MODERN TIME (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MODERN TIME
吉川晃司シングル
初出アルバム『MODERN TIME
B面 「永遠のVELVET KISS」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ロック
レーベル SMSレコード
作詞・作曲 吉川晃司
プロデュース 木崎賢治
梅鉢康弘
チャート最高順位
吉川晃司 シングル 年表
キャンドルの瞳
(1986年)
MODERN TIME
(1986年)
NERVOUS VENUS
(1986年)
MODERN TIME 収録曲
A面
  1. 「Mis Fit」
  2. キャンドルの瞳
  3. Modern Time
  4. 「MISS COOL」
  5. 「Drive 夜の終わりに」
B面
  1. 「選ばれた夜」
  2. 「BODY WINK」
  3. ナーバス ビーナス
  4. 「サイケデリックHIP」
  5. 「ロスト チャイルド」
テンプレートを表示

MODERN TIME」(モダン・タイム)は、吉川晃司1986年3月21日にリリースした8枚目のシングルである。

解説[編集]

  • 吉川晃司が作詞・作曲の両方を手がけた初の楽曲である。ただし、これ以前にも「Gimme One Good Night」(作詞。アルバム『INNOCENT SKY』収録)、「I`m so crazy」(作曲。シングル『RAIN-DANCEがきこえる』収録)で作詞、作曲の経験はあった。
  • CDや映像作品によっては、楽曲欄に「MODERN TIME」または「Modern Time」と異なる表記が記載されている。
  • 1984年の『すかんぴんウォーク』から続いてきた主演映画「民川裕司」三部作の完結編『テイク・イット・イージー』の主題歌に起用されたため、4枚目のアルバム『MODERN TIME』(1986年)からシングルカットされた。
  • シングル盤とオリジナルであるアルバム盤とでは楽曲の一部が異なっている。シングル盤は終盤にボーカルがリピートするアレンジが加えられ、ボーカルありでフェードアウトで曲が終了する。アルバム盤ではボーカルのリピート無しでフェードアウトして曲が終わる。また曲の長さも両バージョンでは異なっている。
  • アルバム盤・シングル盤とは別にロングバージョンの「MODERN TIME II」が存在する。映画『テイク・イット・イージー』のサウンドトラック盤である『BOY'S NIGHT OUT -Soundtracks From TAKE IT EASY-』に収録され発表された。
  • SMSレコード時代の楽曲の中では、当時を除いてライブで披露されることが稀な部類に入るが、デビュー25周年企画として2009年5月20日に発売された37枚目のシングル『傷だらけのダイヤモンド』にunofficial live(ファンクラブ会員が対象の非公式ライブ)バージョンが収録された。「MODERN TIME」のライブ音源がCDに収録されたのは初となった。
  • カップリング曲の「永遠のVELVET KISS」は、同映画の挿入歌に使用された。なおこの曲のCD音源は前述のサウンドトラック盤、ソロ活動休止前の1988年に再発売された8センチCD盤、限定販売のアルバム『B-SIDE+』にのみ収録されており、音源の入手は困難となっている。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1986年3月21日 SMSレコード EP SM07-260 10位
2 1988年12月16日 SMSレコード 8センチCD MD10-8 -

収録曲[編集]

  1. MODERN TIME
  2. 永遠のVELVET KISS

収録アルバム[編集]