マッドリブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Madlibから転送)
移動先: 案内検索

マッドリブ(Madlib、本名Otis Jackson, Jr.1973年10月24日 - )はアメリカミュージシャン音楽プロデューサーカリフォルニア州オークランド生まれ。アメリカのアンダーグラウンドヒップホップ界で著名なプロデューサー(トラックメーカー)である。

生い立ち[編集]

マッドリブはオークランドで生まれてすぐ、同じカリフォルニア州の田舎町オックスナードへ移住し、音楽家の両親(父Otis Jacksonと母Senesca Jackson)の手によって育てられ、幼少時から音楽と密接に関る。

音楽活動[編集]

彼がマッドリブとして初めて仕事をしたのは1993年20歳のとき、ロサンゼルスにてThe Alkaholiksの "Mary Jane" というLPをプロデュースしたときのこと。しかしプロデューサーとして有名になり始めたのは1999年ロサンゼルスを中心に活動するヒップホップインディーレーベル "Stones Throw" と契約し、LootpackのDa Antidoteをプロデュースしてからのことである。そして翌年の2000年、同じくStones ThrowからQuasimoto(クアジモト)という名義でリリースした "The Unseen" で、細かく千切られたサイケデリックなトラックの上でヘリウムを吸ったような声のラップを披露しアンダーグラウンドシーンに話題を振りまいた。それから現在に至るまで、MF DoomとのMadvillainやJay-DeeとのJaylibなどのヒップホップから、自身のジャズプロジェクトであるYesterdays New Quintetまで、数々の名義を使用して精力的にジャンルレスな音楽活動を続けている。また、その作品のどれもが高い賞賛を浴びているということは注目に値する。

ジャズミュージシャンへの憧憬[編集]

実の叔父であるジャズ・トランペッターのジョン・ファディスに影響を受けジャズへのめり込んだマッドリブは、サンプリングミュージシャンとして、訓練されたジャズミュージシャンに引け目を感じているとインタビューで語っている。歪な形でそれが具象化されたのがYesterdays New Quintetである。奇抜なサンプリングのアイディアはジャズミュージシャンの技術力になんとか追いつこうとしたものであろう。

ディスコグラフィー (主なアルバム)[編集]

その他プロデュース[編集]

  • Dudley Perkins - A Lil' Light, CD/LP (2003)
  • Wildchild - Secondary Protocol, (6 songs) CD/LP (2003)
  • Oh No - The Disrupt, (5 Songs) CD/LP (2004)
  • MED - Push Comes To Shove, (11 Songs) CD/LP (2005)

トリビア[編集]

  • 日本通であり、世界中の町でどこが最も印象に残っているかと聞かれ 「なんと言っても京都嵐山は神秘的だから好きだ」 と答えている。
  • マクドナルドのドライブスルーのマイクに話すのも照れるほどの恥ずかしがり屋で、カジモトでラップする時にピッチをあげるのも自分の声が嫌いだからである。

外部リンク[編集]