Microsoft Exchange Online

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Microsoft Exchange Online
開発元 マイクロソフト
最新版 2013 / 2013年2月27日
対応OS Microsoft Windows/Apple Macintosh
種別 グループウェア
ライセンス 月額課金サービス
公式サイト www.microsoft.com/ja-jp/office/365
テンプレートを表示

Microsoft Exchange Onlineは、マイクロソフトが開発したグループウェア/電子メールのサーバー製品であるMicrosoft Exchange Serverマイクロソフト自身がホスティングをして提供しているクラウドコンピューティング型のサービス。Microsoft Office 365のブランドで提供されるサービスの一部。マルチテナント型と専有型の2種類の形態がある。現在はExchange Server 2013をホスティングしたサービスとなっている。50GBのメールボックスを標準で提供している。

クライアント・デバイス[編集]

Exchange Onlineの利用は、Windowsパソコンで利用する場合は通常Outlookをクライアントソフトウェアとして利用する。Exchange Serverと同様、Outlook Web Appを使ってWebブラウザからアクセスする機能や、Windows MobileiPhoneXperia(SO-01B)のMoxierからアクセスする機能も提供されている。Macintoshからアクセスする場合は、Microsoft Outlook for Macをクライアントソフトウェアとして利用する。また、iPhoneiPad向けのアプリOWA for iPad/iPhoneも提供されており、多種多様な方法で利用することが可能である。

POPIMAPプロトコルも利用可能なので、メールだけは通常のメールソフトから見ることも可能である。ただし、POP3でメールをダウンロードすると、そのメールはIMAP側で既読になってしまうという欠陥があるが、これは現時点での仕様であり、要望が多ければ改善するとしている[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]