m b v

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
m b v
マイ・ブラッディ・ヴァレンタインスタジオ・アルバム
リリース
録音 1996年 - 1997年、2006年 - 2012年
ジャンル シューゲイザー
時間
レーベル m b v
プロデュース ケヴィン・シールズ
専門評論家によるレビュー
マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン 年表
EP's 1988-1991
(2012年)
m b v
(2013年)
テンプレートを表示

m b vは、アイルランドオルタナティヴ・ロックバンドマイ・ブラッディ・ヴァレンタインの3rdアルバム。2013年2月2日発売。前作ラヴレスから実に22年ぶりの新作となった。

制作[編集]

アルバムの楽曲制作はバンド解散前の1996年~1997年と、バンド再結成の頃に行われた。1995年ベーシストデビー・グッギドラマーコルム・オコーサクがバンドを脱退するが、ケヴィンはアナログテープにギターリフを録音し始め、楽曲の骨組みを作っていく。1997年時点でアルバムのセッションは半分完了し、翌年にはアルバムを出せるとケヴィンは発言したが[1]、同年ギタリストのビリンダ・ブッチャーも脱退し、バンドは解散する。ケヴィンは再結成前年の2006年にアルバム制作を再開、それまでの音源に演奏を付け足す。2007年にバンドは再結成し、ケヴィンはアルバムのレコーディングの3/4は終わっていると宣言した[2]2011年2012年の間にボーカルベースドラム音源がオーバー・ダビングされた。2012年秋に新作発表。12月にマスタリング作業が完了し[3]、翌2013年2月にリリース。アルバムはプレスからの絶賛を持って迎えられた。

収録曲[編集]

作詞作曲:ケヴィン・シールズ

  1. She Found Now - 5:06
  2. Only Tomorrow - 6:22
  3. Who Sees You - 6:12
  4. Is This and Yes - 5:07
  5. If I Am - 3:54
  6. New You - 4:59
  7. In Another Way - 5:31
  8. Nothing Is – 3:34
  9. Wonder 2 – 5:52

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Shields, Kevin (July 1997). “About Bloody Time Too!”. NME (IPC Media). 
  2. ^ Prince, David (2007年11月6日). “My Bloody Valentine: the reunion confirmed”. The Daily Swarm. 2015年1月19日閲覧。
  3. ^ Nelson, Michael (2012年12月26日). “My Bloody Valentine Finish Mastering New Album”. Stereogum. Buzz Media. 2015年1月19日閲覧。