作ってきたアルバムの中で一番お気に入り」と語っている[9]

アリスタ・レコードから発売されたヨーロッパ盤は「ホワイト・ライ」から始まっているが[8]、リズム・サファリから1995年に発売されたアメリカ盤は「アンダー・ザ・ガン」から始まっている[10]

反響[編集]

イギリスでは先行シングル「ホワイト・ライ」が全英シングルチャートで最高58位を記録し[11]、本作は1994年11月12日付の全英アルバムチャートで59位となった[4]

1995年に発売されたアメリカ盤CDはBillboard 200で136位に終わり、フォリナーのスタジオ・アルバムとしては過去最低の成績となった[6]。また、アメリカでは「アンティル・ジ・エンド・オブ・タイム」がシングルとしてリリースされ、総合シングル・チャートのBillboard Hot 100で42位、『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリー・チャートで8位を記録している[6]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はルー・グラムミック・ジョーンズの共作。

イギリス盤、日本盤[編集]

「クラッシュ・アンド・バーン」は日本盤ボーナス・トラック

  1. ホワイト・ライ - "White Lie" - 4:17
  2. レイン - "Rain" (Lou Gramm, Mick Jones, Bruce Turgon) - 4:35
  3. アンティル・ジ・エンド・オブ・タイム - "Until the End of Time" (L. Gramm, M. Jones, B. Turgon) - 4:52
  4. オール・アイ・ニード・トゥ・ノウ - "All I Need to Know" - 4:45
  5. ランニング・ザ・リスク - "Running the Risk" (L. Gramm, Jeff Jacobs, M. Jones, B. Turgon) - 5:09
  6. リアル・ワールド - "Real World" - 6:20
  7. ビッグ・ドッグ - "Big Dog" - 4:47
  8. ホール・イン・マイ・ソウル - "Hole in My Soul" - 5:09
  9. アイ・キープ・ホーピング - "I Keep Hoping" (L. Gramm, J. Jacobs, M. Jones) - 5:10
  10. アンダー・ザ・ガン - "Under the Gun" (L. Gramm, J. Jacobs, M. Jones) - 4:18
  11. ハンド・オン・マイ・ハート - "Hand on My Heart" (L. Gramm, M. Jones, B. Turgon) - 4:59
  12. クラッシュ・アンド・バーン - "Crash and Burn" - 4:36

アメリカ盤[編集]

  1. "Under the Gun" (L. Gramm, J. Jacobs, M. Jones) - 3:52
  2. "Rain" (L. Gramm, M. Jones, B. Turgon) - 4:34
  3. "Until the End of Time" (L. Gramm, M. Jones, B. Turgon) - 4:51
  4. "White Lie" - 4:17
  5. "Big Dog" - 4:47
  6. "Real World" - 6:19
  7. "All I Need to Know" - 4:45
  8. "Hole in My Soul" - 5:08
  9. "I Keep Hoping" (L. Gramm, J. Jacobs, M. Jones) - 5:15
  10. "Running the Risk" (L. Gramm, J. Jacobs, M. Jones, B. Turgon) - 5:09
  11. "Hand on My Heart" (L. Gramm, M. Jones, B. Turgon) - 4:59

参加ミュージシャン[編集]

アディショナル・ミュージシャン

  • デュアン・エディ英語版 - リードギター (on "Until the End of Time")
  • イアン・ロイド - バックグラウンド・ボーカル
  • スコット・ギルマン - サクソフォーンリコーダー、バックグラウンド・ボーカル
  • Luis Enriques - パーカッション
  • ビリー・ブレムナー - ギター(on "All I Need to Know")
  • Paulette McWilliams - バックグラウンド・ボーカル(on "I Keep Hoping")
  • Tawatha Agee - バックグラウンド・ボーカル(on "I Keep Hoping")
  • ロビン・クラーク - バックグラウンド・ボーカル(on "I Keep Hoping")
  • ランディ・カンター - ギター、キーボード(on "White Lie", "Rain")

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CD英文ブックレット内クレジット
  2. ^ Foreigner - Mr. Moonlight - hitparade.ch
  3. ^ Offizielle Deutsche Charts
  4. ^ a b FOREIGNER | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
  5. ^ Foreigner - Mr. Moonlight - dutchcharts.nl
  6. ^ a b c Foreigner - Awards”. AllMusic. 2015年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月9日閲覧。
  7. ^ 日本盤CD (BVCA-648)ライナーノーツ(矢口清治、1994年9月23日)
  8. ^ a b Foreigner - Mr. Moonlight (CD, Album) at Discogs - ヨーロッパ盤の情報
  9. ^ CRR Interview - Lou Gramm: From a Black Sheep to Juke Box Hero”. Classic Rock Revisited. 2016年10月9日閲覧。
  10. ^ Foreigner - Mr. Moonlight (CD, Album) at Discogs - アメリカ盤の情報
  11. ^ FOREIGNER | full Official Chart History | Official Charts Company