MKレストラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイ・バンコクのMKレストラン

MKレストラン(えむけいれすとらん)はタイで営業しているタイスキチェーンストア日本では株式会社プレナスしゃぶしゃぶを中心とする外食チェーンストアとして展開している。日本での商号は「しゃぶしゃぶダイニングMK」。

概要[編集]

タイではタイスキのレストランとして営業しており、バンコクをはじめタイ全土の百貨店や、大手スーパーマーケットに多く出店されている。タイではタイスキの他にタイ風ローストダックが有名である。夜には店員がダンスを行う事でも有名である。「MKゴールド」という高級店舗があり、内装が豪華であるほか、ワインも楽しむ事が出来る。

日本では「しゃぶしゃぶ飲茶のレストラン」として営業しているが、その「しゃぶしゃぶ」は実際にはタイスキに近いものであり、日本人に分かりやすくするために「しゃぶしゃぶ」としているものとみられる。タイのMKレストランと具材やソースもほぼ共通のものであるが、ソースにポン酢や梅塩があるなど日本独自のものもある。2019年1月末現在、合計35店舗があり、関東地区には東京都に4店舗、中国地区には広島県に2店舗、山口県に1店舗、九州地区には福岡県に18店舗、佐賀県に1店舗、長崎県に3店舗、熊本県に4店舗、大分県に2店舗、鹿児島県に1店舗がある。

プレナスとタイのMKは互いにフランチャイズ契約を結んでおり、MKはやよい軒をタイで営業している。シンガポールには共同で会社を作っており、ほっともっとやMKレストランをオープンさせている。

歴史[編集]

日本のMKレストラン

MKレストランはリット・ティラコーメンによって1986年に設立された。「MK」という名前は、この時支援を行ったマーコン・キンジー(Markon King Yee)に由来する。ちなみに、リット・ティラコーメンはタイの本屋チェーンであるSe-ed(th:ซีเอ็ดยูเคชั่น、SEエデュケーションと読む)の設立者でもある。

日本では、1993年福岡県の会社で、ほっともっと等を運営するプレナスによって「株式会社プレナス・エムケイ」が設立され、1994年に、日本第1号店が福岡市中洲にオープンした。その後は福岡県を中心に出店し、1999年には現在の店舗の形が形成された。近年では関東地方にも進出しており、2008年には千葉県浦安市に関東地方に初出店したほか、2010年には東京都新宿に店をオープンしている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]