Microsoft Visual C Sharp

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「Microsoft Visual C#」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
Visual C#
開発元 マイクロソフト
初版 2002 (v7.0) - 2002年3月22日(13年前) (2002-03-22[1]
最新版 2015 / 2015年7月20日(20日前) (2015-07-20
対応OS Microsoft Windows[2]
プラットフォーム x86, x64 (WOW64)
種別 統合開発環境
ライセンス Microsoft EULA(プロプライエタリ)※無償版有
公式サイト Visual C# - MSDN
テンプレートを表示

Visual C#マイクロソフトによる C# 言語処理系の実装であり、Visual Studio ファミリーに含まれる C# 専用の統合開発環境 (IDE) である。バージョン2010まではVisual C#単体のExpressエディション製品も存在したが、2012以降はすべてのエディションにおいてVisual Studioに統合されている。

概要[編集]

C#.NET Framework による開発を最も効率よく行える言語として、マイクロソフトによって開発された仮想マシンベースの高級言語である。Visual C# は、Windows で C# による開発を行うための統合開発環境である。なお、C# で記述したコードはコンパイラによって一旦プラットフォームに依存しない中間言語にコンパイルされるため、Windows 以外であっても動作環境が存在すればプログラムは動作する。例えば、Xbox 360 には .NET Compact Framework に相当するランタイムが実装されているため、XNA Game Studio を使用することで、専用の開発キットを持たない一般の開発者が Xbox 360 で動作するゲームを開発することが可能となっている(マイクロソフトは XNA 用の開発言語として、Visual C# を使用することを推奨している)。

なお、マイクロソフト以外によるC#コード実行基盤の例として、クロスプラットフォームな.NET Framework互換実装を提供するオープンソースプロジェクトの Mono が存在する。またMonoに対応したIDEとしてMonoDevelopが存在する。

Visual Studio 2015では、これまで独立して存在したC#コンパイラとVB.NETコンパイラが再設計され、Roslynと呼ばれるコンパイラレイヤーとして構築し直された。Roslynによって制御用APIが提供され、IDEとの統合などが図られている[3] [4] [5]

開発可能なプロジェクト[編集]

Visual C#は多数の開発プロジェクト形式に対応している。Visual C# 2013における主な対応プロジェクトは下記である。

その他にも、.NET/WinRT対応のクラスライブラリ(DLL)やコンポーネントの開発、および単体テストプロジェクトの生成にも対応している。

姉妹言語[編集]

Visual Basic .NET (VB.NET)
Visual Basic 6.0 の後継として開発された、.NET Framework対応言語およびその処理系。
C++/CLI
C++を.NET Frameworkに対応させた言語。処理系としてVisual C++が存在する。
F#
.NET Framework対応の関数型言語。処理系としてVisual F#が存在する。
IronPython
インタラクティブシェル機能を持ったスクリプト言語であるPythonの.NET Framworkによる実装。
IronPython 自体は C# で記述されている。
Windows PowerShell
Windows Script Host の後継として開発された .NET Framework 対応のインタラクティブシェル機能を持ったスクリプト言語

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]