moto (著述家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

moto1987年3月14日 - )は、1987年生まれ、長野県出身のビジネスマン。著書に『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』(扶桑社)がある。匿名で活動しており登壇イベント以外では顔を公表していない。インタビュー記事ではTwitterのアイコンで登場している。

経歴[編集]

長野県の短期大学卒業した後、新卒で地方のホームセンターへ入社した。その後、人材広告会社からリクルートへ転職し、上場ベンチャー企業、スタートアップ企業など、計6社を渡り歩いている。[要出典]

会社員を勤める一方で、転職メディアである「転職アンテナ」も運営。2018年にはmoto株式会社を設立し、代表を務めている。[1]

2019年にはHIRED株式会社を設立、現在2社の企業経営をしている。

エピソード[編集]

2019年バリューコマースにて開催された「バリューコマースサミット」にてMVPを受賞。

また、新R25ではレギュラーズメンバーに選抜されており、新R25の記事で「副業年収4,000万」というキーワードが日本のTwitterトレンドにもなった。

その他、Forbes日経ビジネス東洋経済オンラインNewsPicksなどのwebメディアに取り上げられている。

著書[編集]

『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 』扶桑社、2019年8月9日発売。

脚注[編集]

  1. ^ https://tenshoku-antenna.com

外部リンク[編集]