MGM/CGM-13 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

MGM/CGM-13 メイス

国立アメリカ空軍博物館に展示されているCGM-13B

国立アメリカ空軍博物館に展示されているCGM-13B

MGM/CGM-13 メイス: Mace)あるいは メース は、アメリカ合衆国マーチンによって開発され、MGM-1 マタドールから発展した戦術地対地巡航ミサイルである。通称の「メイス」とは打撃武器の戦棍・鎚矛、又は儀礼用の職杖の意味。1963年命名規則の変更までTM-76 戦術ミサイルと呼ばれ、後に移動発射型がMGM-13、コンテナ発射型がCGM-13に改名された。

アメリカ軍は、軍占領下にあった沖縄に1961年から大陸の共産圏側に向けたメースを配備する四カ所の基地を建設した。その頃の日本の新聞、雑誌などでは「メース」、「メースB」と表記されている。

概要[編集]

メイスの開発は1954年から始まり、1956年に試作機YTM-61Bが初めて発射された。最初の発射実験は、1958年6月10日、ニューメキシコのホロマン空軍ミサイルセンターで行われた。メイスの配備は1959年から始まり、1971年まで運用されていた。

形状は、円柱形の胴体に後退翼を持ち、T字尾翼を配していた。初期加速時のために固体燃料ブースターロケット、巡航時のためにアリソン J33ターボジェットエンジンを使用し、移動式のトレーラー又は防護された掩蔽壕から発射(ゼロ距離発進)された。また、メイスは、後のAGM-28 ハウンド・ドッグと共通のW28核弾頭を搭載できた[2]。メイスのサイズと飛行性能が航空機に似ていたため、若干のメイスが標的ドローンとしても使用された。

各型[編集]

メイスの生産は1958年に始まり、最終的には2つの形態のミサイルが配備された。

防護された掩蔽壕からのメイスBの発射
  • メイスA (MaceA) は、ATRAN(Automatic Terrain Recognition And Navigation)地形照合レーダー航法装置を装備している。可動式トレーラーランチャーに搭載されるように設計された。1959年6月、西ドイツに配備された。
  • メイスB (MaceB) - 慣性航法装置を装備し、射程延伸。コンクリートで強化されたシェルターから発射されるよう設計され、1961年に沖縄に配備された[3]

現存するMGM/CGM-13[編集]

次のリストは、メイスミサイルを展示している博物館である。

沖縄に配備されたメースB[編集]

メースBが配備されていた沖縄の基地
嘉手納第4サイト (恩納村) のメースB

第498戦術ミサイル群[編集]

1961年3月、米国は占領下の沖縄にメースBの配備を決定、嘉手納基地に拠点をおく第5空軍の第498戦術ミサイル隊 (498th Tactical Missile Group) の管理下で、読谷の第一サイト、勝連半島の第二サイト、金武の第三サイト、恩納村の第四サイトの4カ所にメースB発射台の地下拠点が作られた[4]

  1. 嘉手納第1サイト - ボロー・ポイント射撃場内
  2. 嘉手納第2サイト - ホワイト・ビーチ地区内
  3. 嘉手納第3サイト - ギンバル訓練場
  4. 嘉手納第4サイト - 恩納サイト内

それぞれのサイト(基地)に8基のミサイルが配備され、それぞれのサイトの地下に作られた頑丈なコンクリートシェルターに2つの発射制御センターがあった。そこで広島型原爆より約70倍の威力があるというマーク28核弾頭を搭載したメイスB巡航ミサイルを各4基づつ、各7人の特別訓練を受けた「ミサイラー」と呼ばれる発射担当官が担当しており、沖縄には32基の核ミサイルメースBが随時発射可能な状態で配備されていた[5]

1961年11月4日、箱根観光ホテルでの国務長官ディーン・ラスクと、日本の小坂善太郎外相が出席した会談では「(核兵器の)配備を発表すれば日本で激しい反発を生み、政府は国会質問で答弁を余儀なくされる」と、極秘に行うことを要請している[6][7]。米国も日本に原爆を投下した米国による沖縄へのメースミサイル配備は非常に繊細な問題であるということを認識しており、当時のロバート・マクナマラ国防長官は徹底した秘匿の状態で配備することを命じていた。第498戦術ミサイル隊はイニシャルのTMGでのみ呼ばれるよう指示され、エンブレムも作り直された。ミサイルは多くの場合、完全に人目に触れないように搬入された[8]

2013年5月、ギンバル訓練場の2011年の返還にともない、基地の地下に残されていたコンクリートの地下部分の撤去作業の様子がメディアに公開された[9]。メースが撤去された1970年に米軍が地上部分を解体していたが、元退役軍人の証言を裏付けるように、地下11メートルまで強固なコンクリートのシェルターで構築された地下室が二つ廊下で連結されていた。解体工事費用は約1億5千万円とされ、地元に返還された[10][11]

現在、恩納サイトの嘉手納第四サイトにあったメースB基地のみが保存され、一般公開されている。

メースB誤射未遂事件[編集]

1962年10月14日、キューバ西部を調査飛行中の米軍偵察機が捉えた写真がキューバ危機をひきおこすと、一気に緊張はデフコン2へと引き上げられ、厳戒態勢に入った[12][13]。10月28日の未明、当日ボロ―ポイント(嘉手納第一サイト)で勤務していたTMGの退役軍人ボードンによると、嘉手納基地から4基ミサイル全部の発射を命ずる無線暗号が送られてきた。ウィリアム・バセット大尉がデフコン2で発射命令は奇異と感じ、所定の手順に従わず、中断させ命令を確認する作業に入った。確認の結果、通信上のミスであることがわかった。暗号の手違いで沖縄の米軍基地から複数の核兵器が他国に発射されるという危機は、このように間一髪で阻止された[14][15]。ボードンは、後に誤信号を送ったとされる少佐への軍法会議に出廷したことを証言している。旧ソ連の1983年9月26日におこった核兵器攻撃誤報事件(スタニスラフ・ペトロフ)は有名になったが[16]、西側のメースB誤射未遂事件に関して詳細はいまだ明らかにされていない[17]

仕様[編集]

MGM/CGM-13B[編集]

出典:the National Museum of the U.S. Air Force[1]

  • 全長: 13.56 m (44 ft 6 in)
  • 直径: 1.37 m (4 ft 6 in)
  • 全高: 2.92 m (9 ft 7 in)
  • 発射重量: 8,164 kg (18,000 lb)
  • 機関
    • 第1段: チオコール 固形燃料ブースターロケット × 1
      推力: 445 kN (100,000 lbf)
    • 第2段: アリソン J33-A-41 ターボジェット × 1
      推力: 23 kN (5,200 lbf)
  • 巡航速度: 565 kt (1,046 km/h, 650 mph)
  • 運用高度: 305~12,192 m (1,000~40,000 ft)
  • 射程: 1,217 nm (2,253 km, 1,400 mi)
  • 弾頭:

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b the National Museum of the U.S. Air Force - CGM-13B Fact Sheet
  2. ^ a b The Nuclear Weapon Archive
  3. ^ a b Air Force Space & Missile Museum "MACE B exhibit"” (英語). 2020年9月16日閲覧。
  4. ^ 沖縄県 知事公室地域安全政策課「沖縄の海兵隊をめぐる米国の政治過程」 pp. 24-25
  5. ^ 498th TMG - Kadena Air Base, Okinawa”. www.mace-b.com. 2020年9月16日閲覧。
  6. ^ Okinawa, nuclear weapons and 'Japan's special psychological problem'” (英語). The Japan Times (2012年7月8日). 2020年9月16日閲覧。
  7. ^ Gp, 投稿者. “ジョン・ミッチェル核報道「沖縄、核兵器、そして『日本の特別な心理的問題』」”. 2020年9月16日閲覧。
  8. ^ Okinawa's first nuclear missile men break silence | The Japan Times Online”. web.archive.org (2012年8月12日). 2020年9月16日閲覧。
  9. ^ Company, The Asahi Shimbun. “旧米軍用地の原状回復に注がれた日本の129億円 - 島袋夏子|論座 - 朝日新聞社の言論サイト” (日本語). 論座(RONZA). 2020年9月16日閲覧。
  10. ^ 琉球新報「撤去進む「核の遺構」ギンバル訓練場内メースB跡地公開」2013年5月24日 09:48
  11. ^ 琉球新報「ギンバルでミサイル跡地撤去 住民、核間近に恐怖」2013年5月22日 11:34
  12. ^ Okinawa's first nuclear missile men break silence | The Japan Times Online”. web.archive.org (2012年8月12日). 2020年9月16日閲覧。
  13. ^ Gp, 投稿者. “ジョン・ミッチェル核報道「沖縄最初の核ミサイル要員が沈黙を破る」”. 2020年9月16日閲覧。
  14. ^ The Okinawa missiles of October” (英語). Bulletin of the Atomic Scientists (2015年10月25日). 2020年9月16日閲覧。
  15. ^ Schwarz, Jon (2015年10月28日). “How One Air Force Captain Saved the World From Accidental Nuclear War 53 Years Ago Today” (英語). The Intercept. 2020年9月16日閲覧。
  16. ^ CNJ. “「核ミサイル発射の誤報」から世界を救ったソ連将校、静かな死” (日本語). WIRED.jp. 2020年9月16日閲覧。
  17. ^ Cold War missileers refute Okinawa near-launch”. Stars and Stripes https://archive.is/CXmJ9. 2020年9月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]