Mavic (無人航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mavic
DJI Mavic Pro (32613533582).jpg
別名 DJI Mavic
開発元 DJI
製造元 DJI
種別 無人航空機
世代 3
発売日 2016年
入力機器 DJI GO 4 app, Mavic Pro Controller
デジタルカメラ Sony Exmor R IMX3771080pまたは4K; ジンバル装着
ウェブサイト www.dji.com/mavic
Mavic 2 Pro

Mavic(マヴィック、中国語: 拼音: )はDJI 製のクアッドコプター型無人航空機(ドローン)。遠隔操作が可能であり、空撮による写真撮影や、4Kでの動画撮影に用いることができる。またプロペラを支えるアームの折り畳みが可能で携帯性に優れることが特徴。

Mavic シリーズ[編集]

Mavic Pro[編集]

2016年に発表された初代Mavic機。約7 km離れて操縦ができ、27分もの長時間飛行が可能。また4Kでの動画撮影ができるといった特徴がある。 2017年にはMavic Pro Plutinumが発表される。飛行時間が30分と長くなり、より静音で飛行できるようになった。

Mavic Air[編集]

2018年に発表された、より小型のMavic。MavicPro同様に4K/30fpsでの動画撮影が可能であり、3軸ジンバルを備えることで安定した撮影が可能。SmartCapture機能や、前後・下の3方向の障害物検知システムを備える。最大飛行時間は21分。

Mavic 2 Pro、Mavic 2 Zoom[編集]

2018年8月発表、DJI初の全方向障害物回避センサーを搭載した小型無人航空機。4K/30fpsの動画を撮影することができ、31分の飛行が可能。 Mavic 2 Zoomは、光学ズームセンサーを備え、最大2倍の光学ズーム撮影が可能。また、ズーム機能を活かしたドリーズームといった撮影が可能。 Mavic 2 Proは、ハッセルブラッドブランドのカメラを備える。

Mavic 2 ENTERPRISE、Mavic 2 ENTERPRISE DUAL[編集]

2018年11月発表、Mavic2をベースに産業用として開発された。上部に拡張ポートをビーコンやスピーカー、ライトを搭載可能にした。また、バッテリーが自ら発熱し真冬でも安定したフライトができる。「DJI AirSense」に対応、ADS-Bの情報を取得し周辺を飛行している航空機の情報をDJI PILOT上に表示・警告できる。

外部リンク[編集]