Mono (ソフトウェア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mono
開発元 Xamarin
最新版 5.0.0.100[1] / 2017年5月10日(6か月前) (2017-05-10
リポジトリ github.com/mono/mono
対応OS クロスプラットフォーム
種別 プラットフォーム
ライセンス GPL, LGPL, MITデュアル
公式サイト www.mono-project.com
テンプレートを表示

Mono(モノ)は、GNOMEプロジェクト創設者のミゲル・デ・イカザが開発した、Ecma標準に準じた.NET Framework互換の環境を実現するためのオープンソースソフトウェア群、またそのプロジェクト名である。

現在[いつ?]Xamarinが開発、販売、サポート業務を行っている。

共通言語基盤 (CLI) の実装やC#コンパイラなどが含まれる。

動作プラットフォーム[編集]

Monoはマルチプラットフォームであり、Linux (Android)、macOSiOSSolarisBSDOpenBSDFreeBSDNetBSD)、WindowsWiiPlayStation 3で動作する[2]

特定プラットフォーム向けに特化したサブプロジェクトも存在する。Xamarin.iOS(旧称:MonoTouch、2013年に改称)では、iPhoneiPadiPod touchといったiOSでの動作をサポートしている。また、MonoTouchの技術を応用し、Mac OS Xへのネイティブ対応を行うMonoMacプロジェクトも2010年に発表された。

プロジェクトの目標[編集]

マイクロソフトはFreeBSD、Windows、Mac OS Xで動作するシェアードソースCLIというCLIの実装を公開したが、マイクロソフトのシェアードソースライセンスは商用利用が禁止されているなど、コミュニティにとって十分とはいえない。MonoプロジェクトはPortable.NETプロジェクトとさまざまな点で共通した目標を掲げている。2016年6月にマイクロソフトからMITライセンスに基づいた[3]クロスプラットフォームかつオープンソースの.NET Framework実装として.NET Coreが正式リリースされ、SSCLIは存在意義を失ったが、Monoにも.NET Coreが取り込まれるなどの波及効果が表れている[4]

Monoプロジェクトの公式発表ではないが、その主導者であるミゲル・デ・イカザの言葉として、「Cでプログラミングするには人生は短すぎる」という標語が掲げられている。

Monoランタイム[編集]

Monoランタイムは多くのプロセッサで動作するJITコンパイラを搭載している。JITコンパイラはアプリケーションの実行中に共通中間言語 (CLI) コードをネイティブコードに変換し、それらをキャッシュする。実行前にネイティブコードに変換し、キャッシュしておくことも可能である。JITコンパイラが対応するプロセッサはx86x86-64IA-64SPARCPowerPCARMS/39032ビットおよび64ビット)、MIPSである[2]。それ以外のシステムでは、ネイティブコードに変換するのではなくインタプリタによって逐次バイトコードが実行される。ほとんどの状況で、JITコンパイラによる方法はインタプリタよりもパフォーマンスの点で勝っている。

また、マイクロソフト純正の.NET FrameworkではサポートされていないSIMDへの対応など、Mono独自の革新的な機能の取り込みも積極的に行われている。

歴史[編集]

2000年12月に.NETドキュメントが公開されると、Monoプロジェクトの創始者であるミゲル・デ・イカザは.NET技術に興味を魅かれた。バイトコードインタプリタを調べてみると、彼はメタデータに関する仕様が存在しないことに気がついた。2001年2月、彼は.NETメーリングリストにおいて不足している情報を公開するよう求め、同時にC#の習得のため、C#で書かれたC#コンパイラの開発に着手した。2001年4月、Ecma Internationalは不足していたファイル形式を公開し、デ・イカザはGUADEC2001年4月6日-8日)において彼の開発したコンパイラのデモンストレーションを行った(それは自分自身の解析が可能であった)。

Ximianノベルに買収される前のMonoの開発会社)では、生産性を向上するためのツールを開発するための会議が内部的に行われていた。実現可能性の調査の結果、そのような技術は構築可能であるという結論に至り、Ximianは他のプロジェクトからスタッフを集め、Monoチームを結成した。しかしXimian内部だけで.NETと同等のものを作るには人材が不足していたため、Monoをオープンソースプロジェクトとした。これは2001年7月19日、オライリーカンファレンスによって発表された。

3年近く経った2004年6月30日、Mono 1.0がリリースされた。

  • 2009年12月15日、Mono 2.6がリリースされた。Mono 2.6では、Windows Communication Foundation (WCF) や LLVM などをサポートした。
  • Mono 2.8でC# 4.0がサポートされた。
  • Mono 2.8.1でSystem.Text.Encodingにおいて日本語 (Shift_JIS) がサポートされた。
  • Mono 3.0.0でC# 5.0がサポートされ、async/awaitなどが利用可能となった。
  • Mono 4.0.0でC# 6.0がサポートされ、またマイクロソフトがMIT License下で公開した.NET Coreにより一部のコンポーネントが置き換えられた。.NET2.0/3.5/4.0のサポートが終了し、浮動小数点演算処理が最適化された[5]
  • Mono 5.0.0でC# 7.0がサポートされた。

プロジェクト名の由来[編集]

monoスペイン語で猿を意味するため、Monoのロゴには猿が描かれている。猿に関する名称はXimianの他のプロジェクトにも見られる。Mono FAQでは、名称の由来に関する質問に対して「我々は猿が好きなのです。」(We like monkeys.) と回答している[6]

Monoコンポーネント[編集]

Monoは大きく分けて3種類のコンポーネントから構成される。

  1. 中核コンポーネント
  2. Mono/Linux/GNOME開発スタック
  3. マイクロソフト互換スタック

中核コンポーネント[編集]

中核コンポーネントにはC#コンパイラ、仮想機械基本クラスライブラリが含まれる。これらはEcma-334[7]およびEcma-335[8]の標準に基づいており、これによってMonoを標準準拠のオープンソースなCLI仮想機械たらしめている。

Mono/Linux/GNOME開発スタック[編集]

Mono/Linux/GNOME開発スタックは、従来のGNOMEや他のフリーライブラリをアプリケーション開発に活用するためのツール群である。

これに含まれるものとしては、以下のものが含まれる。

  • Gtk# - GUI開発のためのライブラリ。
  • WebBrowser - 各種レンダリングエンジンをラッピングしたコンポーネント。
    • Gecko# - Geckoをレンダリングエンジンとして利用するMozillaライブラリ。
    • WebKit# - WebKitをレンダリングエンジンとして利用するWebKitライブラリ。

特に、Gtk#及びGnome#ではMonoアプリケーションをGNOMEデスクトップにネイティブアプリケーションとして統合することができ、また最新のMonoDevelopを用いる事でVisual StudioとWindows Formsの様なRAD開発も可能となった。

データベースライブラリはMySQLSQLitePostgreSQLFirebirdOpen Database Connectivity (ODBC)、Microsoft SQL Server (MSSQL)、Oracle、オブジェクトリレーショナルデータベースdb4oなど、多くのデータベースに接続することができる。

その他にも、UNIX統合ライブラリ、データベース接続ライブラリ、セキュリティスタック、XMLスキーマ言語RelaxNGなど、汎用的な.NET Framework向けの巨大ライブラリプロジェクトとしての側面もある。

マイクロソフト互換スタック[編集]

マイクロソフト互換スタックは、Windowsの.NETアプリケーションを他のオペレーティングシステムで利用するための機能を提供する。例えば、ADO.NETASP.NETWindows Formsなどの実装が含まれる。

ASP.NETへの対応については、XSPというC#で作られた独自のシンプルなウェブサーバ(アプリケーションサーバ)により実現している。

Windows Formsへの対応については、Wineとの協力により開発が行われている。

逆に、Windows Presentation Foundation (WPF) については、今のところ対応する予定は無いようである[9]。Xamarin.Formsによって提供されるXAML開発環境は、WPF/Silverlight/WinRTとは互換性がない。

出典[編集]

[ヘルプ]

主な対応ソフト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]