MAS 49半自動小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MAS-49半自動小銃
MAS 49 crop.jpg
MAS-49半自動小銃
種類 軍用小銃
製造国 フランスの旗 フランス
設計・製造 サン=テティエンヌ造兵廠
仕様
種別 セミオートマチックライフル
口径 7.5mm
銃身長 580mm(MAS-49)
525mm(MAS-49/56)
使用弾薬 7.5mm×54
装弾数 10発
作動方式 ガス圧作動・リュングマン式
ティルトボルト式(落し込み閉鎖式)
全長 1100mm(MAS-49)
1020mm(MAS-49/56)
重量 4700g(MAS-49)
4100g(MAS-49/56)
歴史
テンプレートを表示

MAS-49小銃は、MAS-36ボルトアクション式小銃の後継小銃として第二次世界大戦後にMAS(Manufacture d'Armes St. Etienneサン=テティエンヌ造兵廠)にて設計されたフランス製の歩兵セミオートマチック小銃である。前任のMAS-36ボルトアクション式小銃と同様に7.5mm×54弾薬を使用する。

開発経緯[編集]

フランス軍は小火器開発の遅れを取り戻すべく、当時の近代装備であった自動小銃の開発を求め第二次世界大戦前から動作機構の研究を進めていた(MAS-38/39、MAS-40、MAS-44)。MAS-49小銃は、少数ながらフランス軍にも導入されたMAS-44を基に開発が進められ、1949年に制式採用された。1951年に量産が開始され、MAT 49AA-52汎用機関銃などと共に第一次インドシナ戦争アルジェリア独立戦争スエズ動乱などで使用された。

後に登場した改良型のMAS-49/56は、インドシナ戦争やスエズ危機、アルジェリア独立戦争における機械化歩兵空挺部隊の戦訓に基づいて、銃身短縮・ハンドガード前部の除去による軽量化と短小化を行い、着剣装置を追加した他、ライフルグレネード装着用のフラッシュハイダーと照準器を標準装備としている。

概要[編集]

この銃の作動機構は、スウェーデンのC.J.リュングマンAB社製のAg m/42やアメリカのM16と同様に、ガスポートから送り込まれてきた発射ガスを直接ボルトキャリアーに吹き付けて作動させるリュングマン式を採用。 リュングマン式のガス圧作動方式は、ロシニョールによってフランス軍のために設計された6mm弾薬を使用する半自動式の試作小銃(ENT B-5)において1901年に世界で初めて適用され、その後も1924年以降幾つかの試作小銃が開発されたが、採用されることはなかった。フランス軍においては7.5mm×54弾薬を使用するMAS-38/39、MAS-40、MAS-44を経て、ようやくMAS-49小銃で制式採用された。

MAS-49小銃の作動機構では、ガスは銃身の上でポートから排出され、ボルト・キャリアー前方上部に位置する、一方が開いた円筒状のくぼみに直接吹き付けられた。この作動機構は、ボルト・キャリアー下部の離れた場所に位置するボルト本体にガスの汚れを堆積させないという長所があった。

ボルト閉鎖機構は、M16AK-47などのような回転ロック方式ではなく、上記のAg m/42SKSカービンFN FAL等と同じティルトボルト式(ボルトが上下に浮き沈みしてロッキングする方式)である。

銃身はフリーフローティング式で装着されている。

MAS-49や改良型のMAS-49/56は共に、ダブルカラムの10連発箱型マガジンを引き金のすぐ前方に装備する。このマガジンはレバーでの脱着が可能だったが、クリップ装填用のガイドが残されており、5発入りのクリップを使って装填することも可能だった。最終弾発射後はマガジンフォロアーが干渉してボルトストップがかかる設計になっている。

MAS-49およびMAS-49/56は、レシーバーの左側にレールを備えており、「Modele 1953」APX 806L(SOM)望遠照準器をレールにスライドさせ小さな圧力レバーで固定することにより即座に装着する事が出来る。MAS-49およびMAS49/56は、調整式照門により最大400メートルまで、APX 806L望遠照準器により最大800メートルまでの範囲で、人間大のターゲットにコンスタントに命中させることが可能である。

MAS-49は歩兵用ライフルとしては長命で、1979年5.56mm NATO弾を使用するブルパップ方式FA-MASに更新されるまでの約28年間、フランス陸軍フランス外人部隊で使用され続けた。この銃は殆ど整備をしなくても確実な作動が可能なほど信頼性が高く、実際に外人部隊が戦闘を行ったインドシナやアルジェリア、常設的に部隊が展開しているジブチ第13外人准旅団)やフランス領ギアナ第3外人歩兵連隊)において作動不良の苦情が殆ど無かったことからも窺い知れる。

フランス軍制式小銃の座を後継のFA-MASに譲り渡し1978年に生産終了された後も1990年代までフランス軍に用いられ続けた。また、250丁ほどのMAS-49/56が7.62mm NATO弾仕様へ改造され、フランス警察へ納入された。

MAS-49/56 with APX(SOM) sight and night sight/flash suppressor attachment, grenade launching sight and gas cutoff both raised

関連項目[編集]