Mk43 (魚雷)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mk.43 短魚雷
MK43 torpedo on AD.jpg
種類 対潜短魚雷(LWT)
運用史
配備期間 1950年
配備先  アメリカ海軍
諸元
重量 120キログラム (260 lb)
全長 2.3メートル (7.5 ft)

エンジン 電気モーター推進
発射
プラットフォーム
固定翼機 ,ヘリコプター
テンプレートを表示

Mk43アメリカ合衆国が開発した短魚雷。対潜水艦用の小型魚雷であり、誘導魚雷としても初期のものである。電気モーター推進であり、直径は25cm(10インチ)、長さは2.3m(92インチ)、重量120kg(265ポンド)。最大速度は16kt。1950年より配備が開始され、Mk44などへの更新により、1960年代に退役した。

Mod0は水上艦および固定翼機搭載用であり、Mod1はヘリコプター搭載用であった。QH-50 DASH(DSN-2/QH-50B)にも搭載されていた。

参考文献[編集]