meaningful/Precious EP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
meaningful/Precious EP
THE RODEO CARBURETTORシングル
初出アルバム『Black Luster Songs(#1)
Kingdom(#2)』
B面 own man
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル エピックレコードジャパン
プロデュース THE RODEO CARBURETTOR
THE RODEO CARBURETTOR シングル 年表
meaningful/Precious EP
2006年
glare
2007年
テンプレートを表示

meaningful/Precious EP』(ミーニングフル・プレシャス・イーピー)はTHE RODEO CARBURETTORの1枚目のシングル

概要[編集]

唯一の両A面シングルとなった本作は、1曲目の「meaningful」はアルバム『Black Luster Songs』からのリカット。

批評[編集]

BARKSの宮本英夫は『meaningful』を「キャッチーでポップと言っても過言ではないようなメロディを持つ親しみやすいナンバーが隠れていて、彼らを単なるカルト・ヒーローで終わらせない」と評した[1]

CDジャーナルは『meaningful』を「ヴィながら妙にロマンティックなバラード」と、『Precious』を「軽めだがスピード感のあるロック」、カップリング『own man』を「昭和の歌謡曲にも通じるリフとメロディが魅力的」と評した[2]

収録曲[編集]

  1. meaningful
    作詞:鍛冶毅 作曲・編曲:THE RODEO CARBURETTOR
  2. Precious
    作詞・作曲:鍛冶毅 編曲:THE RODEO CARBURETTOR
  3. own man
    作詞・作曲:鍛冶毅 編曲:THE RODEO CARBURETTOR

脚注[編集]