MC6802

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モトローラ6802


MC6802は、モトローラが開発したマイクロプロセッサ



概要[編集]

小規模システムに対するMC6800の応用製品として、外部アドレスバス16ビット、外部データバス8ビット、クロックジェネレータ及び、128バイトのRAMを内蔵したN-MOSプロセスの6800レジスタ互換のプロセッサである。パッケージは40ピンDIP。

この内蔵RAM領域は、$0000番地から$0080番地までを占めており、極小規模のシステムの場合、プログラム用のROMのみ外付けで、外部にRAMを接続せず動作させる事が出来た。また、先頭の32バイトはバックアップが可能であった。

互換製品[編集]

AMI日立製作所等が互換製品を製造していた。富士通からも、セカンドソースとして、MC6800に対するMB8860と同様、MB8870MB8871の2品種が発売されていた。これらは、MC6800に対するMB8861と同様、論理演算命令の一部の命令の拡張も行われており、厳密な意味での互換製品とは言えない。