MG・MGC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MG C オープンボディ。ボンネットのバルジが特徴。

MGCは、イギリススポーツカーブランドである、MG の主要車種の一つMGBのバリエーションのひとつ。

概略[編集]

1962年にMGBが発表されるが、時代のモアパワー、モアスピードの要求に答えるのと、グループ企業であるBMC傘下の大排気量6気筒OHV搭載オープンスポーツカー、オースティン・ヒーリーの置き換え車種として計画された。1967年に発表され、オープン2座モデルと、GTと呼ばれるクーペボディモデル、GTのレーシング・スペシャルモデルであるGTSの3種類がある。エンジンはBMCグループで実績のあるOHV直列6気筒2,912ccを搭載。

モータースポーツの分野ではワークス、セミワークスとして活躍したが、重量バランスとフロントサスペンションの構造上、運動性能が全般に優れているとは言い難く、マーケッティングとしては不成功に終わった。運動性能に関しては1973年に類似のコンセプトで開発されたMGB GT/V8に於いて劇的に改善された。なお、後継車種はこのMGB GT/V8、及び1992年のV8エンジン搭載のMG RV8

諸元[編集]

1967/7 G/CN-101(GT G/CD-101)~1969/8 G/CN-9009(GT 1969/9 G/CD-9102)

長さ 12ft 9in(389cm)
幅 5ft(152cm)
高さ(127cm)
重さ 2445lb(1,250kg)
前軸重 (650kg)
後軸重 (490kg)
  • (国内登録車検証参照値)
エンジン BMC Cシリーズ2,912cc直列6気筒
最高出力 145英馬力/5,250rpm
トルク 170lbft/3,400rpm
ギア 4速MTオーバードライブ/3速AT
ブレーキ フロント/ディスク, リア/ドラム
フロント・サスペンション トーションバー
リア・サスペンション リーフスプリング, live axle(リジッドアクスル)
最高速 120mph
0-60 mph 8.5秒
Fuel Consumption 20 - 26 mpg approx

その他[編集]

4気筒モデルでも同様であるが、GTボディの日本国内登録の場合、自動車保安基準の審査事務規定第5章34-1-(2)-(1)に規定されている「自動車の運転者以外の者の用に供する座席は、一人につき大きさが幅380ミリ以上、奥行400ミリ以上であること」という内容に対して、特に奥行方向で満たしていないために4人乗車登録ができない。

エンジン重量増による前後重量配分の劣化と、フロントサスペンションがトーションバー型式のため、旋回性に劣るとされるが、クルージングは余裕のあるトルクと馬力のために快適である。

ミッションは4速MTに加え、3速トルクコンバーター式ATもラインアップされていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]