Memories Off 5 encore

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「Memories Off #5 encore」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
Memories Off #5 encore
ジャンル 恋愛アドベンチャーゲーム
ゲーム
対応機種 PlayStation 2
開発元 日本の旗5gk.(5pb.)
発売元 日本の旗サイバーフロント (PS2)
5pb.(PSP)
台湾の旗 香港の旗 中華人民共和国の旗光譜資訊
メディア DVD-ROM (PS2)
UMD (PSP)
プレイ人数 1人
発売日 2007年7月12日 (PS2)
2009年9月17日 (PSP)
レイティング CERO B
キャラクター名設定 不可
テンプレート - ノート

Memories Off #5 encore』(メモリーズオフ ファイヴ アンコール)は2007年7月12日サイバーフロントよりPlayStation 2向けで発売された恋愛アドベンチャーゲーム。『Memories Off #5 とぎれたフィルム』の後日談である。

概要[編集]

季節は『Memories Off #5 とぎれたフィルム』から半年後。

「とぎれたフィルム」の麻尋エンドから始まるが、春人と麻尋の関係ははっきりしておらず、そこにあすかや新たに一条秋名を加えて物語が展開する。#5本編の攻略ヒロインであった美海と瑞穂は登場せず、香月はサブキャラクターになっている。本作では随時視点が切り替わるようになっており、物語が多面的に展開する。

元々は開発・発売元であるKID(株式会社キッド)が開発しており、同社から2007年2月22日発売予定であった。しかし、2006年11月末に同社が自己破産したことを受け、一旦は開発・発売中止となっていたが、2007年2月にサイバーフロントが同社の全ての権利を取得したため、開発が再開された。その際、開発が旧キッドから同社スタッフが移籍した5pb.[1]に移っている。

2009年9月17日には、サイバーフロントから『Memories Off』シリーズの権利を取得した5pb.からPlayStation Portable版が発売された。

登場人物[編集]

河合 春人(かわい はると)
 : 森久保祥太郎
本作の主人公。千羽谷大学文学部2年生。4月7日生まれ。
映画サークル「CUM研」のメンバー。千羽谷の日暮荘102号室で一人暮らしをしている。
日名 あすか(ひな あすか)
声 : 野川さくら
綾園学院高等学校3年生。8月31日生まれ。
仙堂 麻尋(せんどう まひろ)
声 : 井ノ上奈々
ファミレスの「ルサック」でバイトをしている。12月19日生まれ。
一条 秋名(いちじょう あきな)
声 : 茅原実里
私立千羽谷第一高校2年生。10月11日生まれ。
観島 香月(みしま かづき)
声 : 桑谷夏子
千羽谷大学芸術学部2年生。11月29日生まれ。
小津 修司(おづ しゅうじ)
声 : 岸尾大輔
千羽谷大学理学部2年生。12月12日生まれ。
稲穂 信(いなほ しん)
声 : 間島淳司
麻尋とルサックでバイトをしている。1月4日生まれ。
日暮荘103号室で一人暮らしをしていて人によって名前が変わる「トモヤ」という犬を飼っている。
日名 雄介(ひな ゆうすけ)
声 : 櫻井孝宏
あすかの兄で春人の友人。故人。3月9日生まれ。

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 5pb.ではこの元KIDの開発チームを5gk.(Five Games Kid)レーベルとしている。

外部リンク[編集]