MPTP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MPTP
識別情報
CAS登録番号 28289-54-5 チェック
PubChem 1388
ChemSpider 1346 チェック
EC番号 248-939-7
KEGG C04599 チェック
MeSH 1-Methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine
ChEBI CHEBI:17963 チェック
ChEMBL CHEMBL24172 チェック
280
特性
化学式 C12H15N
モル質量 173.25 g mol−1
外観 明るい黄色の結晶[1]
融点

40 °C, 313 K, 104 °F

沸点

128-132 °C, 401-405 K, 262-270 °F (12 Torr[2])

への溶解度 Slightly soluble
危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
4
0
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

MPTP(1-メチル-4-フェニル-1,2,3,6-テトラヒドロピリジン、1-Methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine)は神経毒の一つで、ヒトが摂取するとパーキンソン病様の病態を引き起こす。これは、脳内でモノアミン酸化酵素によりパラコートに類似したMPP+(1-メチル-4-フェニルピリジニウム)に変換され、中枢神経系ドーパミン神経の特異的な脱落を引き起こすためである[3]

麻薬中毒患者が自分で合成した麻薬を用いたところ、パーキンソン病様症状を示した事がきっかけに見入出された(この患者は合成オピオイドの一種であるデスメチルプロジン英語版(1-メチル-4-フェニル-4-プロピオノキシピペリジン、MPPP)を合成したが、一部手順を省略したために不純物としてMPTPが生成してしまった)。パーキンソン病のモデル動物の作成に用いられるが、揮発しやすく、毒性が高いため、取り扱いは注意を要する。次亜塩素酸により分解される。

単体の他に塩酸(CAS登録番号:23007-85-4)が実験用に市販されている。

参考文献[編集]

  1. ^ 1-メチル-4-フェニル-1,2,5,6-テトラヒドロピリジン”. ChemicalBook. 2015年10月29日閲覧。
  2. ^ Buchi, I. J. (1952). Helvetica Chimica Acta 35: 1527–1536. doi:10.1002/hlca.19520350514. 
  3. ^ MPTP - 脳科学辞典

外部リンク[編集]