MINASE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

MINASE (ミナセ) は、精密機械メーカーの協和精工が2005年に設立した日本の時計ブランド。秋田県皆瀬(現・湯沢市)に時計工房が所在することが名称の由来である[1]

概要[編集]

1963年に、東京都江戸川区に、協和精工を創立し、機械部品や切削工具等の製造販売をてがける。翌年、腕時計側加工用段付ドリルを開発し、腕時計関連の業務を専門に扱うようになる。1988年に、秋田県皆瀬村 (現・湯沢市) に高級腕時計専門の工場を設立し、製造販売をはじめる。1996年には、時計の設計開発から製作までを手がける、総合時計製作メーカーとなる。微細工具メーカーとしては「KYOWA」ブランドを展開している。[要出典]

2005年に、協和精工が、時計ブランドのMINASEを設立し、「マスタークラフト」シリーズを発表する。2011年には「HiZ(ヒズ)」シリーズを発表し、全国展開を開始する。2015年には、誕生10周年を記念した限定100個の2015-16年冬限定カラー「シャンパンゴールド」を発表している[2]

特徴[編集]

「100年後も語り継がれる時計」をコンセプトとし、日本人のモノ作りの精神の具現化を掲げて、理想の時計づくりを目指している[1]価格帯は30万円-50万円台が主流であるが、140万円前後の価格で、完全受注生産による高級時計も製作している。ムーブメントはETA社製品を一度、完全に分解し、オリジナルのカスタムメイド品として搭載している。 日本人のモノ作りの精神の具現 をモットーにしているがETA社のムーブメントを使用している理由は、国内産機械式ムーブメントを製造しているセイコー、シチズン両社と取引があるため、どちらのものを採用してももう一方に角が立つため である。なお自社ムーブメント製造に向けた基礎研究は行っているため、ゆくゆくは自社ムーブメントを搭載したい としている[要出典]

高度な技術が必要とされるザラツ研磨を用いた鏡面加工と、協和精工が所有する特許技術によるMORE構造が特徴である[3]

製品[編集]

マスタークラフトシリーズ[編集]

受注生産によるハンドメイド製作品である。全ての外装パーツが完全に分解可能となるMORE構造を用いた、時計のブレスレットを採用している。ケースとブレスレットは自社生産であり、寸法精度が精密に保たれている。[要出典]

HiZ (ヒズ) シリーズ[編集]

MORE構造を用い、ケース上下、4つのラグを分割できる構造となっている。

  • DIVIDO
  • FIVE WINDOWS
  • FIVE WINDOWS 18K カスタムオーダー
  • HORIZON

沿革[編集]

  • 1963年8月 - 東京都江戸川区に協和精工株式会社創業[4]
  • 2005年 - 時計ブランド「MINASE」を創立[4]
  • 2006年 - 「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定される[5]
  • 2007年 - 第2回ものづくり日本大賞「東北経済産業局長賞」を受賞[4]
  • 2008年 - cBNスパイラルエンドミルで「超モノづくり部品大賞」機械部品賞を受賞[6]
  • 2009年10月 - 電解砥粒研磨法の特許により「中小企業庁長官奨励賞」を受賞[7]
  • 2011年3月 - MINASEの全国展開を開始[4]
  • 2011年 - スパイラルPCD(多結晶ダイヤモンド)ボールエンドミルで「超モノづくり部品大賞」機械部品賞を受賞[8]
  • 2012年 - 分解・再生が可能な独自構造の腕時計の特許により「発明奨励賞」を受賞[9]
  • 2018年4月 - スイス・ジュネーブの高級時計専門店「La Maison de l'Horlogerie」での販売を開始する予定。[10]

出典[編集]

  1. ^ a b 「MINASE × junhashimoto」のウォッチが35本限定発売”. OPENERS (2014年10月22日). 2016年4月26日閲覧。
  2. ^ 国産時計ブランド「ミナセ」創立10周年記念限定モデル|MINASE”. OPENERS (2015年5月26日). 2016年4月26日閲覧。
  3. ^ 協和精工の腕時計ブランド「ミナセ」より、2015-16年冬限定カラー「シャンパンゴールド」が登場”. Fashion Press (2015年11月22日). 2016年4月26日閲覧。
  4. ^ a b c d 元気なモノ作り中小企業300社 2006年度選定企業一覧”. 独立行政法人中小企業基盤整備機構. 2016年4月26日閲覧。
  5. ^ 元気なモノ作り中小企業300社 2006年度選定企業一覧”. 独立行政法人中小企業基盤整備機構. 2016年4月26日閲覧。
  6. ^ 超モノづくり部品大賞 2008年の受賞部品”. 日刊工業新聞社「モノづくり日本会議」事務局. 2016年4月26日閲覧。
  7. ^ <本号の注目企業・東北I>(東北経済連合会からのご紹介) (PDF)”. 株式会社けいはんな (2011年6月). 2014年4月29日閲覧。
  8. ^ 超モノづくり部品大賞 2011年の受賞部品”. 日刊工業新聞社「モノづくり日本会議」事務局. 2016年4月26日閲覧。
  9. ^ 平成24年度東北地方発明表彰受賞者一覧”. 公益社団法人発明協会. 2016年4月26日閲覧。
  10. ^ 協和精工株式会社のオリジナル国産腕時計ブランド 「MINASE」(ミナセ)ヨーロッパに進出、4月からスイスで販売開始

外部リンク[編集]