MSYS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MSYS(Minimal SYStem)は、Windows上で動作するUnixシェル(Bash)やテキスト操作ユーティリティ(gawk, sed, findutil)、ソースコードパッチ用ツール(diffutil), アーカイブツール(tar, bzip2, zlib)を統合したパッケージである。MinGWを補う目的で作られた。

概要[編集]

Unix向けのソフトウェアパッケージの一種であるtarボール(tar + gzip形式あるいはtar + bzip2形式で圧縮されたソフトウェア自体のソースコード/スクリプトのセット)からソフトウェアを構築・インストールするために最低限必要なツール群を提供している。また、仮想ターミナルソフト(rxvt)やCUIのテキストエディタ(Vim)も同梱しており、MinGWと併用する最小限のUnix風のCUI環境として利用することができる。

MSYSで提供されるライブラリ(msys-1.0.dllやmsys-z.dll)はGPLである。

このような環境はCygwinとも似ているが、CygwinがUnix環境すべてをWindows上で実現することを目標としている[1]のに対し、MSYSはプログラム開発の用途に限定的であるという違いがある。

MSYS2[編集]

MSYS とは独立に2013年から始まったプロジェクト。

関係する主なソフト[編集]

  • QGISGISソフト)
  • MinGW (GNUツールチェーンのWindows移植版)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cygwin” (英語). 2011年10月19日閲覧。 “Cygwin is: a collection of tools which provide a Linux look and feel environment for Windows.”

外部リンク[編集]