コンテンツにスキップ

Mac Catalyst

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。NUCO (会話 | 投稿記録) による 2022年2月9日 (水) 04:10個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (ノートにて反対意見が出なかったため要出典除去)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

Mac Catalyst
開発元 Apple Inc.
初版 2019年10月7日
対応OS macOS Catalina 10.15以降
種別 API
公式サイト developer.apple.com/jp/mac-catalyst/
テンプレートを表示

Mac Catalystとは、macOS向けアプリの開発用フレームワークであり、アプリの実行環境である。

概要

アプリ開発者は、Mac Catalystを利用することでiPad向けアプリをmacOSでも実行できるよう開発することができる[1]。従来、macOS向けアプリとiOS/iPad OS向けアプリは明確にXcodeプロジェクトを分けて開発する必要があり、コードやリソースを共有することは開発者が注意深く行う必要があった。しかしmacOS Catalina以降に搭載されたMac Catalystの機能を利用することで、アプリ開発のビルドターゲットとしてmacOSを選択し、簡単に開発・移植ができるようになった。

Mac CatalystはiOS/iPad OSの実行環境を模して動作するため、macOSのバージョン毎に下記のようなiOS/iPad OSバージョンの違いがある。例えばmacOS Catalina上ではiOS/iPad OS 13以降をターゲットとして開発されたアプリは動作するが、iOS/iPad OS 14以降をターゲットに開発されたアプリは動作しない。

最小展開ターゲットバージョン 動作するmacOSバージョン
iOS/iPad OS 13

Catalina 10.15以降

iOS/iPad OS 14

Big Sur 11以降[2]

iOS/iPad OS 15

Monterey 12以降[3]

詳細

Xcodeのプロジェクト内で展開対象のプラットフォームにMac Catalystを追加すると、Xcodeはプロジェクトに次の変更を加える[4]

  • デバッグ環境として"My Mac"を追加し、Xcodeを実行しているmacOS上でアプリを直接実行・デバッグできるようになる
  • Mac互換のコンテンツのみをリンクまたは埋め込むようになる
  • Macバージョンの最小展開ターゲットを設定したり、アプリのMacバージョン用のバンドル識別子を追加できるようになる

沿革

時期 内容
2019年

AppleはWWDC 2019でProject Catalystを発表し、iPad向けアプリをMacで動作させる仕組みを提供予定であると明かした[5]。Appleは同プロジェクトの成果を利用してNews、Homeや株価といったiOSアプリを移植し、macOS Catalinaとともにリリースした[6]。またその後TwitterGameloftなどのサードパーティもMac Catalystを利用してmacOS向けアプリをリリースした[7][8]

2020年

macOS Big Surのリリースに含まれたMac Catalystでは、iOS/iPad OS 14向けアプリの実行が可能になった。アプリのユーザーインターフェイスをMac用に最適化するかどうかのオプションや、iOS/iPad OS 14の新しい機能を利用できるようになった。

2021年

macOS Montereyのリリースに含まれたMac Catalystでは、iOS/iPad OS 15向けアプリの実行が可能になった。macOSネイティブアプリと同じフルスクリーン機能を利用できるようになったほか、iOS/iPad OS 15の新しい機能を利用できるようになった。

脚注

出典

  1. ^ Mac Catalyst”. Apple Developer. 2022年1月5日閲覧。
  2. ^ What's new in Mac Catalyst - WWDC20 - Videos” (英語). Apple Developer. 2022年1月5日閲覧。
  3. ^ What's new in Mac Catalyst - WWDC21 - Videos” (英語). Apple Developer. 2022年1月5日閲覧。
  4. ^ iOSアプリをmacOSで動作可能にする Project Catalyst”. InfoQ. 2022年1月5日閲覧。
  5. ^ iPadアプリをmacOSアプリにする「Project Catalyst」でTwitter公式アプリも復活へ”. ITmedia NEWS. 2022年1月5日閲覧。
  6. ^ Inc, mediagene (2019年6月24日). “macOSのボイスメモやホーム、ニュース、株価アプリが改善されるって”. www.gizmodo.jp. 2022年1月5日閲覧。
  7. ^ TechCrunch – Startup and Technology News” (英語). TechCrunch. 2022年1月5日閲覧。
  8. ^ ASCII. “「アスファルト9:Legends」がMacでもプレー可能に”. 週刊アスキー. 2022年1月5日閲覧。