manavee

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まにゃびー
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
専門分野 教育
設立日 2010年10月
代表者 花房孟胤
活動地域 全国
主な事業 教育格差の是正
事務所 東京都文京区
外部リンク http://manyavee.org/ (団体紹介)
http://manavee.com/ (無料講義動画公開サイト)
テンプレートを表示

manavee(マナビー)はかつて存在した、誰でも無料で大学受験生向けの講義が受けられるウェブ授業サービス。およびそれを運営する教育NPO法人まにゃびーの旧称。

概要[編集]

「地理的・経済的な教育格差の是正」を目標に、インターネットがあれば誰でも勉強ができる学習環境を実現する活動を行っている。主な活動スタッフは大学生であり、東京大学をはじめ、北海道大学から九州大学まで全国30大学、300人近い学生らが「先生役」として協力している[1]

沿革[編集]

  • 2010年10月 : 東京大学にて活動開始
  • 2010年12月 : 授業動画数100本を突破
  • 2011年12月 : 授業動画数1,000本を突破
  • 2012年2月 : 登録ユーザー数1,000人を突破
  • 2012年5月 : NHKおはよう日本にて活動内容放送
  • 2012年9月 : 大阪府の高校と提携し「出張manavee」を実施
  • 2012年11月 : 登録ユーザー数1万人を突破[2]
  • 2013年1月 : 大学入試センター試験即日解説動画を配信
  • 2013年3月 : 「manaveeSchool」開始
  • 2013年10月 : 登録ユーザ数3万人を突破
  • 2014年1月 : 授業動画数6,000本を突破[3]
  • 2014年2月 : 朝日のびのび教育賞 まなあさ賞受賞[4]
  • 2015年9月 : 団体名を「manavee」から 「まにゃびー」(manyavee) に変更[5]
  • 2017年3月31日 : 運営終了

事業内容[編集]

  • 『manavee』

現役難関大学生が授業動画を撮影し、インターネット上で提供するサービス。日本全国の大学生や社会人が先生となり、WEBを通じて無料で動画授業を提供している[6]

計19科目・10,000本以上の動画が投稿されており(2015年11月時点)、レベルや教科に合わせて自由にカリキュラムを組むことができる。全国の高校生など約5万人が視聴し、月間ページビューは60万にのぼる。

主なメディア掲載[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 難関大生が「塾代わりサイト」、通えぬ生徒応援 読売新聞[リンク切れ]
  2. ^ manavee登録ユーザー数1万人突破 誰でも無料で受験勉強ができる社会へ
  3. ^ 受験対策動画の無料配信「manavee」、動画数6000本突破[リンク切れ]
  4. ^ manavee(東京)*まなあさ賞 /受験生向け授業、無料配信
  5. ^ まにゃびー[リンク切れ]
  6. ^ 誰もが無料で大学受験勉強が可能…ウェブ授業サービス「manavee」
  7. ^ 被災受験生、夢諦めるな! 東北大生ら動画サイトで無料講義(河北新報)[リンク切れ]
  8. ^ ネットで無料で教えます! “イマドキ”の受験勉強は(NHKおはよう日本)[リンク切れ]
  9. ^ どこでも無料で受験勉強 大学生のネット教室、次々開設(朝日新聞)
  10. ^ 教育格差の是正期待 「ネット授業」広がる[リンク切れ]
  11. ^ (ひと)花房孟胤さん 無料の受験応援サイトをつくった東大文学部生(朝日新聞)[リンク切れ]
  12. ^ 地方受験生 『壁』超える 大学生の動画サイト、予備校代わり[リンク切れ]
  13. ^ 学び直しの機会、もらった[リンク切れ]
  14. ^ manaveeがめざましテレビで紹介されました
  15. ^ “先生のAKB48”を作りたい――ネット世代が生んだ学習サイト「manavee」
  16. ^ なぜ、NPO法人が運営する《manavee》は開発コストの9割を独自グループウェアに充てたのか。
  17. ^ 「お金がかかるのは変」 無料の受験動画サイト「manavee」作った東大生 プログラミング未経験から5万人が使うサイトに
  18. ^ <お知らせ>第15回朝日のびのび教育賞、6団体に[リンク切れ]

関連項目[編集]